あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

札幌発祥のスープカレーが全国的に広まって久しいいですが、こと石川県内にはそれほどブームが波及したわけではありませんでした。

基本、石川県民は見栄っ張りなところがあって新しいモノ好きなのですが、個人的には、意外と「食」に関しては少し保守的だったりするのでは?と思っています。

また、ご存じの通り石川には「金沢カレー」という強力なご当地カレーがあります。そのため、ドロッとしたカレーのほうが好まれるということも、スープカレーのブームにブレーキがかかった理由ではないでしょうか?

でも、考えたらカレーの本場のインドやタイなどのカレーは、まさにスープカレーですよね?

私は北海道に行った時は、必ずスープカレーを食べています。前回札幌に行った時には、ピカンティという人気店で食べていますが、やはり美味しいですね!。

さて、「モグ」の店長の方は北海道富良野のホテルで修業され、こちらのお店を2013年にオープンされています。

メニューの表紙には、「mogu」という店名の由来として「このスープカレーを作るのに協力していただいた4人の頭文字」と書かれていました。

カレーのスペシャリスト、北陸カレー物語のナマステさん情報によりますと、厨房にいる方は北海道の名店「一灯庵」の創業者の方なんだそうです。これは期待大です。

そしてオープン以来、美味しいスープカレーが人気になって、2年半後には石川県庁横に姉妹店の「スープカレー さくらChop!!」をオープンしているほどです。

「モグ」の場所は、金沢の海側環状線の白山インターの近く、金沢と白山市の境のあたりです。
モグ (18)

海側環状線の上下線の間にあるマクドナルド福増町店が近くにあり、白山市のほうから行くと、こちらの大きな看板が目印です。
モグ (2)

グリーンエイトというマンションビルの1階にお店はあります。中に入ると、カレー店としては広めの店内に、ゆったりとした配置でテーブルが置かれていて、カウンター席もだいぶありました。元はフランス料理のお店だったようです。
モグ (4)

メニューには、色々な種類のスープカレーが並んでいます。
モグ (7)

単品のスープカレーも色々あったのですが、ランチ時は「ランチセット(1,350円)」がお得です。そして期間限定の「富良野メロンランチ(1,550円)」というのがあって、こちらは北海道富良野のメロンがデザートに付いてくるというセット。我々は、この両方とも頼んでみることにしました。
モグ (12)

ちなみに「ランチセット」には、最初にこちらのサラダが付いてきますが、「富良野メロンランチ」には付いていません。

注文方法は、まずはスープのベースを選び、カレーの種類を選び、辛さを選び、ライスの量とドリンクを選ぶといった具合です、

スープのベースは「トマトスープ」「匠のエビのスープ」「マイルドココナッツスープ」の3種から選ぶことができました。(ただし、帰り際にカウンター上に置かれていた案内には、「匠のエビのスープ」の材料であるエビが獲れないので価格高騰。そのため8月中旬よりしばらく休止する旨の告知が出ていましたので、ご注意願います)

そして具材というかカレーの種類を決めます。「やわらかチキンのスープカレー」「季節の7種の野菜スープカレー」「こんがりチーズのスープカレー」の3種類からのチョイスです。

私は、「やわらかチキンのスープカレー」と「こんがりチーズのスープカレー」にはどちらもチキンが入っているので×。必然的に「季節の7種の野菜スープカレー」になってしまいました。

結果的に私は、「匠のエビのスープ」で「季節の7種の野菜スープカレー」という組み合わせ。妻のほうは「トマトスープ」で「やわらかチキンのスープカレー」です。

辛さは1から15番まであって、6番以降はプラス100円料金がかかります。

私は3番を。妻は4番を頼みました。3番は普通の辛さですね。食べてみた後で、私も妻も、もう少し辛いものでも大丈夫でした。

ライスは小(150g)から大盛りまでは追加料金はかかりません。
モグ (13)

右側は妻の小ライス。左側が私の普通サイズ(200g)です。

最後にドリンクを選びます。「MOGU特製ラッシー」が6種類、「北海道限定ドリンク」として「濃厚トマム牛乳」と「いろはすハスカップ味」の2種類、そして、コーヒーなどソフトドリンク9種類の中から選ぶことが出来ます。多くの選択肢があるのはうれしいですね。

なお、ドリンクには一部+100円の追加料金がかかるものもあって、私は、その追加料金が必要な「夕張メロン」のラッシーを頼んでみました。
モグ (11)

手前のが私が頼んだ「夕張メロン」のラッシー。右奥のがお店のおすすめと書かれていた「キウイ」のラッシーです。ラッシーはカレーが運ばれる前に持ってきました。カレーの辛さを和らげてくれる甘さでした。

さて、こちらが私の頼んだ「匠のエビのスープ」+「季節の7種の野菜スープカレー」の辛さ3番のカレー。
モグ (15)

トマト、ごぼう、ブロッコリー、ニンジン、舞茸、ナス、ピーマン、ジャガイモ、玉ねぎ、カボチャ、コーンなどが入っていましたが、どれがデフォルトなのでしょうか??ゆで卵はデフォルトでしょうね?

スープカレーらしく野菜は大ぶりなのが入っています。

ライスをスプーンですくってスープカレーに浸けて食べてくださいとお店の方に言われましたが、札幌では「お好きなように!」でした。^^;

まぁ、一応、その通りお行儀よく食べていきましたが、このスープカレー。マジで美味しかったです。エビのうま味がとても効いていて、スパイスとの相性抜群!

「匠の」という冠は伊達ではありませんでした。最後の一滴まで飲み干しました。

辛さは先ほども書きましたが、それほど辛くはありませんでしたが、ただ、カレーを食べ進めていくと、徐々に汗が出てきました。スープ状なので吸収が早く体の中から温まってくる感じです。

妻の「トマトスープ」+「やわらかチキンのスープカレー」の辛さ4番がこちら。私もスープを少し飲みましたが、それほど辛くなかったです。
モグ (14)

トマトの酸味もほどよく、辛さの中にも甘みがほんのり口の中に残る感じで美味しかったです。
モグ (17)

妻が頼んだ「富良野メロンランチ」のデザートの富良野メロンがこちらです。夕張に隣接している富良野産のメロン。甘くておいしかったですが、まぁ、夕張メロンと同じですね。(関係者の方にとっては「いや、違う!」ということでしょうが)

確かに金沢カレーの値段よりは高くつきますが、同じカレーでも比べることがおかしいと思えるほど、クオリティの高いスープカレーだったと思います。おっと!もちろん金沢カレーも美味しいですよ。

こりゃ、人気なお店になるのもわかります。とてもおすすめなお店です。機会があればまた利用したいお店でした。ご馳走様でした。

モグ
石川県金沢市福増町南1285-1
 グリーンエイト1F
TEL 080-3742-1285
ランチ11:00~15:00(L.O.14:45)
ディナー17:30~22:00(L.O.21:00)
土日祝日
11:00~22:00(L.O.21:00)
火曜休(祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私もよく利用する片山津の「かぼちゃ村」。

ここには、今日久しぶりの紹介になります「おばんざい今昔 いちごいちえ」をはじめ、欧風居酒屋料理の「ラ・ヴィーヴ」、村カフェの「アレ・コレ」などの飲食店のほか、ケーキや焼菓子の「ア・ポワン」や「moku moku」というソフトクリームを売っているお店などがあります。

どこも人気のお店で、お休みの日には予約が必要なほど賑わっているお店もあります。

これらのお店を率いているのは、(有)トラントの渡辺代表。しばらくお会いしていませんが、色々なところでご活躍されています。
いちごいちえ (20)

さて、今日紹介します「おばんざい今昔 いちごいちえ」には、これまでは休日にしか行ったことがありませんでした。ちなみに前回は4年半前に来ています。基本、居酒屋ですがランチ時も営業しています。
いちごいちえ (2)

この日、午後に通院のため、その前にランチを食べに行きました。お店に伺うのは4年半ぶり。平日に行くとなれば、平日限定の「よくばり御膳(1,000円+税)」を食べてみたいと前から思っていました。
いちごいちえ

夏の暑い日の12時半ごろにお店に入ります。店名への思いがご覧の通り掲げられています。
いちごいちえ (6)

お店は2階にあり、一人の私はカウンター席に通されました。店内は半分くらいの入りです。
いちごいちえ (10)

一応、メニューにひと通り目を通します。「よくばり御膳」以外のランチメニューは、こんな感じです。

海老と旬菜の天婦羅御膳(1,280円+税)
七種おかずの昼ご飯(1,380円+税)
海鮮丼 御膳(1,480円+税)
朝採れ地元鮮魚のお造り御膳(1,680円+税)
牛フィレグリル御膳(1,680円+税)
加賀 漁火(いさりび)御膳(2,180円+税)
和牛ステーキとお造里の一期一膳(2,280円+税)

少し高めかもしれませんが、内容は量・質とも満足できる感じでした。

私が頼んだ「よくばり御膳」は週替わりメニューになっていて、この週は、今週の主菜が「ベーコンとチーズのポテトコロッケ たっぷりオーロラソースで」。そして、「本日の小鉢二種」「茶碗蒸し」「炊き込みご飯または白ご飯※この日の炊き込みご飯は高菜漬けとツナの炊き込みごはん」「香物」「味噌汁」という内容です。
いちごいちえ (13)

それほど時間がかからずに出されたのがこちら。充実した内容です(入荷状況により内容が変更になる場合があるそうです)。
いちごいちえ (19)

主菜の「ベーコンとチーズのポテトコロッケ」には、別添えのオーロラソースをかけて食べます。サラダもたっぷり添えられているのがうれしいですね。

揚げ立てホクホクのゴロリじゃがいもは、いい食感で美味しかったです。

「茶碗蒸し」には海老や鶏肉、ギンナンなどの具材もしっかり入っていました。
いちごいちえ (16)

小鉢の和え物も美味しかったです。
いちごいちえ (15)

「高菜漬けとツナの炊き込みごはん」も、いい塩梅で高菜の味がしみて美味しかったです。ごはんはおかわり可能でしたが、この量だけでも十分というか多いくらい?私は少し残してしまいました。
いちごいちえ (17)

平日限定ですが、「よくばり御膳」はコスパも良く、内容や味にも満足できるランチでした。

さすがに長い間人気のお店です。ランチでも妥協がない感じがしました。ご馳走様でした。

おばんざい今昔 いちごいちえ
石川県加賀市片山津温泉丁12-1 かぼちゃ村ビル
TEL 0761-74-8564
11:30~14:30(L.O.)
18:00~24:00(L.O.23:00)
火曜休(カレンダー次第で変更有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

恒例の未公開編は7月分です。

今月は、高速道路にあるサービスエリアの売店で買い求めたものの紹介が中心です。

その前に小松の割烹「梶助」で食べたものです。

今回、親戚の法事で伺い、出されたものの中で珍しいものを、備忘録として写真で写しました。
のど黒は大きなものを一人半匹です。これだけの大きさだと、相当な卸値ですね!?

脂が乗って美味しかったです。
毛ガニも出ました。毛ガニといえば北海道というイメージが強いですが、もうシーズンは終わりましたが、石川県でも獲れます。
北海道産は初夏が旬ですが、こちらでは6月あたりまでが旬。北海道産より毛が短くて身が甘いのが特徴とのこと。こちらも美味しかったです。

さて次は、6月に東海エリアに行き、サービスエリアの売店で買い求めたものを紹介します。
まずは静岡県。浜名湖サービスエリアで買い求めた敷島屋の「浜名湖産うなぎボーンのしょうゆ味」です。
まぁ、昔は「うなぎの骨」なんてそのままのネーミングだったような記憶がありますが、いまは「うなぎボーン」?なんでも英語表記にすればいいようなものでもない気がしますが……?

こちらのは、浜名湖産だけのうなぎの骨を使用しているようで、カルシウムたっぷり、しょうゆ味で美味しかったです。

お次は「うなぎパイ V.S.O.P.」。

「うなぎパイ」といえば春華堂。夜のお菓子として有名です。
その「うなぎパイ」の最高級品がこちらの「うなぎパイ V.S.O.P.」です。
こちらのほうは「真夜中のお菓子」だそうです。^^;

高級ブランデーの芳潤な香りを身にまとい、マカダミアナッツの風味を包み込んでます。
5本入で909円(税込981円)でした。

お次は賤ヶ岳サービスエリアで買い求めた品々です。

これは滋賀県高島市今津町にある、明治20年創業の老舗こんにゃく専門店「茂兵衛」が出している「とうふこんにゃく」。
その名の通り豆腐の材料の大豆を使って作ったコンニャクです。
特製のタレが付いていました。食感はまさにコンニャク。ぷりんとした弾力で夏向きでしたね。タレは甘いのかと思ったら醤油味のほうがきいていました。この「とうふこんにゃく」は、ネギやショウガなど薬味を付けて食べたほうが美味しいです。

私はそのままタレをかけて食べたからか、味的には単調すぎました。考えたらコンニャクなので当たり前なのですが、豆腐なら豆腐。コンニャクならコンニャクで食べたほうがいいかもしれません。^^;

最後も、なぜか賤ヶ岳サービスエリアで売っていた、広島の「生塩レモン」。調味料ですね。
塩レモン

広島の「安芸灘とびしま海道」のレモンと藻塩を使用して作られています。大きなレモンのつぶが本当に入っています。
塩レモン (2)

非常にシンプルな調味料で、刺身、焼き鳥、牛タン焼きにはそのまま。チキングリル、ポークソテーには下味に。煮込み料理、鍋料理、スープ、パスタには隠し味。サラダにはほかの素材と合わせてドレッシングとして使うと合います。

こちらも夏向きの逸品でした。

梶助
石川県小松市大和町141
TEL 0761-22-8314
11:30~13:30
17:00~22:00
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ