あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

小松駅の構内に「TACHIBANA(タチバナ)」というフレッシュジュースのお店が今年の春までありました。

クルール

こちらが5月に閉店になり、青果店「たちばな」のとなりに7月21日移転オープンしたのがパティスリーカフェ Couleur(クルール)です。

「TACHIBANA(タチバナ)」のときは狭いお店で、テイクアウトがメインだったのですが、新しいお店はお店の2階にカフェスペースがあって、ゆったりと美味しい洋菓子やドリンク類を楽しむことが出来るようになりました。
クルール (10)

1階には、青果店の特徴を生かしたフルーツたっぷりのケーキやタルトなどが売られていて、テイクアウトでも、2階のカフェスペースでも食べることが可能です。

行ったのはとある日曜日の15時ごろ。時間的にもいい時間だったためか、駐車場も2階のカフェスペースもほぼ満席でした。

カウンター席は空いていたのですが、ちょうど空いたテーブル席が片付くのを待って、そちらの席に座ります。
クルール (2)

メニューには、当然のことながらフルーツを使ったものが並んでいます。
クルール (3)

飲み物も、そのスイーツに合いそうなものがあります。

我々は、まず「季節のヴェリーヌ」に張られていた付箋に「なしと黄桃」と書かれていたのをみて、それを頼みましたが、どうも、そのときは五郎島金時に変わっていたようです。

五郎島金時はあまり気乗りがしなかったので、「メロンのヴェリーヌ(税込800円)」に変更しました。

ちなみにヴェリーヌとは、脚のないガラス製の小さな器のことを指し、内容的にはパフェのようなスイーツです。

「メロンのヴェリーヌ」は、高級フルーツのメロンをシャーベットにしたものに、ジェラートやナッツ、柑橘系ソース、カットメロンを重ねてヴェリーヌに盛り付けているものでした。
クルール (5)

写真でわかるでしょうか?色々な層が重なり合っているのがわかります。

こちらのお店では、ソース類などもフルーツに合うように自家製で作るほどのこだわりで、確かに、色々な味を多層的に味わえる美味しいヴェリーヌでしたね。

飲み物として、グレープフルーツ100%ジュース(税込500円)も頼みました。
クルール (7)

青果店らしく生絞りのジュースで、値段もいい値段していますが、やはり生絞りは違います。グレープフルーツ独特の甘み・酸味・苦みのバランスがいいジュースでした。

1階で料金を支払うとき、ショーケースに並んでいるスイーツ類が美味しそうでしたが、この後、買い物など色々しないといけないことがあって、この日は残念ながら諦めました。またの機会ということで。ご馳走様でした。

パティスリーカフェ Couleur(クルール)
石川県小松市白山町80-1
TEL 0761-21-8866
10:00~19:00
※カフェは18:00(L.O.17:30)
水曜、第3火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

福岡・博多には、ご当地名物グルメが多数あります。

ラーメン・明太子・水炊き・ゴマサバ……、数え上げればきりがないほどです。

そんな中、餃子もその一つにあげられるのではないでしょうか?

むかし私のブログでも書きましたが、餃子のサイズは西へ行くほど小さくなって、ここ福岡の場合は、本当に一口餃子という呼称がぴったりくるほど小さな餃子です。
旭軒

今日紹介する「旭軒 川端店」は、そんな小さめな餃子を食べさせてくれる専門店の一つで、餃子一筋で80年以上の老舗。福岡でも人気のお店の一つです。


この日は、仲間と中洲で飲んで、そのあと2次会で利用しました。

飲み食いしてきた後なので、そんなには食べ物は胃の中に入りません。しかしながら、こちらのお店の餃子は小さいので、それほど胃に負担がかかりません。それでいて酒のつまみには最高なので、飲み足りない時などには重宝します。
旭軒 (2)

川端店は本店に比べると狭い店舗で、夜の8時半ごろはカウンター席を除いてほぼ埋まっていました。

テレビではタイガースの野球の試合が流れていましたが、こちらのお店はホークスではなく、なぜかタイガースファンなようです。
旭軒 (3)

一軒目で少しは食べてきたので、こちらでは、おつまみ程度に頼んで生ビールを飲むことにしました。

メニューは焼餃子、水餃子、手羽先のみの潔さ。我々は焼餃子と水餃子を頼みました。
旭軒 (5)

こちらが焼餃子。これで3人前です。表面はカラッと焼き上げてあり、中はジューシーです。醤油ダレに赤柚子こしょうをつけて食べます。餃子に柚子こしょうは最高の組合せです。やはり美味しいですね。
旭軒 (4)

こちらは水餃子。2人前です。最初にお店の方が酢と醤油、それに川端店オリジナルのラー油をかけてくれます。小ぶりながらモチッとした食感がよく、それにシューシーでした。

両方とも、何個でも食べられそうです。そしてビールも何杯でもイケそうです。

夜遅くまで営業しているので、2次会などで来るお客さんも多いと思います。餃子一筋で味を追求する姿勢が、いつも通りの人気が長年ファンをつかんでいる所以ですね。ご馳走様でした。

旭軒 川端店
福岡県福岡市博多区上川端町3-3-1
 第5秋吉十美ビル
TEL 092-281-1182
月~土18:00~翌2:00 
日・祝18:00~23:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

澤屋

今日紹介する「そば処 澤屋」は、いまは代が変わって息子さんがやられているようですが、元々は、「みちこのそばと甘味処」を営んでいるご両親(実際はお母さん)がやられていました。

場所は加賀温泉駅前のアビオシティ加賀の1階。キーテナントは、私が時々利用する小松のアルプラザと同じく平和堂ですが、観光客も多く利用する加賀温泉駅に隣接している関係で、お土産コーナーなども充実していて、小松のアルプラザとは雰囲気が違っていました。

その関係かもしれませんが、「そば処 澤屋」はそばが基本ですが、うどんや丼物もやっていて、単品の種類も多く、幅広い客層をカバーするようなメニュー構成となっています。
澤屋 (5)

土曜日のお昼過ぎにお店に入りましたが、席には空きがありました。ただ、私の後に何組も入ってきて広い店内もほぼ満席になっていましたので、人気のお店なのでしょう?

メニューには、おにぎりや丼とのセットや、色々なそばの種類を一度に楽しめるものなど設定がありましたが、この日、私は少し別なお店で食べてきたので、こちらでは「おろしそば(780円)」を食べることに決めていました。
澤屋 (2)

出されたのがこちら。ぶっかけですが、そばとつゆは別々です。つゆの量が多かったので半分ほどぶっかけます。
澤屋 (4)

大根はそれほど辛味はありませんでした。そのためにわさびが添えられているのでしょうか?確かに、おろしにわさびを少し付けて食べると、辛味大根のおろしそばのような感じで食べることが出来ます。

ちなみに大根などの一部野菜は自家農園で栽培しているものを使っているようです。

そばは自家製で無添加。のど越しのいいそばでしたよ。「みちこのそばと甘味処」と同じものを使っています。
澤屋 (6)

食べ終わるころ、そば湯をお願いしたら、そば徳利が持てないほどの熱さでした。^^;

便利な場所にあるので、多くの人が利用しやすいお店ですね。ご馳走様でした。

そば処 澤屋
石川県加賀市作見町ル25-1
 アビオシティー加賀1F
TEL 0761-72-8750
10:00~20:00(L.O.19:20)
第2火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  
 

このページのトップヘ