あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。また内容は訪問当時に知り得た情報(ネット含む)をもとに書いています。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

小田原といえば、江戸日本橋から京都に向けて東海道を行くと、箱根を越える手前の宿場町だったところです。

東海道はご存じ、京都まで五十三次ということで宿場が53ヶ所ありました。ここは最初の宿場があった品川から数えて9番目に位置する宿場町で、箱根という難所を超えるために、しばし足を休める必要があることから宿場町として栄えたようです。

今日はそんな小田原でランチを食べたお店の紹介です。

お邪魔したのは「寿庵」というそば屋さん。大正9年、小田原駅の開業とともに創業したという老舗のそば屋さんです。
寿庵

店構えも、昔の旅籠の趣を感じさせてくれるような雰囲気を醸しだしています。

私たちは、朝、家を出るのが早かったこともあり、11時のオープンと同時にお店に入りました。

内部はこんな感じ。きれいなお店です。
寿庵 (4)

お品書きです。
寿庵 (2)

その中から私が頼んだのは「宿場そば(1,700円)」です。

これは、先ほども紹介しました、小田原が9番目の宿場町だったことにかけてメニュー化されたそばなのです。

9種類のそばを楽しめるという引っ掛けですね。
寿庵 (11)

上の写真の左の上から下に順番に刻み海苔・ちくわの磯辺揚げ・ネギ。

2番目の列が上から、大根おろしに小ネギと一味・海老天・錦糸卵と椎茸煮。
寿庵 (10)

こちらの写真で一番右の列の上から、海老天に隠れてわかりにくいですが、大根おろしに小ネギとゴマ・ととろ・山菜の計9種類です。

肝心のそばのほうものど越し良く、そばの風味も感じられる美味しいそばでした。他に、小田原名物のかまぼこと漬物も添えられていました。

そばはボリューム的には2人前ぐらいあるそうです。この「宿場そば」は色々な味を少しずつ楽しめてよかったですね。
寿庵 (6)

妻の母は「とろろそば(900円)」を頼んでいました。
寿庵 (7)

最後にそば湯を飲み干して満足です。オープンしてから間がなかったので、サラッとしたそば湯でした。
寿庵 (13)

この後、江戸時代とは違って、レンタカーで箱根の温泉にひとっ走り!わずか40分ほどで旅館に到着です。

昔の人は大変だったんですね~?お疲れ様でした。そしてご馳走様でした。

寿庵
神奈川県小田原市栄町2-1-26
TEL 0465-22-2862
11:00~20:00
火曜のみ11:00~15:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

紅葉の時期もそろそろ終わりですが、今年は紅葉をあまり見に行くことができませんでした。

休日に色々用事があって行けなかったためですが、一番の見ごろの土日が2日共あいにくの本ぶりの雨の日で、あまり楽しめなかったこともあります。

今年は、小松の荒俣峡と山中温泉に紅葉を見に行ってきました。
荒俣峡 (4)

荒俣峡には、いいお天気の日曜日に紅葉の一番見頃少し前の時期に、ランチをとるついでに足を延ばしてきました。
荒俣峡 (10)

大杉谷川にある荒俣峡は、南加賀でも紅葉がきれいなところで有名です。木々もいい感じに色づいていて、青空とのコントラストも鮮やかでしたね。
荒俣峡

橋の下まで降りて清流のマイナスイオンをたっぷり吸って、五感を癒すことができました。
荒俣峡 (11)

左に見える古民家の長寿庵にも最近行っていません。
荒俣峡 (6)

美味しい川魚と山菜・きのこ料理が恋しくなりました。

お次は山中温泉です。もちろん山中温泉の紅葉といえば鶴仙渓。石川県内でも有数の紅葉の名所でもあります。
山中温泉 (10)

鶴仙渓は大聖寺川の黒谷橋からこおろぎ橋までの間約1.3kmのエリアのことを指します。

私も、近年は遠来の客人を案内したり、個人的に見に行ったり毎年のように行っています。

この日は、晩秋なのか初冬なのかわかりませんが、冷たい雨が降りしきる中、妻と二人で駆け足で楽しんできました。
山中温泉

まずは黒谷橋から大聖寺川を見下ろします。

いい色つき具合ですね。
山中温泉 (21)

こおろぎ橋あたりも見どころの一つ。
山中温泉 (18)

下からこおろぎ橋を見上げます。
山中温泉 (15)

ここはすでに落葉で真っ赤に染まっていました。
山中温泉 (14)

この日は冷たい雨が降り続いていたために、紅葉を見に来る人も少なかったように思います。

荒俣峡、山中温泉の紅葉は今週末ぐらいまででしょうね。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回の墓参の旅は小田原から出発することにしました。

東海道新幹線で小田原入りし、箱根に移動する前にしばらく小田原市内を観光することに。
小田原 (7)

JR小田原駅には、巨大な小田原提灯が掲げられています。

小田原といえば、有名なものとして小田原提灯、かまぼこ、梅干しなど。今回は、これら関連の施設も少しまわりました。

さて、ここ小田原は江戸時代には東海道小田原宿の宿場町としても栄えていますが、歴史上有名なのは豊臣秀吉の小田原征伐です。
小田原城 (6)

その舞台となった小田原城はM戦国時代最大といわれる規模を誇った城で、豊臣秀吉も攻略に時間がかかったようです。
小田原城 (7)

また、「小田原評定」という、いまでは「いつになっても結論の出ない会議や相談」という意味に捉えられている言葉でも知られていますね。
小田原城 (13)

小田原城は1960年(昭和35年)に鉄筋コンクリート構造で建てられたものです。

今回我々は昨年、平成の大改修を終えた天守閣に登ります。一人500円です。
小田原城 (11)

リニューアルされたばかりなので内部はきれいです。でも、天守閣は鉄筋コンクリート構造なので、昔の城の趣はあまり感じられないのが残念です。

中は小田原城の歴史を知る上でのパネル展示などがありました。
小田原城 (17)

天守閣の最上階の見晴らしは最高で、小田原市内はもちろん、太平洋や真鶴半島など見渡すことが出来ます。

小田原城
神奈川県小田原市城内6番1号
9:00~17:00(入館は16:30まで)
※6~8月の土・日・祝、および8月15日~19日は19時まで
12月31日~1月1日休館
12月第2水曜日は館内整理のため休館
入館料 天守閣単独券
個人一般500円

お次は、小田原のご当地グルメについて。まずはかまぼこです。

江戸時代の小田原は沿岸漁業が盛んでした。この魚を保存利用するために小田原蒲鉾が杜氏のご当地グルメとして作られ、箱根を越えるときの食糧として、また大名の参勤交代のときのお供として重宝されたようです。
鈴廣 かまぼこの里

小田原にはかまぼこを製造販売しているところは色々ありますが、一番大きなところは、鈴廣だと思います。

この鈴廣さんが「鈴廣 かまぼこの里」という大きな観光施設を作っています。
鈴廣 かまぼこの里 (3)

かまぼこの歴史や不思議、素材や栄養のことなど、楽しみながら学べる施設「かまぼこ博物館」と、かまぼこや干物などを買い求めることが出来る「鈴なり市場」などの施設で構成されていて、行った日も多くの観光客で賑わっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (15)

「かまぼこ博物館」では、ガラスごしでかまぼこ職人たちの技を間近で見ることができますし、実際のかまぼこづくりも体験が可能となっていました。
鈴廣 かまぼこの里 (10)

「鈴なり市場」では、試食も出来て、私もかまぼこなどを翌日帰りに立ち寄って買おうと思ったのですが、思わぬ渋滞で時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。残念。

鈴廣 かまぼこの里
神奈川県小田原市風祭245
TEL 0465-22-3191
平日9:00~18:00
土・日・祝9:00~19:00
無休

お次は、もう一つのご当地グルメ「梅干し」について。

小田原駅前に梅干博物館という「小田原街かど博物館」の一つがあり、こちらも箱根行きの合間に立ち寄りました。
ちん里う (7)

老舗の梅干専門店「ちん里う本店」がお店の奥に作っている小さな博物館です。
ちん里う

中に入ってびっくりしたのが、各年の梅干しが飾られていたことです。古いのは明治時代のも。もちろん、私の生まれたうん十年前のもちゃんとありました。
ちん里う (2)

明治元年に使われていた大きな梅干しを漬ける樽や1900年ごろから使われていた古いレジ(会計機械)などもありました。

こちらも、翌日帰る前に立ち寄って買って帰ろうと思っていましたが、時間がなく立ち寄ることが出来ませんでした。すみませんでした。

梅干博物館
老舗の梅干専門店ちん里う本店
神奈川県小田原市栄町1-2-1
 駅前ビル1階
TEL 0465-22-4951
9:00~18:00
元日のみ休み

続いては、同じく小田原名物の干物のお店です。
小田原 (3)

ひもの専門店が駅前にあって、何店舗も販売するところを持っている有名なところのようです。

店内には、本当にたくさんの干物が並べられていました。

ひもの専門「山安」
小田原市栄町2-1-29
TEL 0465-21-1137
10:00~18:00
無休

最後に「小田原街かど博物館」については、こんなところもありましたという紹介だけ。
小田原 (2)

薬博物館」です。済生堂薬局小西本店というお店ですが、行った時には営業されているのかわからない感じだったので中には入らずに駅のほうに戻りました。

済生堂薬局小西本店(薬博物館)
神奈川県小田原市本町4-2-48
TEL 0465-22-2014
8:30~19:00
日・祝休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ