あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

軽井沢といえば星野リゾートの総本山があります。

私は今の社長の星野佳路氏のお父さま(先代の星野嘉助氏)とは何度かお会いしてお話も色々お聞きしたことがあります。懐かしいです。

星野家は代々「嘉助」という名前を引き継いでいましたが、星野佳路氏はその名を継いでいません。いまは「星のや 軽井沢」のメインダイニングにその名を留めています。

星野リゾートは、中軽井沢に多くの観光施設やブライダル関係の施設が持っています。言ってみれば一大リゾート地と言っても過言ではありません。
ハルニレテラス (7)

この「ハルニレテラス」もそれらの施設の一つで、中軽井沢を流れる湯川沿いの森の一角に2009年7月11日に開業しています。
ハルニレテラス (5)

施設の設計は東 環境・建築研究所の東 利恵さん。星野リゾートの色々な施設を設計されているかたです。

我々がちょうど中軽井沢に到着したとたんにゲリラ豪雨がきて、少し雨宿りを兼ねてお茶しに入ることにしました。
ハルニレテラス

軽井沢の自然に囲まれた、とてもいい環境の中ウッドデッキが敷かれて、その道沿いに色々な店舗が並んでいます。家具やインテリア、衣料品、飲食店など見てまわるだけで楽しいです。

この日は、突然の雨ということもあったかもしれませんが、何せお盆のお休みのど真ん中!だいぶは「ハルニレテラス」内は混雑していました。どのお店も順番待ちの列が出来ているほどでした。
丸山珈琲 (10)

さて我々が入ったお店は「丸山珈琲 ハルニレテラス店」。丸山珈琲といえばフレンチプレスで淹れるオイリーなコーヒーが美味しいことで知られています。
丸山珈琲 (11)

こちらのお店も混雑していましたが、10分ほど待って席に座ることが出来ました。
丸山珈琲

ここは丸山珈琲で唯一の「Books&CAFE」となっていて、本を眺めながらゆったりとくつろいで過ごすことが出来るのです。もちろん、本は買うこともできます。

温かいコーヒーもいいのですが、レンタサイクルで坂道を上ってきたので、やはり冷たい飲み物が欲しくなって、私はエスプレッソのアイスラテ(596円)を頼みます。
丸山珈琲 (9)

ほど良い苦みと甘みのバランスがいいアイスラテでした。

妻のほうは「アイス・ゲイシャブレンド」という変わった名前のアイスコーヒーを頼んでいました。これはメニューに書かれていた内容をそのまま書くと「ピーチ、オレンジ、ライチの風味と花の香り。軽やかな舌触りと透明感のある味わい。」というアイスコーヒー用に2種類の銘柄のゲイシャ種をブレンドしたものなのだそうです。
丸山珈琲 (8)

夏季限定で802円。書かれていたような味だったのかはわかりませんでした。^^;

飲み終わってしばらくしたら雨も上がり、次の目的地にレンタサイクルで無事移動しました。ご馳走様でした。

丸山珈琲 ハルニレテラス店
長野県北佐久郡軽井沢町長倉星野2145-5
 ハルニレテラス内
TEL 0267-31-0553
8:00~20:00(~9/30)
夏季は7:30開店
9:00~19:00(10/1~)
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

私のブログではあんまりスイーツのお店は紹介しませんが、今日は久しぶりに書きます。

それは金沢でも人気のパティスリー「パティスリー ホソヤ」。

先日紹介した「パン屋 たね」に行った時にお店を見つけて立ち寄りました。

オーナーパティシエの細谷さんは、銀座の名店「カトリーヌ」で立ち上げ時期からかかわったかたで、その後フランスでも修業されています。

「パティスリー ホソヤ」のカットケーキは、フルーツの使われたものが美味しいと評判で、特に春のイチゴのショートケーキが有名なようです。そうそう、秋の「和栗のモンブラン」も美味しいようですよ。
パティスリー ホソヤ

外観はこんな感じ。13時過ぎに訪問。中に入った時は先客はいませんでしたが、その後で2組入ってこられました。
パティスリー ホソヤ (2)

お店の了解を得てショーケースの中を写しました。ビジュアル的には派手なケーキは少なくシンプルな形のが多かったです。種類もそれほど多くはありませんでしたが、ショコラや焼菓子の種類は豊富でした。

今回お邪魔したのは8月最初の週末。桃の季節も終盤のころだったのですが、ショーケースの中に3種類の桃を使った季節限定のスイーツがあったので、それを買うことにしました。

これは「桃のショートケーキ(税込453円)」。
パティスリー ホソヤ (3)

生クリームは乳脂肪35%のを使用して、軽めの口当たり。砂糖と卵を最初から一緒にして泡立て小麦粉を加えてる共立てで作られるジェノワーズも空気感が凄くてふんわりとした柔らかい食感のショートケーキでした。さすがです。

桃はシロップゼリーで固められていて甘いのですが、生クリームとスポンジが上品なのでちょうどいいのでしょうね?。
パティスリー ホソヤ (4)

こちらの「桃のゼリー(税込432円)」は新商品だったようです。たっぷりの桃が使われていました。
パティスリー ホソヤ (5)

桃のタルト(税込464円)は、アーモンド入りタルト生地にカスタードクリーム、その上に桃半分を使ったコンポートが乗せられていました。

これらの桃のケーキ類は8/19頃までだということで、いまはもうありません。来年までお待ちください。6月中旬ごろから並ぶようです。

ちなみに、「パティスリー ホソヤ」の季節のフルーツを使ったケーキは年5種類。イチゴ・メロン・桃・イチジク・ラフランスというラインナップです。

こちらのお店、季節季節のフルーツを使ったケーキがおすすめですが、それ以外のも美味しそうでしたよ。是非皆さんもどうぞ!ご馳走様でした。

パティスリー ホソヤ
石川県金沢市富樫1-7-4
TEL 076-280-7477
10:00~18:30
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北陸新幹線が金沢まで延伸したおかげで、軽井沢でゆっくりしてから小松に戻ることが出来るようになりました。

この日の最後はゆったりフレンチディナーを楽しみます。フレンチのディナーを食べるのは何年ぶりでしょうか…?^^;

ちなみに軽井沢では、お昼はイタリアン、夜はフレンチのお店で食べました。普段は和食系をチョイスすることが多い私ですが、軽井沢では何となく洋食系ですよね!?
レストラン 桂姫

ディナーを食べたレストランはホテル音羽ノ森のメインダイニングです。
レストラン 桂姫 (2)

ネットでも予約をすることが出来ました。

軽井沢はメインの道路から少しわき道にそれただけでも、閑静なエリアになります。

ここホテル音羽ノ森も旧軽井沢のメイン道路から1~2分ほどのところにある格調と歴史あるホテルです。
レストラン 桂姫 (3)

建物も内部もそれを感じさせてくれます。
レストラン 桂姫 (8)

我々は帰りの新幹線の時間があったので、オープンと同時17:30にお店に入り、一番隅の席に案内されました。
レストラン 桂姫 (12)

窓からは緑一杯の景色を楽しみながら落ち着いた空間で食事することが出来ました。中庭席やテラス席もありましたが、この日はちょうど食べているときにゲリラ豪雨があって誰も利用していません。
レストラン 桂姫 (9)

さて、ディナーのコースは3種類。HPで見ると、名前の書かれていない7,020円のコースとル・シエル(星)、スプランドゥール(輝)の3種類で、我々は真ん中のル・シエルの星(税・サ込9,180円)にしました。

料理の内容は季節ごとにかわるようです。

まずアミューズが出されます。
レストラン 桂姫 (17)

「ひと口のお楽しみ」という名で出されたのは、信州サーモンのアンチョビ・ケッパーのジュレ、サーモンの卵のフレンチキャビアがかけられています。
レストラン 桂姫 (18)

前菜のオードブルは「大イワナのマリネと枝豆のムースとグレープフルーツ」。上品なお味でした。
レストラン 桂姫 (19)
レストラン 桂姫 (11)

出されたバゲットにつけるケッパーなどのスパイスとオリーブオイルのディップが美味しかったらしくて、妻はおかわりをしていました。
レストラン 桂姫 (20)

スープは「トウモロコシのクリームスープ 焼きトウモロコシとコンソメ」。上品な甘さのスープでした。

メインの魚は「デュカをまとったスズキのポワレ アメーラトマトとライム」。
レストラン 桂姫 (21)

ローストしたナッツ類やスパイスをまとったスズキは香ばしく焼かれていて、ライムの酸味がほどよく感じられるソースに合わせて食べると美味でした。

なおアメーラトマトとは静岡県で開発された高糖度のトマトのことです。

肉は、本当は鴨肉を使ったメニューでしたが、鶏肉が特に苦手なので事前に連絡してビーフに変えていただきました。
レストラン 桂姫 (24)

牛のオングレと呼ばれるの横隔膜あたりの希少部位を使ったステーキ。柔らかい肉でフォンドボーと粒マスタード、ホワイトチョコレートとグレープフルーツの皮のソースとの相性も良かったです。
レストラン 桂姫 (26)

デザートは「白桃のジュレ フランボワーズとバニラ」。白桃のジュレ、商品な甘さで美味しかったです。
レストラン 桂姫 (28)

この日はコーヒーを飲み過ぎたので、紅茶にしました。
レストラン 桂姫 (27)

最後にはプティフールも出されました。

食事中飲んだお酒についても紹介します。

「音羽ノ森 シャンパンフェスタ」というのをやっていて(9月30日まで)、シャンパン・白・赤の3杯で4,104円。別々に頼むよりだいぶお得でした。

シャンパンは「モエ・エ・シャンドン」。
レストラン 桂姫 (13)

写真は写していませんが、白はフランスの「ドメーヌ ド ガヴェッソン アンスピラシオン」。ミネラル感たっぷりのフレッシュな辛口の白で、ピーチとか洋梨の風味を感じて美味しかったです。

赤はカルフォルニアで「フリークショー カベルネソービニオン」。
レストラン 桂姫 (23)

フルボディで濃厚な中にも色々なフレーバーを感じる赤でした。

以上を飲み食いして一人13,000円強。雰囲気やサービスもよく、静かな空間で美味しく料理とお酒を愉しむことが出来、内容的には大満足のディナーでした。ご馳走様でした。

レストラン 桂姫(ケイキ)
長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢旧軽井沢1323-980
 旧軽井沢 ホテル音羽ノ森
TEL 050-5570-7324
モーニング8:00~10:00(L.O.)
ランチ11:30~14:30(L.O.)
ディナー17:30~20:30(L.O.)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ