あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

ちょうど小松の祭礼「お旅まつり」が開かれていたときに行ってきたお店についての紹介です。

holyday

このお店は、桜の季節にたまたまお店の前を歩いていて知ったのですが、看板もないし、昼間に店の前を通ってもお店があることも気付かないのではないかと思うほど、ひっそりと隠れ家的なダイニングバーなのです。

この日も17:30頃お店の前を通ったら、店内にはまったくあかりが灯っていなくて、今日はお休みか?と思っていました。そして他のお店で一杯やっていたときに念のためで電話を入れたら、やっているということで駆けつけた次第です。
holyday (7)

場所は、元、焼き鳥の「秋吉」だったところを全面改装しています。ただし、トイレだけは秋吉のときの設備をそのまま利用していました。たぶん、お金の問題があったのでしょうね?

お聞きすると、お店のオープンは2年前。ホームページもないし広告宣伝もしていないということで、あまり世間には知られていないお店です。あえてなのか、その訳については聞きませんでした。

そういう意味からすると、私のブログで紹介するのもなんだか気が引けますね。^^;

オーナーは、以前は、バラッズ(現BGM)や和膳西洋料理「健」で働いていたようで、こちらのお店の料理は「健」で習得した味です、とお話されていました。

最近私も「健」には行っていないのですが、「健」で習得された味ならば間違いないと思いました。
holyday (8)

さて店内は、お店の出入口側にカウンター席があって、奥の方がテーブル席になっています。

店内は非常に暗くて、メニューも携帯電話のライトを付けないと見えませんでした。^^;

反面、静かで落ち着いた空間で、ゆったりと飲むには適していますね。
holyday (4)

この日、2軒目ということもあって、こちらのお店では赤ワインを頼みました。お通しもあわせて出されます。
holyday (11)

1軒目でも食べてきたので、あまりお腹が膨れないものを、ということで頼んだのは、こちらの「塩ダラとじゃがいものピューレ(680円)」です。

塩ダラといえばポルトガル料理「バカリャウ」を思い出します。塩ダラの旨みと塩気がぢょうどいい塩梅にしみています。バゲットに乗せて食べますが、これは白ワインのほうが合いましたね。
holyday (13)

こちらは「ツブ貝のガーリックバター焼き(880円)」です。ツブ貝とガーリックバターの相性も良かったです。
holyday (12)

あと、飲み物は、私はジントニックを楽しみました。ジントニックも久しぶりに飲みました。
holyday (16)

妻はワインのお代わりと、こちらのチンザノ・ロッソを頼んでいました。

締めて、2人で5,800円ほど。ちょうど思っていたほどの金額でした。

一人で、もしくはカップルや仲間たちと語り合うにはいいお店だと思いました。

HOLYDAY(ホリデイ)
石川県小松市東町20-3
TEL 0761-48-4309
18:00~24:00
(休前日は延長営業あり)
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

JR松任駅の近辺には色々いいお店がありますね。

味工房 扇屋
 

今日紹介します「味工房 扇屋(Oogiya)」も、地元の人を中心にファンが多いお店だそうです。

前々から行こうと思っていましたが、GW中のお昼にやっと伺うことが出来ました。

お店は自宅との兼用の建屋で、見た目は定食屋さんのような趣ですが、料理のクオリティは普通の定食屋さんとは違いました。

さて、GWの最後の土曜休み。お店の前の駐車場は11:45ごろだったにもかかわらず、何台もの車が駐車していました。

これは混んでいるかな?と思って中に入ると、入ってすぐのテーブル席の方には誰もお客さんがいませんでしたが、奥の方の半個室に団体のお客が入っていたようです。

メニューを見渡します。う~ん、意外と肉料理が多いですね。

おまかせ定食が一番安かったのですが、これは平日限定。土日もokな日替わりのランチ「つる(1,080円)」は、この日は豚肉がメインだったのでパス。

その上の「扇(1,620円~)」というのがあって、メインが6種類から選べましたが、うち2種類は追加料金が必要で、残り4種から私が選んだのが、海老フライです。海老フライをチョイスするのは個人的には珍しいと思います。

こち他のお店では、ミルフィーユカツというのが有名でおすすめだったのですが、豚肉なのでパス。名前からはどんなカツかは想像がつきますね。
味工房 扇屋 (6)

私の頼んだ「扇」には、最初に先付が付きます。

少量ずつの品ですが、ビールが欲しくなります。^^;

味工房 扇屋 (7)
  
そして、このセットが「扇」のメイン料理を含めた内容です。小鉢が2皿と香の物が付いてきます。
味工房 扇屋 (8)

メインの海老フライは2尾。揚げ立てでサクッとしていて美味しいです。

このあたりの揚げ方は、元々懐石料理店をやっていたご主人の腕がいい証拠だと言えます。

山菜の煮物もしっかりと均等に上品に味が沁みていて美味しかったです。

味工房 扇屋 (11)
 
コーヒーなど飲み物も一緒に出されたミニデザートはわらびもちでした。

この手のお店でランチ1,620円は少しお高いかもしれませんが、しっかりとした料理の腕と食材にこだわりの一品一品。納得のコスパだったと思います。

行った時は、お弁当もだいぶ作っていたようでした。地元のファンも多いようで、夜も人気なのでしょうね?ご馳走様でした。

味工房 扇屋(Oogiya)
石川県白山市成町79-6
TEL 076-275-0888
月・水~土
11:30~13:30(L.O.)
17:30~21:30(L.O.)
日・祝
17:30~21:30(L.O.)
火曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

個人的には最近はラーメン店に行くことが随分と少なくなった気がします。

また、ブログを書くにしても、ラーメンの場合、専門にブログなどで取り上げている方も多く、内容的にも、そのような方々には遠くおよびません。

さて、今日は、そんなラーメン店の紹介ですが、ここは石川県のラーメン店の中でも常に行列が出来るお店として有名です。
響 (3)

それは、元々あった野々市から、今年2月に国道8号線沿いに移転してきた「中華そば 響」というお店です。

煮干し系ラーメンも数年前に一時ブームになって、いったん終息したかに見えましたが、昨年、再度ブームが到来しました。

私も、背脂ギンギンのこってり系よりも、魚介系の味が前に出ている味の方が好みです。

今回紹介する「中華そば 響」も、そんな魚介系の煮干と、とんこつのダブルスープのお店です。

冒頭書きましたが、ラーメンには疎いので、こちらのお店がどの程度人気なのかを全く分かっていなくて、当日、帰省中の息子とランチにラーメンでもと思い、新しくできたお店だということだけで入ることにしたのです。

しかしながら、行ってみてびっくりでした。11時開店ですが、何と開店時間前から十数名の順番待ちの列が出来ているではないですか!?駐車場もほぼ満車の状況で、我々も慌てて車を止めて順番待ちの列に並びます。

開店時間と同時にお店がオープン。入口にある食券機でまずは食券を購入します。

一番左上に位置するメニューがお店の一押しです。

迷わず「濃厚煮干そば(730円)」にしましたが、ここで少し失敗をしました。
響 (5)

メニューの写真を見て決めたのですが、写真に写っていた煮玉子は別料金だったのです。^^; メニュー写真にはスタンダードなのを掲載してほしいですね。もちろん、後からでも追加も可能だとは思いますが……?
響

麺は極太に近いちょい縮れ麺で、加水率は高め。滑らかな食感で「麺」を食べているって感じさせてくれます。
響 (2) 

煮干スープは、鶏がらと豚骨をたっぷり使っているんでしょうね?とろみの強い感じで麺に絡んできます。魚介の煮干しとの相性もいい感じです。見た目よりはあっさりしています。

最初は天下一品のスープを少しマイルドにした感じにも思えました。

結論はとても完成度が高いラーメンでした。おいしかったです。ご馳走様でした。

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。

人気ブログランキング 

このページのトップヘ