あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

富山といえば「越中富山の薬売り」というフレーズが有名です。今で言う「配置薬」で、使った薬の代金は後払いという「先用後利」方式で知られています。

昔の富山の人は頭がよかったんですね!?

富山でなぜ製薬業が盛んになったか!?元々は富山藩二代藩主・前田正甫公が、江戸城内で、突然激しい腹痛に見舞われた他の藩主に、常備していた反魂丹を与えたところ、たちまち痛みはおさまったとうことで、諸藩の大名に名が知られ、その後、前田正甫公が富山での製薬業を奨励したことから始まっているようです。

今回、富山に行く機会に、昔からある老舗の製薬の会社を2つ訪ねてきました。
廣貫堂 (2)

まずは、「広貫堂」です。

「広貫堂」という会社名は、前述の前田正甫公の「広く救療の志を貫通せよ」の訓示に由来しています。
廣貫堂 (11)

本社工場内に白壁土蔵造りの「廣貫堂資料館」というのがあります。
廣貫堂 (10)

そこは、売薬展示室というのがあって、薬業史上貴重な「古文書」「扁額」など、広貫堂が所有する貴重な資料が収められています。
廣貫堂 (3)

また、越中売薬ならではの「懸場帳」なども展示しされていて、昔の富山の薬売りの様子を垣間見ることが出来ます。
廣貫堂 (4)

見学していると、こちらの「ジンセンファイトⅤ」がただでもらえました。
廣貫堂 (6)

さっそく飲んで元気を出しました。
廣貫堂 (5)

一通り展示物と映像を見て、中にあった売店でのど飴と美人飴を買い求めました。
廣貫堂 (12)

のど飴はさすがに製薬会社のもので、バンランコン、カンゾウ、キンギンカ、エキナセア、カリンのエキスに21種類のハーブエキスを組み合わせたのど飴でした。効いていそうな味ですね。
廣貫堂 (14)

家に帰って袋から反魂丹を出すと、ご覧の昔懐かしい紙風船が入っていました。
廣貫堂 (15)

昔の富山の薬売りの販促ツールに「おまけ」があったことは知られていますが、この紙風船もその一つですね。

廣貫堂資料館
富山市梅沢町2-9-1
TEL 076-424-2310
9:00~17:00
年末年始、臨時休館日あり
無料



お次は富山市の街中、前にも紹介した富山市ガラス美術館の近くの「池田屋安兵衛商店」です。
池田屋 (10)

富山の中心市街地では最も古い木造建築物の一つだそうで、白壁の土蔵造りに、元は倉庫や移住空間だったところを店舗として改装して使っています。看板が目立ちます。
池田屋 (3)

実際使っていた古い道具も展示されていて、こちらは反魂丹の昔使われていた製造装置ですね。
池田屋 (2)
池田屋 (7)

実は、こちらのお店、最初は2階にある「健康膳 薬都」という薬膳料理のお店でお茶でもしようと思って向かったのですが、何と!9月初旬は臨時休業。^_^;
池田屋 (12)

そこで気を取り直して、お店を見てまわり反魂丹を買い求めました。薬の説明を聞いていると反魂丹の中心成分は昔は熊の胆だったようですが、いま牛の胆を使用しているようです。

池田屋安兵衛商店
富山県富山市堤町通り1-3-5
TEL 076-425-1871
9:00~18:00(薬都は11:30~14:00)
無休(但し年末年始を除く)
薬都は水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

単に洋食と言うと、日本で独自に進化したような和風洋食をイメージする方も多いと思います。

西洋料理という呼び方もあって、この場合は西洋から入ってきた料理の総称的なイメージかもしれません。また、これらを称して「洋風料理」という呼び方をするケースもあるでしょう?

さて、今日紹介します白山市の旧松任市内にある「欧風食堂カンティーヌ」は、冠に「欧風食堂」と書かれています。

この「欧風」料理というのは、欧州、つまりはヨーロッパ料理の総称を指しているものと考えられますが、ヨーロッパといっても広いので国によってはまったく料理の味が違ったりします。

まぁ、通常はイタリア、フランス、スペインあたりの、地中海沿岸地域の料理を指しているものと思いますが……。
欧風食堂カンティーヌ

「欧風食堂カンティーヌ」は、松任にある千代野建設のビルの1階に、6月13日オープンしています。

建築会社にしては、と書いたら失礼かもしれませんが、おしゃれなビルです。
欧風食堂カンティーヌ (3)

こちらのお店は、前に行こうと思っていたら、ちょうどテレビで紹介されたので、しばらくは混雑しているかな?と思い間をおいていました。

我々は、9月のとある土曜日のランチタイムにお邪魔しました。
欧風食堂カンティーヌ (7)

内部は、明るく、料理は欧風ですが、イメージは「ニューヨーク ブルックリン スタイル」なようです。カウンター席はオープンキッチンで調理の様子を見ながら食事をすることが出来ます。

ご夫妻でしょうか?お二人で切り盛りされていました。
欧風食堂カンティーヌ (4)

ランチメニューはランチプレート(税込1,000円)とパスタセット(税込1,200円)。あとランチコース(税込2,800円)の3種類。

ランチプレートは、季節のスープ、ライス、メイン、ドリンク。パスタランチは前菜、パスタ、パン、ドリンクが付いています。

この日のランチプレートは、チョイス出来るメインが2種類とも肉料理でした。^^;

どうも、ランチプレートは肉メニューが多いようですね。

そのため、私はパスタセットをチョイスしました。パスタは5種類から選ぶことができ、内容も適時変わります。
欧風食堂カンティーヌ (8)

まず出されたのは前菜の盛り合わせ。

なかなかボリュームがありました。野菜中心でヘルシーな感じです。サラダに使われている野菜は地元の野菜が使われていますが、あまり見かけない葉っぱものも入っていました。

そして、欧風料理のお店ですが、胡麻豆腐も入っていました。

ドレッシングが変わっていて、ピンク色の紫玉ねぎやビーツを使っているようです。

野菜もドレッシングも説明がなかったので詳細はわかりません。
欧風食堂カンティーヌ (10)

こちらのスープは+100円の別料金です。さつまいものポタージュスープで、さつまいもと乳製品の甘みがありました。
欧風食堂カンティーヌ (12)

そしてパスタは、私はこちらの「豆苗とベーコンのトマトパスタ」をお願いしました。
欧風食堂カンティーヌ1

こちらもボリュームがあって、トマトの酸味とうま味がきいているソースもたっぷり。美味しかったです。
欧風食堂カンティーヌ (13)

妻のほうは「カラスミ風味のペペロンチーノ」。ニンニクの風味もきいていて、こちらも美味しかったようです。
欧風食堂カンティーヌ (11)

出されたパンも2種類で、このソースを付けて食べると美味しいですよ。

また、パンに添えられたオリーブオイルにドライトマトを漬けこんでいます。アンチョビの風味もしました。これはよかったです。
欧風食堂カンティーヌ (15)

ドリンクは私は紅茶。妻はコーヒーです。
欧風食堂カンティーヌ (14)

こちらのデザートは+300円。ジェラート、フルーツ(いちじく)、ガトーショコラです。

お値段もお手頃な1,000円で食べることが出来るランチプレートは、平日のランチ時間が1時間しかないビジネスマンにも、ワンプレートでスピーディに出されるので、重宝するかもしれません。おすすめです。ご馳走様でした。

欧風食堂カンティーヌ
石川県白山市倉光6-25
 サクセス144ビル1F
TEL 076-276-2767
ランチ11:30~16:30(L.O) 
※ランチメニューはL.O14:30
ディナー18:00~21:30(L.O)
月曜・第1火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回は富山のご当地グルメ「ます寿し」紹介シリーズです。

小松に住むものとしては、昔「ます寿し」といえば「源」の商品ぐらいしか食べたことがなかったので、富山でこんなに多くのお店が「ます寿し」を作っているとは知りませんでした。

私のブログでも何軒か紹介してきましたが、有名大企業の「源」から、小さな家族経営のところまで色々ありました。

今回紹介する「大多屋」は、後者の小さなお店で、富山の中心街から少し南に行ったところにあります。

地元では人気の一軒で、古くから常連のファンの方が多いお店なようです。

鱒が一重(1,350円)のと二重(2,630円)の商品。そして「包み鱒の寿し(1,980円)」といって鱒がシャリを巻き込んでいるタイプの商品があります。

今回私は、「包み鱒の寿し」を一度食べてみたいと思っていたので、それを朝のうちに電話で予約を入れておいて、お昼ごろに取りに行きました。
大多屋 (2)

お店の外観です。
大多屋

こちらが内部です。写真撮影の許可を頂き写します。小さなお店です。

そして家に帰って夕飯に家族で食べました。
大多屋 (3)

こちらがパッケージです。

開けると、他のお店の「ます寿し」とはちょっと違って、押し棒と呼ばれるタイプのもので桶を挟んであります。
大多屋 (4)
大多屋 (5)

こちらのお店の「ます寿し」は、化学調味料、合成保存料、着色料などを一切使用せず、減農薬栽培米の富山県産コシヒカリが材料となっているこだわりの「ます寿し」です。もちろん手作りですね。
大多屋 (6)

先ほども書きましたが、「包み鱒の寿し」はご飯を鱒の身で巻き込んであるタイプの寿しで、鱒の美味しさを堪能できる「ます寿し」でした。

味的には、ソフトな感じの食べ応えと味で、優しい上品な「ます寿し」だったと思います。ご馳走様でした。

大多屋
富山県富山市西中野町2-19-11
TEL 076-425-5100
8:00~売り切れ次第終了
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ