あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

小松にも最近、新しい、それも洋系のお店が出来ています。うれしい限りです。

元々小松には和食系のお店は色々あったのですが、イタリアやフランス料理など洋系のお店は少なかったと思います。

この3月24日にイオンモール新小松がオープンし、近年にはなく珍しく注目されてきている小松。やっと飲食店も新規開店できる活力が少しですが戻ってきたといえます。住んでいる人間としてはうれしい限りです。
1945

今日紹介する「BRASSERIE 1945」は、小松の中華の人気店「勝ちゃん」のすぐ近くで、1945年に建てられた古民家をリノベーションしたお店。店名にもその建築された年を表記していますね。

でも、考えたら1945年って終戦の年。よく資材があったと思います。

金沢では古民家をリノベーションした飲食店も多くあるのですが、小松ではまだまだ少ないと思います。

さて、ここは前は惣菜の店「たじま屋」というお店でしたが、短い間で閉店(移転)してしまいました。いまは能美市の方で別なお店として営業されているようです。
1945 (5)

オープンは2月25日。まだオープンしたてほやほやのお店です。
1945 (6)

「BRASSERIE 1945」の内装は、その惣菜屋さんのときのを、入口付近ではうまくそのまま使っていますが、しかし奥がこんなに広かったとは初めて気がつきました。惣菜屋さんのときは、たぶん奥の方は借りていなかったのですね。
1945 (4)

店内も昔の面影を残しながらリノベーションされていて、テーブルやイスなども再利用しているものを活用しています。
1945 (28)

2階は、ご覧のような素敵なスペースになっていて、貸切やレンタルのスペースとしても活用できるようです。1階とはまた違った空間になっています。
1945 (26)

お店もそうだし、メニュー代わりのPOP?やホームページもおしゃれな感じで、小松には珍しい演出をされていますね。

我々は一番奥の2人掛けのテーブル席に案内されました。
1945 (2)

1階は暗いので、落ち着いて飲み食いできるのはいいのですが、少し暗すぎるため、タブロイド紙のようなメニューの文字の印刷が薄いからか、とても読むのに苦労しました。^^;

ライトが個々のテーブルの上にあればまだしも、このあたりは要検討だと感じました。

さて、ここ「BRASSERIE 1945」は、金沢の「FULL OF BEANS(フルオブビーンズ)」の姉妹店。

「FULL OF BEANS」は、タテマチストリートから少し入ったところにある築100年以上の金沢町家(うなぎ屋さん)を改装した古民家カフェです。

今回、小松支店ともいえる「BRASSERIE 1945」のオープンに合わせて、金沢からスタッフが移り住んでいます。力が入っています。

余談ですが、「FULL OF BEANS」は私が11年半ほど前に行った時は「おむすび」をウリにしていました。それ以来行っていませんが懐かしいです。ブログではこちらに書いています

私が今回お邪魔したのは、前に紹介した「キャンドルナイト&Music 2017」に行ったあと、少し飲み食いしようということで妻と二人で入りました。

「FULL OF BEANS」は野菜を中心とした自然食を楽しめるお店ですが、こちらのお店もダイニングバー的な位置付けながら、自然食をウリにしていて、野菜中心のメニュー。気軽にかつリーズナブルに楽しめるところになっています。

では、飲み食いしてきたものを紹介していきます。
1945 (12)

まずはスパークリングワイン「バルディビエソ・ブリュト(650円)」を頼みます。
1945 (21)

黒板メニューから「ホタルイカと菜の花のアヒージョ(800円)」を。
1945 (22)

アヒージョというからグツグツ煮えたぎったオリーブオイルにホタルイカと菜の花が浸っている感じかと思ったら、そうでもなく、ちょうどいい感じに酒の肴になりました。
1945 (18)

スパークリングの次のワインは白で「ウルフブラス イーグルホーク リースリング(650円)」。
1945 (17)

こちらは、タブロイド紙のようなメニューにドカンと写真が出ていた「旬野菜の畑のオードブル(1,200円)」です。
1945 (13)

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ(800円)」も、同じく写真がでかでかと出ていました。この二つがウリの料理なのでしょう?

「旬野菜の畑のオードブル」は、はたして何種類の野菜が使われているのでしょうか?色とりどりで食べるのがうれしくなるほど。

「彩り野菜と鮮魚のカルパッチョ」は 国産塩レモンとカルムのソースでさっぱりと食べます。
1945 (24)

赤ワインは、妻は微発砲の「ランブルスコ・セッコ(600円)」。

私は「ビオビオ メルロー(600円)」を頼みました。
1945 (25)

ということで、最後のオーダーは、大豆のミートソースとホワイトソースの「ソイタリアンラザニア(750円)」です。

何となくヘルシーに締めてみました。

この日、「キャンドルナイト&Music 2017」でそばなどを食べたから、この辺で打ち止め。お腹も満足。値段も満足。とてもリーズナブルに済ますことが出来ましたよ!お勧めです。ご馳走様でした。

BRASSERIE 1945
石川県小松市土居原町386-3
TEL 0761-24-1945
17:00-25:00 (L.O 24:30)
火曜(祝日の場合は翌日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

恒例の未公開編は2月の話題です。

まずは「尾山神社授与所」について。尾山神社へは金沢に行った時に立ち寄りました。
尾山神社 (2)

行った2月中旬は、梅が5分咲きくらいでした。

尾山神社といえば、加賀藩初代藩主の前田利家公を祀っている神社で、加賀前田家の家紋といえば「梅鉢紋」。境内には梅の木が何本かあります。
尾山神社 (6)

さて、今日紹介します「尾山神社授与所」は、第45回いしかわインテリアデザイン賞で石川県知事賞を受賞しています。

授与所とは、尾山神社のお守り・お札・御朱印などの商品を販売する施設のこと。
尾山神社 (3)

神門・東神門・庭園への動線を考慮した大きな松に沿って屈曲した形状となっていて、壁となる面はすべてガラス。中の様子がすべて見えます。

周辺には本殿など昔からの施設が多い中、この施設だけ新しいこともあって異彩を放っていますね。

お次は、私のブログでも珍しいインスタントラーメンの話題です。

こちらは「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」です。
カップヌードル

果たして美味しいのか!?怖いもの見たさ?で購入してみました。

インスタントラーメンの世界も生き馬の目を抜くほど厳しい世界だと思います。一部の定番商品を除いては、新商品が出ては消えるの繰り返しではないかと思います。

今回購入した「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」は日清食品による和の世界観を表現した「じゃぱん?ぬーどるず」トリオの一つとして登場しました。

「茶そばをイメージした緑色の麺に、シーフードをベースにしたクリーミーな濃厚感のあるスープに抹茶の風味を加わえた、まろやかな味わいが特徴」だということです。

さっそく食べてみます。
カップヌードル (2)

お湯を入れて3分待つのは同じ。見た目も緑色なのを除いてはシーフードヌードルと同じような感じです。

確かにクリーミーです。お茶の味はほんのりといった感じですね。なかなか美味しいです。

この手の変わり者は、意外と見かけ倒しの味のが多いのですが、この「カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味」は十分存在感のある味になっていると思います。

隠し味としてチーズパウダーが入っていて、コクを出していますね。シーフード味との相性もいいようです。

さすが日清食品。ある意味飽和状態な市場を、今後どのように生き残っていくか!?各所の動きには興味があります。

最後の紹介は「ベルナール 富山店」のパンです。

妻が富山に仕事に行った時に買い求めてきました。本当は近くの別なパン屋さんに行きたかったらしいのですが、場所がわからずにこちらにしたそうです。^^;

富山インターの近く、アピタ富山店の中にお店はあります。フジパン系列のお店ですね。
買ってきた商品を簡単に紹介します。
ベルナール富山 (2)

こちらは人気の「ダブルチーズフォンデュ」はチーズ入りフランスパンです。

表面のカリッとした皮の部分にはエダムチーズを、中にはクリームチーズを使った白いソースの2種類のチーズが楽しめます。
ベルナール富山 (3)

ジャーマンフランクは、ポークソーセージにポテトサラダとミックスチーズをトッピングし焼き上げてあります。私はこちらを食べました。
ベルナール富山 (4)

こちらは、ベーコンピザのパン?
ベルナール富山

レーズンパンです。

ご馳走様でした。

ベルナール 富山店
富山県富山市上袋100-1
TEL 076-495-3331
9:30~20:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

鹿児島という暖かい土地にも、いくつかおでんが有名なところがあります。

だいぶ前に紹介したことがあります「吾愛人(わかな)」というお店では「みそおでん」がウリでした。
金久 (3)

今回、1軒目で飲み食いした後にふらっと立ち寄ったのが、鹿児島中央駅の構内、フレスタ鹿児島の2階にある「ぐるめ横丁」の「金久」という、元々は立ち飲みだったと思われるようなスタンドタイプのテーブルにイスが置かれているお店です。

狭いお店です。まぁ、会社帰りや出張帰りに軽く仲間と一杯!的な使われ方が適しているお店でしょう?

私は、今回は軽く一杯だけということで、こちらの「今すぐ飲みたい!セット(税込1,080円)」をお願いしました。
金久 (4)

セットには、キリン一番搾り樽生、枝豆。
金久 (5)

そして三角厚揚げ・たまご・大根・たこ串の4種類のおでん盛り合わせが付いてきます。お得なセットになっていますね。

「金久」のおでんのウリは「薩摩塩おでん」。

シイタケや昆布からだしをとり、鹿児島県枕崎産のかつお節で追い鰹をし、ミネラル豊かな塩「星の砂塩」で仕上げた「塩おでん」なのだそうです。

「星の砂塩」という、「鹿児島県最南端の与論島の沖合いから汲み上げた海洋深層水」を原料として作られています。
金久 (6)

さっぱりとした味で、塩のうま味もきいているようです。からしではなく大分産の「柚子胡椒」をつけて食べたらおいしかったですよ。
金久 (2)

この日は、このセットだけでお店を出ましたが、おでんはご覧のメニューにも出ている通り色々揃っていました。お値段も手ごろです。

今回のセットは1,080円という値段で、軽く安く済ませるにはもってこいのセットでした。ご馳走様でした。

金久(かねきゅう)
鹿児島県鹿児島市中央町1-1
 えきまち1丁目鹿児島
TEL 099-298-5145
10:00~23:00(L.O.22:30)
無休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ