あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

小松市瀬領町の「里山健康学校せせらぎの郷」が4月29日にリニューアルオープンしています。

ここは、露天風呂もある温泉(浴場)や人工芝グラウンド、バーベキュー場などの施設が完備されていて、小松市民の憩いの場となっています。

私も2~3度利用したことがありますが、残念ながら最近は行かなくなりました。
せせらぎの郷 (31)

今回、久しぶりに行き、新しくなったレストラン「ビュッフェ・こまつせせらぎ」でランチを食べてきましたので紹介したいと思います。

リニューアル前にも、ここ「せせらぎの郷」の中には「せせらぎ食堂」というのがあって、おにぎりやうどんなど軽食類を食べたり、お風呂上りにドリンク類を飲んだりすることが出来ましたが、まぁ、簡易的なものでした。

今回のリニューアルで、本格的なビュッフェスタイルのレストランに生まれ変わっています。
せせらぎの郷

今まであった建物の裏手というか横というかに、ご覧のように新築で建てられています。新築なのできれいです。
せせらぎの郷 (29)

そのコンセプトは「食育を中心とした地元の新鮮な農産物を使用したブュッフェ形式レストラン」ということで、小松市シルバー人材センターの女性会員でつくる「せせらぎ・グランマ」が腕を振るうレストランとなっています。
せせらぎの郷 (28)

今回のリニューアルにあたっては、ANAクラウンプラザホテル金沢総料理長の川上 清氏や東京南青山のIKI-BAのシェフ塚本亮介氏ほか、著名な料理関係者の方の指導受けてメニューなどが開発されています。

個人的にはホテルの朝食で食べる以外は、あまりビュッフェスタイルのお店にはあまり行きませんが、今回、一人でランチを食べに出かけてきました。

行ったのは平日。所用で午後からお休みを頂き、そのまま直行。少し遅めのランチタイムでした。
せせらぎの郷 (3)

中に入ると、ほぼ女性のお客様ばかり。皆さん、グループで来ていらっしゃいます。
せせらぎの郷 (7)

予想していたよりも中は明るく開放的で広く、多くの人が食べることができる席数でした。

料金はウェブでは大人一人1,300円。ドリンクバーとデザート付で1,500円となっていましたが、何故か、何も聞かれずに1,350円でした?ただ(ミニ?)ドリンクバーと(プチ)デザートが付いていました。あと電子マネーも使用できたのがよかったです。

ビュッフェなので一応食べ放題なのですが、時間制限90分です。もっとも、90分なんてそんな長い時間食べ続けるのは私には不可能です。

平日の遅めの時間帯だったので、料理もあまり残っていないんじゃないかと心配していたのですが、そんな心配は一瞬で吹き飛んでしまいました。

料理の内容は、和・洋・中華、多くの品数も並べられています。
せせらぎの郷 (6)

写真右側が野菜やポテトなどのサラダ類にカプレーゼなどのイタリアンなど。左側には手前が中華。奥には和食系の品が並んでいました。
せせらぎの郷 (5)

自家製のお豆腐。
せせらぎの郷 (12)

ピッツァや小松うどんもありました。
せせらぎの郷 (4)

もちろん、パンやご飯、味噌汁、カレーもありましたが。炭水化物は極力控えめに。^^;
せせらぎの郷 (9)

何となく中華系のメニューが充実しているような印象も。
せせらぎの郷 (10)

スモーク料理なんてのもありました。
せせらぎの郷 (25)
せせらぎの郷 (24)

それほど種類は多くありませんが、デザートとドリンク。
せせらぎの郷 (16)

そんな中から私が盛り付けてきたのは、こんな感じです。

少しずつ色々な種類を楽しめるのはいいですね。
せせらぎの郷 (22)

サラダ。
せせらぎの郷 (19)

ピッツァと燻製玉子。
せせらぎの郷 (18)

麻婆豆腐。
せせらぎの郷 (17)

小松うどん。

あ~ぁ、いつも通り取りすぎの感も……?^^;
せせらぎの郷 (23)

デザートにウーロン茶です。

味の方も、一流のシェフが監修して、ベテランの奥さま方が調理をしているので、安心して食べることが出来ます。美味しいです。

どうしても取り過ぎてしまって食べ過ぎになってしまうので難点といえば難点ですね。^^;

90分どころか30分でお腹が一杯になってしまいました。1,350円でこのクオリティとボリューム。味的にも満足でしました。少し市街地から離れているので、それほど頻繁に行くことは出来ませんが、おすすめのランチであることは間違いありません。ご馳走様でした。

里山健康学校せせらぎの郷
食育レストラン ビュッフェ・こまつせせらぎ
石川県小松市瀬領町丁1-1
TEL 0761-46-1919
平日ランチ11:00~14:00
ティータイム10:00~11:00,14:00~16:00
月曜、年末年始12月29日~1月3日休
(浴場は12月31日~1月2日休)
※月曜が祝日の場合は火曜


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

言わずと知れた粉もん文化の地、大阪。

お好み焼きは広島などとも覇権?を争っていますが、こと「たこ焼き」となると大阪は他地域を寄せ付けないほどの強さを誇っています。

ミナミの中心地、なんば・道頓堀などを歩くと、至るところにたこ焼き屋さんが軒を連ねているほどです。

私が大阪に住んでいた5年前も確かにたこ焼きのお店も多かったのですが、これほど外国の方がたこ焼きを買い求めているわけではなかったです。

最近の海外からの観光客の増加に伴い、たこ焼き屋さんに行列を作っているお客の様子を見ていると、めちゃめちゃ外国人の数がいますね!?びっくりです。たこ焼きも国際的な食べ物になったのかな?

お店のよってはそんなお客さんの変化に応じて韓国(在日?)の方を雇っていたりします。

さて、久しぶりに道頓堀近くのホテルに宿泊した夜、一軒目を居酒屋で、そして〆をたこ焼きで!ということで行ってきました。

大阪でたこ焼きを食べるのは本当に久しぶりです。といいますか、粉もん自体を食べるのも久しぶりといえば久しぶりなのでした。^^;
あっちち本舗 道頓堀店 (6)

我々が入ったお店は「あっちち本舗 道頓堀店」という、西成に本店があるお店です。

西成といえば粉もん発祥の地であり、そこで生まれたたこ焼きの有名なお店が「あっちち本舗」なのです。

雨が降っている平日、多くの人が雨の中順番待ちをしていました。我々もその順番に並びます。10分ほどかかりましたが、我々の番です。

4名で行ったので、3種類ほど頼んで、みんなでシェアすることにしました。
あっちち本舗 道頓堀店 (2)

頼んだのは、まずは一番ベーシックな「ソース」。
あっちち本舗 道頓堀店 (5)

そして、お店の一番人気だという「しょうゆマヨネーズ」。
あっちち本舗 道頓堀店 (4)

あとはさっぱりと食べることが出来る「ポン酢」です。何れも9個入って税込500円です。ちなみにネギはサービスなので遠慮なくお願いしましょう!
あっちち本舗 道頓堀店 (3)

なお、地下にはイートインできるスペースがあります。

ここではたこ焼きを焼くのは銅製の鉄板ではなく、あえて技術が必要な鉄製の鉄板を使用することで、極限まで薄くカリッとした皮とやわらかいトロっとした中身のたこ焼きを作っているとのこと。また、使用するタコも冷凍物を一切使用せず生ダコを使用しているようです。

生地にはたっぷりのカツオダシをきかせていて、美味しいです。やはり人気のお店だけあります。

人気のお店なので、常に焼きたてのたこ焼きを食べることが出来るのですが、焼きたてゆえにやけどに注意が必要ですね。

私ももう一歩でやけどしそうになりました。^^;

たこ焼きも、本当に久しぶりに食べましたが、やっぱりたこ焼き、好きですね!(笑い)

そうそう!もちろん生ビールも一緒に頼んでいますよ!

最近、粉ものを何となく遠慮してあまり食べなくなりましたが、たまには美味しいたこ焼きもいいと思いました。ご馳走様でした。

あっちち本舗 道頓堀店
大阪府大阪市中央区宗右衛門町7-19
TEL 050-5868-5078(予約専用)
06-7860-6888(問合せ専用)
日~木・祝10:00~翌2:00
金・土・祝前9:00~29:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

小松の市街地から少し山の方に向かったところにある小松市八幡町。

ここにはやわたメディカルセンターや北陸体力科学研究所ダイナミックなどがあり、私も昔は毎週のように通っていたことがありまが、今は行っていません。^^;
パンの朝顔 (2)

さて、そんな場所に新しくオープンしたパン屋さん「パンの朝顔」。お隣というかくっついている、おでんとおばんざいのお店「味処あさぶ」には2度ほど行ったことがあります。

出汁がしゅんだおでんや肉じゃがが入った「あさぶコロッケ」などが美味しいお店でした。もう12年以上も前の話です。^^;

さて、「パンの朝顔」のオーナーは、その「味処あさぶ」の女将さんの息子さんがオープンさせたお店なのです。お店は「味処あさぶ」に増築して作られています。
パンの朝顔 (10)

北陸放送で毎週水曜日の19時からやっている「絶好調W」で紹介されていました。
パンの朝顔 (14)

テレビで紹介された後、突然お店のミキサーが壊れてパンが作れなくなったようで、しばらく大変だったようです。

番組で紹介されていたのは朝顔・昼顔・夕顔と3種類の食パン、ポテトサラダのハンバーガー、国産牛スジ煮込みのカレーパンでした。

惣菜パンに使われているポテトサラダや牛スジなどは、お母さんのお店で仕込まれたものを使っているとのことです。

ただ残念ながら牛スジが苦手なので、今回は牛スジカレーパンを買い求めることはしません。

私がお邪魔したのは14時少し前。ハード系から惣菜パンまで比較的多くの種類のパンが並んでしました。
パンの朝顔 (3)

ウリの食パンも多く並べられていますね。

食パン。朝・昼・夕の3種類も作っているのは素晴らしいです。
パンの朝顔 (8)

朝顔は小麦本来の甘さを引き出し、昼顔は甘さ控えめのもっちりとした食感、夕顔はそのままふわふわで食べてもトーストしてサクサクで食べても良し!といった特徴があるようです。
パンの朝顔 (13)

ラッキーにもその3種類を一切れずつ試食でいただくことが出来ました。

私はほとんど食パンを食べることがないので、これらは妻の胃袋に。もっとも食べても味の違いは私にはわからないでしょうが……。
パンの朝顔 (17)

私が買い求めたのは、「ツナオニオン(180円)」。クリーミーなソースで美味しかったです。
パンの朝顔 (16)

「ダブルチーズのまんまるフランス(180円)」は濃厚なチーズ味。夜、ワインを飲みながら食べてもOKな感じでした。
パンの朝顔 (15)

「ゆず味噌ベーコンエピ(220円)」。ゆず味噌のベーコンは変わっていますね?
パンの朝顔 (11)

あと「ミニ食パンレーズン2分の1(190円)」の4種類でした。

さて、小松のパン屋さん、最近新店やリニューアル移転など「風雲急を告げる」ような状況になっています。その中で「パンの新顔」、違った「パンの朝顔」。^^; なかなか個性あるパンを作っているお店です。

場所が少し遠いのとメイン道路から少し入ったところにお店があるので、立地的には厳しい感じがしましたが、何となくはやりそうな予感がするパン屋さんでした。ご馳走様でした。

パンの朝顔
TEL 0761-47-1330
石川県小松市八幡癸125
8:00~18;00
日曜、第1・第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ