ラヴィーヴ (21)

そこの女性シェフが「ラ・ヴィーヴ」で働いていたということをお聞きして、久しぶりに「ラ・ヴィーヴ」に行ってみることにしました。

前回は3年前にお邪魔していますね。人気のお店なので、週末に行くときは数日前に予約して伺います。
ラヴィーヴ (5)

4月下旬のいいお天気の日だったので、テーブル席ではなく、窓際に設置されているカウンター席に座ります。
ラヴィーヴ (7)

新緑がきれいです。

ランチコースは何種類か設定されていますが、今回、午後一にアポがあったので、早目に食べ終えることが出来るベーシックなコースにしました。

パスタランチとピッツァランチは1,100円(税抜)です。こちら、平日なら1,000円(税抜)と更にお得になっています。

値段を見て、あれ?こんなに安い設定のランチコースあったっけ?と思い、帰って調べてみると、5年前に同じメニューを食べていて1,365円でした。

ただ、デザートが今回は別料金になっています。

セットにはサラダ・本日のスープ・自家製ベーカリー・コーヒーまたは紅茶が付いてきます、
 
この日のパスタは、「カツオとオリーブのトマトソーススパゲッティ プッタネスカ」「鶏むね肉の和風ソーススパゲッティ」、そしてお店の定番で一番人気の「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」という3種類から選びますが、「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」のみ+216円(税込)の追加料金が必要でした。

ピッツァのほうは、「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」と「竹の子と照り焼きチキンの味噌マヨネーズ」の2種類となっていて「竹の子と照り焼きチキンの味噌マヨネーズ」のみ+216円(税込)の追加料金が必要でした。

我々はパスタでは「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」を頼み、ピッツァでは「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」を頼み、2人でシェアして食べることに。
ラヴィーヴ (9)

まず運ばれてきたのは、自家製ベーカリーのフォカッチャ。
ラヴィーヴ (10)

本日のスープ「新玉ねぎのポタージュ」は、新玉ねぎの甘みが出てて美味しかったです。
ラヴィーヴ (11)

お次に出されたサラダです。

そしてメインのパスタ。
ラヴィーヴ (13)

「渡り蟹のトマトクリームスパゲッティ」は昔から設定があるお店の定番パスタの一つで一番人気です。

香箱ガニの漁の期間中は、渡り蟹が香箱ガニになります。

何れにせよ、カニの旨みがトマトソースに染み込んで、汐の香りとうま味がしっかりと入ったパスタになっています。

まぁ、入れられている渡り蟹の足や付け根のところは、それほど身を食べるようにはなっていなくて飾りだと思ってください(笑い) 。もちろん、噛んでうまく身を穿れば大丈夫です。

甲羅に入っていたカニ味噌や足の身は、ソースの中にたっぷり入っていますので、パスタに絡ませて食べれば、口の中はカニモード満開になります。
ラヴィーヴ (15)

ピッツァの「新玉ねぎとツナ・コーンのトマトソース」がこちらです。

石窯焼きのモチッとしたピッツァで、新玉ねぎの甘みがトマトソースに合います。

あと、セットに+324円で、こちらの自家製デザート盛り合わせ追加しています。
 
ラヴィーヴ (16)
パイナップルのケーキとガトーショコラ、フルーツです。
ラヴィーヴ (18)

飲み物は私は紅茶。
ラヴィーヴ (19)

妻はコーヒーを頼みました。
 
ラヴィーヴ (20)
帰りにお勘定を済ませたあと、小中チーフが挨拶に出てきてくれました。お元気そうですね。

「ラ・ヴィーヴ」はランチから本格ディナーまでお手頃な値段で楽しむことが出来るし、そしていつも美味しく豊かな気持ちにさせてくれる素敵なお店です。ご馳走様でした。

ラ・ヴィーヴ(La Vieve)
加賀市片山津温泉丁12-1
 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8566
11:30~14:30(L.O.)
17:30~22:00(L.O.)
火曜休(カレンダーによって変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング