あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

愛知県と三重県の県境の伊勢湾は、昔からはまぐりの漁場として有名です。

木曽川、揖斐川、長良川の汽水域と伊勢湾の海水がぶつかる所に良質のプランクトンが生息し「はまぐり」が繁殖、生息するということが、美味しいはまぐりが獲れる理由なのですが、特に桑名のはまぐりはブランドとしても有名です。
はまぐり屋

はまぐり屋」については、3年ほど前に「はまぐり屋 錦店」のほうにお邪魔したことがありますが、その時においしいはまぐりを食べた印象が強く、一緒に行った人ももう一度行きたいという声を受けて、今回は錦三大津店に再訪することにしました。

大津通りに面した角の大きなビルの地下にお店はあります。こちらのお店は、桑名はまぐりの入札権利を持っている「はまぐり卸問屋マルタカ水産」の直営店です。

中はそれほど広くない感じでしたが、行った時はお客さんで一杯でした。我々は19時から予約を入れてありました。

こちらのお店は2時間という時間制限が付いていました。

まずはビールで乾杯です。私はメニューに書かれていた三重県熊野の地ビール「熊野古道ビール(580円金額すべて税別)」を頼んでみることにしました。
はまぐり屋 (5)

こちらの地ビールは初めて飲みましたが、古代米の黒米を使用したフルーティでのど越し爽やかなビールでしたよ。

そして、お通し代わりにこちらのお店の名物である、岩手の「わんこそば」のような形でストップをかけるまで、次ぎ次ぎとお代わりの「焼きはまぐり」が運ばれてきます。
はまぐり屋 (7)

一回目はそのまま、はまぐりの旨みを感じながら食べます。
はまぐり屋 (10)

2回目は薬味が付きます。あら塩、しょうが、わさびです。
はまぐり屋 (14)

この貝殻の山は2回目の時に写したものです。
はまぐり屋 (13)

そして3回目は、また違った薬味が出されます。昆布塩、おろし醤油、レモンです。
はまぐり屋 (8)

飽きさせない工夫ですね。一人9個食べました。
はまぐり屋 (9)

こちらは「はまぐりの刺身(980円)」。焼いた時の味とはまた違います。そのままでも白味噌ダレを付けても美味しく食べられました。
はまぐり屋 (11)

「はまぐりの酒蒸し(980円)」も前回同様頼みました。酒蒸しにすることによってより旨みが引き立ちます。
はまぐり屋 (27)
はまぐり屋 (16)
はまぐり屋 (18)
はまぐり屋 (29)

そして「元祖蛤しゃぶしゃぶ(一人前1,480円)」は2人前から。
はまぐり屋 (20)

前に行った時は1,980円だったので値下がりしていますね?もしかしたが季節の野菜込の値段だったからでしょうか?
はまぐり屋 (21)

その季節の鍋野菜は2人分で980円の追加料金です。

そして、こちらも追加料金がかかりますが、最後の締めのラーメンも2人前を頼み、3人でシェアして食べました。
はまぐり屋 (32)

はまぐりと野菜から出る旨みが昆布だしと合わさって、美味しい〆のラーメンが出来上がりました。普段〆のラーメンなどは頼まないのですが、はまぐりの滋味をたっぷり染み出た汁ならば別腹です。^^;

3人で以上を飲み食いして締めて19,000円ほど。はまぐりは一人20個数個食べた計算になります。そして一人6,000円強ということは納得の金額ですね。満足です。ご馳走様でした。

はまぐり屋 錦三大津店
愛知県名古屋市中区錦3-6-29
 サウスハウスB1
TEL 052-953-3123
月~土17:00~24:00(L.O.23:30)
日・祝・年末年始休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

昔は、一人で喫茶店に入ることはあまりなかったのですが、最近、時々行くようになりました。

私自身これまでは、コーヒー自体それほど飲むほうではなく、スイーツ系もあまり食べなかったのですが、最近はそうでもなくなってきました。

甘いものは、いまでも苦手なのですが、最近のスイーツもそれほど甘くないのが増えてきたのと、年を重ねてきて甘いものもそれほど苦手じゃなくなってきたのかもしれません。

さて、今日紹介します「珈琲茶房 なごみ」へは、先日紹介しました手打ちうどんの「どん平」に行った後に、食後のデザートとお茶しに入りました。
珈琲茶房 なごみ (4)

場所は白山市、旧松任の街中、白山市若宮公園近くにあります。オープンして2年ほど経った、比較的新しいお店です。

入口の黒板に「コーヒーと自家製スイーツのお店」と書かれています。
珈琲茶房 なごみ (12)

店内に入ると、外に面した大きな3つの窓から外の光が注ぎ込んできて明るいお店で、挽きたてのコーヒーの香りが漂っていました。
珈琲茶房 なごみ

内装や家具類もこだわりがあるようで、白い壁に木のぬくもりを感じさせてくれる天井の梁と床のフローリング。そして家具類もアンティーク調の落ち着いたものばかりでした。

2年前にオープンしたということですが、ご夫妻?の年齢からすると、脱サラでしょうか?いい雰囲気を醸し出しているお店だと思います。

私は一人だったので、普通のカウンター席ではなく、大きな窓に面して設置されているカウンター席に座ります。

テーブル席や、奥のほうにはゆったりとくつろげそうなソファ席もありました。
珈琲茶房 なごみ (14)

メニューは、HPに掲載されているので、そちらを見ていただきたいのですが、スイーツ類は少し内容が変わっているようで、こちらに写真を掲載しておきます。
珈琲茶房 なごみ (13)

また、ストレートコーヒーは、日(週)によって変わるようです。ハンドドリップで一杯一杯丁寧に入れてくれます。ただ、行った日は7月末の蒸し暑い日で、さすがにホットコーヒーは飲む気がしなくて、私はアイスコーヒーにしました。
珈琲茶房 なごみ (17)

アイスコーヒーも作り置きではなく、ちゃんと豆を挽いてからドリップして入れてくれます。

一緒に頼んだスイーツはお店定番のチーズケーキです。こちらは人気のようです。
珈琲茶房 なごみ (15)

ベイクドチーズケーキで、まわりにブルーベリー・ラズベリー・ブラックベリーなどが散りばめられていて、ベリーソースがかけられていました。なかなか「お値段以上」の内容でした。

ちなみに、ドリンクとスイーツや食事メニューと一緒にオーダーすると100円引きになります。これでトータル800円でした。

昔は、こんなホッとするような喫茶店が街中にもいっぱいあったのですが、最近はなかなかないですね。暑い日にも寒い日にもホッとできるいいお店でした。ご馳走様でした。

珈琲茶房 なごみ
石川県白山市布市1-61
TEL 076-225-3210
月・水~金10:00~18:00(L.O.)
土・日・祝11:00~18:00(L.O.)
火・第2・4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

日本は細長いので、東と西では味覚の違いが大きいのです。

大体、滋賀県と静岡が、食文化の面で、東と西を分ける場所だと言われています。

有名なのは、日清食品のどん兵衛の汁の味で、関ケ原あたりで東と西の味が違うとのことです。

静岡県では、うなぎの裁きと焼き方が、浜松市で東西どちらも混在しているらしいですね。

さて、そばとうどんという区分けですが、大雑把な区分けでいえば、静岡県までの東がそばで、愛知県以西がうどんのようです(もちろん、東西どちらにも例外があります。例えば島根の蕎麦、埼玉のうどんのような)。

今回は、そんな静岡県の蕎麦屋さんの紹介です。場所は静岡インターチェンジの近くです。
蕎麦屋 神楽 (2)

小松から静岡に車で移動。お昼前だったのでそのままランチを食べにお店に入りました。

11:40頃だったのですが、すでにお店の前の駐車場も満車に近い状態でした。
蕎麦屋 神楽 (7)

店内はテーブル席が一杯で、カウンター席と小上がりの席が1テーブル空いていました。そこで我々は、中庭の見える奥のほうの小上がりの席に案内されました。
蕎麦屋 神楽 (6)

冷たい蕎麦のメニューはこんな感じです。ランチ用のセットメニューはありません。

4年前に来たときよりは少し値上がりしているみたいです。
蕎麦屋 神楽 (8)

その代わり?と言ったらなんなのですが、前は付いていなかったと記憶している、こちらの生わさびが付いてきました。
蕎麦屋 神楽 (4)

このようなお店にしては珍しく、人気メニュートップ10なんてリストもあって、私はその中から第4位の「神楽 天おろし(税別1,160円)」を頼みました。
蕎麦屋 神楽 (14)

石挽き自家製粉の透明感があって艶っぽい蕎麦。のど越しも抜群です。私のはぶっかけなので蕎麦そのものの風味を味わうことはそれほど出来ませんでしたが、すりおろしたばかりの生わさびを少し乗せて蕎麦を食べると、鼻に生わさびの風味が抜けて美味しく食べることが出来ました。
蕎麦屋 神楽 (17)

そしてゴマもたっぷりかけられて、梅肉が海苔に乗せられています。

天ぷらは、エビ1尾、穴子、季節の野菜としてニンジンとサツマイモでした。天ぷらは揚げ立てサクサク。美味しかったのですが、両方とも秋以降の野菜ですよね?^^;
蕎麦屋 神楽 (12)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのもりそば(690円)と、
蕎麦屋 神楽 (13)

小天丼(480円)です。こちらん天丼には海老と季節の野菜の天ぷらが乗せられていました。
蕎麦屋 神楽 (15)

最後は蕎麦湯が出されます。私のはぶっかけだったのでそば猪口も持ってきてほしかったです。^^;

4年前は、何となく食べたのか、あまり印象に残ったわけではありませんでしたが、今回は違いました。美味しい蕎麦でした。ご馳走様でした。

蕎麦屋 神楽(かぐら)
静岡県静岡市駿河区中野新田262-2
TEL 054-288-5752
11:00~21:00
平日11:00~15:00,17:00~21:00
無休(不定休有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ