あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

江戸前の握りと言っても、赤酢まで使用した握り寿司を食べさせてくれるところは、石川では意外に少ない。

赤酢も確かに好みの分かれるところかもしれないが、江戸前を謳うならば、赤酢の握りでなければ!という人も多いだろう?
こいずみ

今日紹介する「鮨処 こいづみ」は、片町に昨年7月にオープンした。ご主人の小泉さんは、東京九段下の老舗寿司店「寿司政」や銀座の名店などで働いておられたようだ。

私も「寿司政」の近くをいつも通るので、今度行ってみたいと思う。
こいずみ (3)

さて、石川県では新鮮な魚介が手に入るが、やはり、小泉さんとしては江戸前に徹底してこだわりたいということで、いわゆる江戸前風の細工寿司とは一線を画する本物の江戸前鮨で勝負したいと思っているようだ。

金沢に店を構えることにしたが、石川には縁もゆかりもないそうで、お店の内装を決めるときも、「施工業者に、地元の素材を使ってくれとだけお願いした結果がこのようになったので、私はわかりません!」と話されていた。確かに、内装は若干一体感がないかもしれない。^^;
こいずみ (13)

ご主人の右後ろに見えるのは黒漆塗に蒔絵が施された板。輪島塗だと相当お高いはずだが、山中塗かな?
こいずみ (4)

あと、壁の至るところに、県産の軟石(戸室石?日華石?など)や、田鶴浜の建具に使われる組子細工などがはめ込まれている。お金がかかっているつくりだ。

お店はカウンター7席と、別にテーブル席、個室もある。

大将お一人で鮨を握っているので、基本お任せになっている。しかしご安心を!非常に良心的な設定価格になっているのがうれしい。
こいずみ (6)
こいずみ (5)

まずは私はビールで、妻は最初から日本酒を頼んだ。
こいずみ (22)

銘柄は、宗玄純酔無垢と天狗舞五凛でともに一合1,000円。あと1種類何か飲んだと思うが忘れてしまった。
こいずみ (8)

そしてまず出されたのはお刺身。この日はキジハタとスズキ。お皿に乗せられているのは岩塩の板である。そこにスダチを絞って、キジハタとスズキの身を岩塩の上で滑らせながら食べるという、一風変わった出し方をしてくれる。

粉砕した岩塩で刺身を食べることよくあるが、こんな食べ方は初めてだ。
こいずみ (9)

こちらは「鯛の酒盗にマスカルポーネチーズ添え」。酒盗に鯛を使うのも珍しいし、発酵食品同士の相性もいい。
こいずみ (10)

お次は、イワシを山わさびで食べさせてくれる。「山わさび」洋名ではホースラディッシュ。別名では「畑わさび」「ワサビダイコン」「レフォール」「西洋わさび」などと呼び方は様々であるが、鼻にツンとくる心地よい辛味が新鮮なイワシの旨みを引き立ててくれる。
こいずみ (11)

ゲソも同じく山わさびで食べる。

これでおつまみは終わり。

これから握りに移る。江戸前なので何らかの仕事が施されているので、醤油をつけずに食べる握り。私の好きな寿司である。
こいずみ (15)

まず出されたのは、イクラとウニ。北海道から取り寄せている塩水ウニがいい。
こいずみ (16)

サワラは、石川でいうカジキマグロではなく、鰆のほう。
こいずみ (17)

こちらは、八時間酢につけて締めたキスだそうだ。

お聞きすると、本当は一番食べてもらいたい店自慢の江戸前握りの「コハダ」がこの日は手に入らなかったようで、代わりいったらなんだが光物として出された。赤酢のシャリとの相性が抜群にいい!それに赤酢を使ってシャリの甘さを抑えているので、特にそう感じる。

寿司政といえば、コハダとシンコといわれるお店なので、 食べたかったな~!
こいずみ (18)

舞鶴で水揚げされたマグロの早漬け。

オニエビ(イバラモエビ)は写真を撮り忘れた。甘くて旨味があり食感もねっとりして美味しかった。
こいずみ (19)

こちらの中トロも大トロに近い。
こいずみ (20)

玉子も熟練のおいしさで、海老の風味がほんのり。大和芋?で食感もよく美味しい。
こいずみ (21)

これも江戸前握りの代表格「煮ハマグリ」。ご主人の仕事の確かさがわかる逸品で、煮る技も必要だし、ツメの味も素晴らしい。
こいずみ (23)

口直しに水ナスが出される。
こいずみ (24)

そして煮アナゴ。口の中ですぐに崩れて溶けるほど。
こいずみ (25)

最後は、かんぴょう巻。かんぴょうの甘辛い煮塩梅もいい。
こいずみ (26)

お吸い物は、しじみの煮汁のみのものが出される。サッとひと煮立ちしただけだが、上品な旨みが胃にしみるおいしさだ。

お酒も2人で3杯ずつ飲み、締めて一人12,000円強。なかなかコスパ的にも良かった。

何はともあれ、かたくなに江戸前本来のおいしさにこだわった寿司を、この石川の地で食べることが出来るのはうれしいではないか!?

そうそう!ガリもおいしく何度もお代わりをしてしまった。こちらも余分な甘さがないのがいいのだ。

見た目とは違って、なかなかお話好きのご主人。色々お話をお聞きしながら寿司をつまむのも格別だ。また行きたいお店の一つである。ご馳走様でした。

鮨処 こいづみ
石川県金沢市片町2-30-9
 大井ビル1F
TEL 050-5590-3349(予約専用)
076-254-5355(問合せ専用)
17:30~23:00(L.O.22:00)
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング       

いま、和食が世界遺産になったからかどうかはわからないが、全国的に寿司店が増えている気がする。

私の地元、石川県でも金沢市内を中心に新店ラッシュが続いているし、大阪でも何となく新しいお店がいくつかオープンしているような気がする。

ただ個人的には大阪ではあまり寿司を食べに行く機会は少ない。地元石川のほうがコスパ的にも美味しいお寿司が食べられるからである。
ときすし東心斎橋店 (19)

しかしながら、今回紹介する「ときすし 東心斎橋店」は、とてもリーズナブルに寿司が食べられるお店だと聞いて、仲間と一緒に食べに出かけた。

場所は、長堀橋の南郵便局の近く。真新しいお店ですぐわかる。
ときすし東心斎橋店 (6)

カウンターとテーブル2つの小さなお店で、ご夫婦なのかな?お二人で切り盛りしているようだ。
ときすし東心斎橋店

この日は仲間と3人で初訪問。まずは生ビールとお通し。お通しは2種類出される。

そして、しばし、色々お酒を飲みながら、おつまみ系の品をオーダー。おつまみもお手頃値段なのがうれしい。
ときすし東心斎橋店 (8)

こちらは「なめろう(380円)」。
ときすし東心斎橋店 (9)

「ハモおとし(880円)」は梅肉ソースで、さっぱりと。ハモのおいしい季節になった。
ときすし東心斎橋店 (13)

「鯛のかぶと焼き(580円)」は脂が乗っていて美味しい。
ときすし東心斎橋店 (14)

これもこれから季節の「泉州水ナス(480円)」。
ときすし東心斎橋店 (15)

これは「上串天盛合せ(1,200円)」で、野菜5種、魚4種の天ぷら。串に刺してあって食べやすい。こちらにもハモが使われていた。
ときすし東心斎橋店 (16)

最後に「玉子あて(500円)」を頼んで、このあたりで寿司に移行。

事前の調査で、こちらのお店は「すし焼」という炙り握りがウリの一つだとわかっていたので、それを注文。8貫で1,000円というお得なセットになっている。
ときすし東心斎橋店 (17)

〆サバ、タコ、ホタテ、海老、紋甲イカ、トロ、サーモン、ハマチの8貫である。
ときすし東心斎橋店 (18)

あと「マグロ三昧(880円)」もオーダーした。大トロ、中トロ、赤身、ほほ肉炙り、酒盗の軍艦の5貫。こちらも値段も安くで美味しかった。
ときすし東心斎橋店 (12)

お酒のほうは、こちらの高知県の久礼という吟醸無濾過のお酒ほか、何種か飲んだ。

これで3人で1万円弱だったかな?コスパは最高だったし、味の方もなかなかのものだった。満足できるお店だ。ご馳走様でした。

ときすし 東心斎橋店
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-6-1
 ランドビル1F
TEL 050-5590-5809(予約専用)
06-4708-4707(問合せ専用)
11:00~15:00(LO14:30)
17:30~23:00(LO22:30)
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

6月初旬にミシュランガイドの富山・石川版が発刊された。石川県では、2つ星が9店、一つ星が21店選ばれている。

残念ながら石川県では3つ星は該当なしだった。うわさでは、「つる幸」と「めくみ」が獲得するのではないか?とささやかれてはいたのだが……?

私は、あまりミシュランや、お店の格付けそのものに興味がある方ではなく、今回もミシュランガイド富山・石川(金沢)版を、いまだ買うどころか、手に取って見たこともない。^^;

所詮、書く人の主観であるべき内容を、組織的に格付けするということ自体が、どこか腑に落ちないからだ。

私のブログも、あくまでも主観で勝手気ままに書いているものなので、参考にしていただければ幸いだし、参考にならないと思う人もいるのでそれはそれ、と思っている。

と、かっこよく書きだしたが、このあたりで本題。今日紹介するのは、そんなミシュランガイド富山・石川(金沢)版でめでたく星ひとつ獲得したお店「レストラン エンヌ」である。
エンヌ (2)

前は、同じ場所、同じスタッフで「アニバーサリーレストランベージュ」というお店だったのだが、シェフの西山昭二氏が独立されて、ほぼそのままの形で店名を「Restaurant N(レストラン エンヌ)」と変え、昨年11月にオープンしたのだ。
エンヌ (4)

お店は去年の11月オープンということで、本当であれば、今回のミシュランガイド富山・石川(金沢)版には対象外となるはずだが、同じ内装、同じスタッフで、そのまま引き継いだからか無事掲載されている。

私は「アニバーサリーレストランベージュ」のときにもお邪魔したことがあり、そのときのことははこちらに書いている

さて、6月のとある土曜日のランチにお邪魔したが、こちらのお店は昼夜ともコース料理は前日までの完全予約制となっている。(夜は20:30以降はアラカルトもokなようだ)

ランチは週末の金・土・日のみ。3,500円と6,500円の2種類が設定されている。2年前のベージュのときは1,600円のメニューAと、2,300円のメニューBの設定だったので、値段は上がったようだ。
エンヌ (7)

今回我々は3,500円のコースでお願いした。そして、お昼だが白ワインを一杯ずつ頼んでしまった。^^;
エンヌ (9)

まず最初に出されたのは、金沢港のアオリイカにカリフラワームースがかけられたもの。私は肉が苦手だということを伝えてあったので変えてくれた。
エンヌ (8)

本来であれば、こちらの妻が食べた「豚肉のパテとオリーブ」が出される予定だった。
エンヌ (12)

そして次に出されたのが「メジマグロと夏野菜のガスパチョ仕立て」。メジマグロはこちらも地元金沢港で水揚げされてもの。これからの夏用のメニュー向きに少し酸味のきいたソースが美味しい。
エンヌ (16)

メインは私のほうは「カサゴの甲殻類泡ソースとかぼちゃのピューレ、加賀野菜のグリル添え」。ほんのり甘みと甲殻類の旨味がマッチしていて、こちらも美味しい。

ヤングコーンはひげまで美味しく食べられる。あと、食材も地物にこだわっていた。
エンヌ (17)

妻のほうは「三河ポーク焼き、肉汁のバスソース2種類、加賀野菜のグリル添え」。ジューシーに焼きあげられたポークは柔らかくて、肉汁ソースも旨みたっぷりだったようだ。
エンヌ (15)
エンヌ (13)
 
バゲットも美味しかったが、ベージュのときは「Boulangerie YAMANEKO(やまねこ)」のものを使っていたが、いまもそうなのかな?
エンヌ (20)

デセールは「ショコラのテリーヌと自家製アイス、マスカルポーネ」。ショコラは高級なのを使っている感じがする逸品で甘さとビターな感じがほどよい。
エンヌ (23)

飲み物はコーヒーか紅茶がチョイス出来る。
エンヌ (22)

紅茶のほうは2年前はポットに入れられて出されたが、今回はカップで。

以上でコースは終わりである。

最後、お勘定を済ませて店を出るとき、シェフを含め全員で見送りに出てくれた。サーブも丁寧だったし、気配りもきいていた。

そうそう!スタッフの方にミシュラン星取得後の影響をお聞きしたが、少しはあったということだった。ちなみに、我々の後ろに座っていた客も、会話からミシュランを見て来たようだった。

金沢の場合、鮨店や和食系のお店は、ミシュランガイドを見てわざわざ県外から来る客も相当増えていると思うが、フレンチの場合はあえて東京や大阪から、ここを目的に訪れる人は少ないだろう?ミシュランガイドで星を獲得しても増えるのは地元のお客さん中心なのかもしれない。

「アニバーサリーレストランベージュ」ときからはランチの値段が上がったのが残念だが、さすがミシュランで星を獲得しただけあって、全体的なバランスがいいお店だと感じた。ご馳走様でした。

Restaurant N(レストラン エンヌ)
石川県金沢市本町2-1-2
TEL 050-5590-2287(予約専用)
076-213-8118(問合せ専用)
コース料理は前日までの完全予約制
ランチ12:00~L.O.13:30(金・土・日のみ)
ディナー18:00~L.O.22:30(コース L.O.20:00)
水曜休、月一回不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング       

このページのトップヘ