あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

福井県の大野市は名水百選に選ばれており、さらには2015年には「水道水がおいしい市町村Best5」で日本一に選ばれているところです。

その大野で2014年5月にオープンした「モモンガコーヒー」。可愛いモモンガのイラストが目印です。
モモンガコーヒー (15)

この日、たまたま店の前を通りかかり、ブルーボトルコーヒーと同じような水色のマークを見て面白そうだと思い、入ってみることにしました。
モモンガコーヒー

目立つようでひっそりとあるコーヒー専門店です。

帰ってからお店のHPを見て見ましたが、なかなかのこだわりのお店でした。

こちらの「大野大人図鑑」では、オーナーが大野でコーヒー専門店を開くに至ったいきさつを読むことが出来ます。彼の大野という場所で淹れるコーヒーへのこだわりを感じさせてくれるいいストーリーが書かれています。感動しました。
モモンガコーヒー (14)

さて、お店の中に入ると、自家焙煎機があって、コーヒーのいい香りが立ちこめています。
モモンガコーヒー (13)

色々の豆を扱っていて、ネットでも販売をしているようです。
モモンガコーヒー (3)

店内は窓に面してカウンター席。半地下の場所にソファー席などあって、半二階という思われる場所は倉庫になっていました。
モモンガコーヒー (4)

我々はカウンター席に座りメニューを見渡します。

ホットコーヒーが一番飲むべきものだとは思いましたが、この日、越前大野城まで登ったり、街中を散策したりしてのどが渇いていたので冷たいドリンクが欲しくなりました。
モモンガコーヒー (6)

珍しいアイス系のコーヒーもメニューに載っていたので、少し選ぶのに迷いましたが、私は結局「アイスラテ(520円)」を飲むことにしました。
モモンガコーヒー (10)

一番下にエスプレッソダブル。その下にミルクの二層になっています。のどが渇いたので一気に飲んでしまいました。^^;

ビスケットもサービスで添えられています。

妻は「バレンシアソーダ(550円)」です。
モモンガコーヒー (9)

こちらはエスプレッソ+ソーダ+オレンジの三層ですね。きれいです。かき混ぜて飲むのがもったいないくらいです。

スッキリとしたあとくちで、オレンジがアクセントになっています。美味しいです。

我々がお店に入った時はお客様はいなかったのですが、その後、店内で飲む人や豆を買い求める人など何組かいらっしゃって賑わいました。

色々こだわりのコーヒーも飲めると思いますが、次回のお楽しみということで。ご馳走様でした。

モモンガコーヒー
福井県大野市元町8-17
 中央共同ビル 1F
10:00~19:00
土日祝10:00~18:00
火曜、第3日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松市城南の交差点角に5月28日新規オープンした「豚骨ラーメン・ギョーザ 満タン軒 とぎ元洋妥」。
満タン軒

前は「白龍」という中華のお店だったところです。

長いユニークな店名だと思いますが、「とぎ元洋妥」の意味は何なのでしょう??

こちらは北海道豚骨ラーメンと中華料理のお店です。

北海道豚骨ラーメンというジャンルがあるのでしょうか?私は知りませんでした。

豚骨ラーメンと言えば九州だし。北海道といえば味噌ラーメンですよね?

ネットで色々調べてみましたが、こちらについてもわかりませんでした。

さらに調べてみると、オーナーは富山の楓や東京の六厘舎など有名店でも働いていたという書き込みが出ていましたが、そうならば凄いですね。
満タン軒 (2)

あと、加賀市の人気のお店「アサヒ軒」でも働いていて、贈られた花輪も出ていました。

外観ですが、花輪で隠れていますが、お店の外観の色使いが赤と黄色で派手です。^^;

一瞬、楳図かずおさんの「まことちゃん」を思い出してしまいました。

オープン後の最初の日曜日の11:35ごろお店に到着。お客の入りは7割ほど。カウンター席に座ります。
満タン軒 (8)

店内の写真は帰る前に写しましたが、このときお店の前には7~8名のお客さんが順番待ちをしていました。
満タン軒1 (2)

メニューはこんな感じです。ラーメンの種類は基本「とんしお」の1種類のみ。800円と少し高めの設定です。
満タン軒 (5)

白濁しおとんこつスープに大きな海苔が一枚乗せられています。
満タン軒 (6)

逆から写すとこんな感じです。

トロトロすぎて形の崩れたチャーシューがたくさん見えます。

まずはスープを一口。見た目よりはクセのない味のとんこつスープです。美味しいです。

山頭火のしおらーめんのような感じもします。山頭火はむかし旭川まで食べに行ったことがあります。

麺のほうは山頭火のようではなく、札幌ラーメンの特徴の一つ黄色い縮れ麺。かん水率高めでしょうか?自家製麺ではないようです。
満タン軒 (7)

そういえば加賀市の「アサヒ軒」の「中華そば」もこんな黄色い麺でしたね。

白色のスープに黄色い麺。ビジュアル的にもインパクトありますね。

先ほども書きましたが、チャーシューがトロトロに煮込まれていて、さらに角煮のようなバラチャーシュー、メンマも多く入っていました。

私はこちらもお店のウリである「ギョーザ(380円)」も頼んでみました。
満タン軒 (4)

ギョーザのほうはそれほど特徴があるわけではなく、そこそこ美味しいといった感じでしょうか?

何れにせよ、小松や周辺エリアにも、とんこつラーメンのお店がだいぶできていて激戦地化してきています。頑張っていただけたらと思います。ご馳走様でした。

満タン軒
石川県小松市城南町81番1
TEL 0761-58-0008
10:00~15:00
17:00~23:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

福井県立恐竜博物館には、子供が小さいころは2度ほど行ったことがあります。
恐竜博物館

開館は2000年。大きくなってからは行く機会がなかったので、行ったのは15年ぶりくらいかもしれません。

そうそう!途中一度近くまで行ったので寄ろうと思ったのですが、下のほうの道路まで順番待ちの車の列が出来ていたので諦めたことがあります。

今回も土曜日ということで、朝一に行こうと白峰経由で車を走らせます。そして9:20頃に到着すると、第一駐車場は三分の一ぐらいの埋まり具合でした。
恐竜博物館 (3)

オープン時間は9時です。まぁ、このぐらいの時間だったら通常の土曜日は館内の混雑もそれほど気にはならなかったです。

で、まず最初に立ち寄ったのは、地上階フロアにある「カフェDino(ディノ)」。
恐竜博物館 (14)

この日、私は家で朝食を取らなかったのでお腹が空いていました。そこで最初に入ったのですが、我々が最初のお客様でした。
恐竜博物館 (6)

ここでの目的は、「恐竜バーガー(560円)」を食べること。
恐竜博物館 (10)

この恐竜バーガーは恐竜の足跡の形をしたバンズで作られたハンバーガーです。

まぁ、ブログネタですね!?^^;

朝早くだったのにすぐに出されたということは、パテは事前に作ってあったのでしょう?この手のお店ではやむを得ないです。
恐竜博物館 (12)

バンズを外すとこんな感じ。ポテトフライもたっぷりついていました。
恐竜博物館 (11)

あと、これは「恐竜ラテ(500円)」。恐竜のラテアートが描かれていますが、造形的には今一つかな?^^;
恐竜博物館 (8)

こちらのお店では、フクイザウルスの玉子カレーという恐竜型のナゲットが乗せられてカレーなんてメニューもあったりして、子供たちも大喜びすること請け合いです。

さて、食べ終わったので展示を見ることにしましょう!
恐竜博物館 (15)

しかし、いつ来ても「福井県立恐竜博物館」は建物も展示も素晴らしいですね。
恐竜博物館 (25)

本当に太古の地球はこんな感じだったのか!?と思うくらいよくできています。

展示物を真剣に見て周ると半日はゆうにかかるでしょう。

今回はだいぶ駆け足で見て周りました。

展示は「恐竜の世界」「地球の科学」「生命の歴史」の3つのゾーンから構成されています。
恐竜博物館 (24)

大型復元ジオラマ。いつ見ても精巧な作りです。
恐竜博物館 (20)

発掘現場を間近に感じながら発掘体験ができる「野外恐竜博物館」何てのも出来ていましたが、今回は立ち寄りませんでした。

今回短い時間の滞在でしたが、久しぶりに童心に帰って楽しむことが出来ました。そしてご馳走様でした。

福井県立恐竜博物館
福井県勝山市村岡町寺尾51-11
TEL 0779-88-0001
9:00~17:00(入館は16:30まで)
一般720円、高・大学生410円、小・中学生260円
未就学の幼児、70歳以上の方は無料
第2・第4水曜・年末年始(12月29日~1月2日)休館
その他施設点検等のため臨時休館有

Dino(ディノ)
恐竜博物館内
TEL 0779-87-1109
9:00~17:00(L.O.16:30)
不定休(恐竜博物館に準ずる)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ