あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

洋食屋さんでは、自分のお店の得意料理というものを持っているところが多いと思う。

今日紹介する「グリル マルヨシ」にも、「ロールキャベツ」という天下無敵の一品が存在する。

この「ロールキャベツ」については、本店で食べたことを2年前に紹介したことがある。

今回、本店からもほど近い場所にある天王寺MIOプラザ店に行ってきたので書きたいと思う。
プチグリルマルヨシ (8)

天王寺MIOプラザ店は2年前の3月にオープンしたようだが、本店からも近い場所に2号店とは、これは天王寺愛ですかね…?(笑い)

この日は、仕事で訪れたときのランチで、天王寺駅のターミナルビルにある「天王寺MIOプラザ」の4階にある「プチ グリル マルヨシ 天王寺MIOプラザ店」にお邪魔した。

「グリル マルヨシ」は今年で70周年を迎える老舗の洋食屋さんであるが、天王寺・阿倍野には色々な路線が乗り入れているため、多くの乗降客が利用するエリアである。

自ずと飲食店も密集していて競争も激しいため、お店の入れ替わりも多いのではないだろうか?その中で70年もの長い間親しまれてきた洋食屋さんである「グリル マルヨシ」なのである。

さて、お店では、その70周年を記念してのランチメニューが設定されていた。
プチグリルマルヨシ (3)

私は「マルヨシ人気セット」というハンバーグ・海老フライ・白身フライの盛り合わせで、ライス・スープおかわり自由というセットを頼むことに。スープは本店では塩糀のスープだったが、こちらもそうなのかな?気にせず飲んだのでわからなかったが?
プチグリルマルヨシ (2)

通常は1680円のところを1500円という値段になっていた。
プチグリルマルヨシ (4)

ハンバーグ・海老フライ・白身フライという典型的な洋食のおかずのセットは、個人的にも好きな組み合わせである。ハンバーグは肉汁たっぷり。フライはサクッとした食感がいい。タルタルソースもいい感じだった。
プチグリルマルヨシ (7)

こちらは一緒に行った人が頼んだ、キャベツ半個使う名物「特製ロールキャベツ定食(1,600円)」。ブイヨンでいい具合にじっくり煮込まれている逸品で、ドミグラスソースとカレーソースのダブルソースがうれしい人気のロールキャベツだ。

私が勧めたので頼んだのだが、彼も美味しいと話していた。
プチグリルマルヨシ (6)

あと、こちらはもう一人の人が頼んだ「茶美豚のとんてき定食(1,280円)」。茶美豚(ちゃーみーとん)は、鹿児島県のブランド豚のことである。

さすが、洋食の王道を歩むお店である。これからも地域の方々に親しまれるお店であり続けるであろう?ご馳走様でした。

プチ グリル マルヨシ 天王寺MIOプラザ店
大阪府大阪市天王寺区悲田院町10-48
 天王寺ミオプラザ館4F
TEL 06-6773-2168
11:00~22:00
不定休(天王寺ミオ プラザ館に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング     
 

昨日までは、ココログで11年7か月にわたって「あさぴーのおいしい独り言」を書いてきました。

ココログ時代はいつもお読みいただきありがとうございました。

今日から正式に、ライブドアのサービスを利用させていただき、「あさぴーのおいしい独り言」を書いていきます。 

こちらでも、どうかよろしくお願いします。

なお、オープン記念として、7月一杯は毎日アップしていこうと考えていますので、ご期待ください。 

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

「一揆そば 長助」へは11年ぶりの訪問でしたが、11年前はおろしそばを食べていました。
長助 (11)

ここは、一部のメニューに地元の旧鳥越産のそばを使っています。

そして、そば自体は極太で超コシの強い田舎そばなのです。

昔から人気のお店だったのですが、昨年、北陸新幹線の金沢まで延伸して以来、人気に拍車がかかったようで、白山市内のみならず、県外からのお客を含め遠くから食べにくるような人気店になっていました。

私は、久しぶりにドライブがてら車を走らせましたが、小松市街からは30分もかからない時間で到着するので、意外と近いのです。

6月のとある日曜のお昼、12時少し前にお店に到着。駐車場は早くも満車状態でした。ん?一杯か!?と思いましたが、中に入ると運よく席は空いていました。
長助 (14)

ご覧のように水車も回っている古民家風の立派な店舗で、中も天井が高く開放感があります。
長助

基本、そば屋ですが、うどんや丼物もメニューにはあります。

しかし、やはりここではそばを食べないわけにはいきません。それも、ウリの地元産のそば粉を使った田舎そばを。

ということで、私は、お店の冠にも表記されている名物「一揆そば(税込800円)」を頼むことにしました。冷たいのと暖かいのから選びますが、当然、そばは冷たい方です。
長助 (7)

出されたのがこちら。揚げ草餅と山菜が乗せられています。脇には漬物ではなく、タクワンを煮た「ぜいたく煮」が添えられています。
長助 (5)

そばはご覧のように極太です。コシがめちゃめちゃ強く、しっかり噛んで胃の中に送り込まないといけないと感じるほどです。

ただ、舌触りは滑らかで、とろろか何か練りこんでいるのかと思えるようなそばでした。

ダシは少し甘さを感じます。おろしそばのように辛味大根が添えられていますが、辛さはほどほどでした。
長助 (9)

山菜はこごみ2個だけ。^^;あと、なぜかニンジン?これも山菜??

でも、揚げ立ての草餅は美味しかったですよ。
長助 (4)

妻のほうはこちらの「田舎もり(1,100円)」を頼みました。

竹の器に田舎そばと山菜の天ぷらが盛られています。天ぷらは揚げ立てでサクサク。ちなみに天ぷらは季節によって変わるようです。
長助 (10)

そば湯は頼んで出していただきました。さらっとしたそば湯です。

意外と、白山市には太いそばを食べさせてくれるお店が多いですね。ご馳走様でした。

一揆そば 長助
石川県白山市釜清水町ち2-1
TEL 076-254-2003
11:00~19:00(L.O.)
水曜,第5木曜休
 
気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング        

このページのトップヘ