あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

6月初旬にミシュランガイドの富山・石川版が発刊された。石川県では、2つ星が9店、一つ星が21店選ばれている。

残念ながら石川県では3つ星は該当なしだった。うわさでは、「つる幸」と「めくみ」が獲得するのではないか?とささやかれてはいたのだが……?

私は、あまりミシュランや、お店の格付けそのものに興味がある方ではなく、今回もミシュランガイド富山・石川(金沢)版を、いまだ買うどころか、手に取って見たこともない。^^;

所詮、書く人の主観であるべき内容を、組織的に格付けするということ自体が、どこか腑に落ちないからだ。

私のブログも、あくまでも主観で勝手気ままに書いているものなので、参考にしていただければ幸いだし、参考にならないと思う人もいるのでそれはそれ、と思っている。

と、かっこよく書きだしたが、このあたりで本題。今日紹介するのは、そんなミシュランガイド富山・石川(金沢)版でめでたく星ひとつ獲得したお店「レストラン エンヌ」である。
エンヌ (2)

前は、同じ場所、同じスタッフで「アニバーサリーレストランベージュ」というお店だったのだが、シェフの西山昭二氏が独立されて、ほぼそのままの形で店名を「Restaurant N(レストラン エンヌ)」と変え、昨年11月にオープンしたのだ。
エンヌ (4)

お店は去年の11月オープンということで、本当であれば、今回のミシュランガイド富山・石川(金沢)版には対象外となるはずだが、同じ内装、同じスタッフで、そのまま引き継いだからか無事掲載されている。

私は「アニバーサリーレストランベージュ」のときにもお邪魔したことがあり、そのときのことははこちらに書いている

さて、6月のとある土曜日のランチにお邪魔したが、こちらのお店は昼夜ともコース料理は前日までの完全予約制となっている。(夜は20:30以降はアラカルトもokなようだ)

ランチは週末の金・土・日のみ。3,500円と6,500円の2種類が設定されている。2年前のベージュのときは1,600円のメニューAと、2,300円のメニューBの設定だったので、値段は上がったようだ。
エンヌ (7)

今回我々は3,500円のコースでお願いした。そして、お昼だが白ワインを一杯ずつ頼んでしまった。^^;
エンヌ (9)

まず最初に出されたのは、金沢港のアオリイカにカリフラワームースがかけられたもの。私は肉が苦手だということを伝えてあったので変えてくれた。
エンヌ (8)

本来であれば、こちらの妻が食べた「豚肉のパテとオリーブ」が出される予定だった。
エンヌ (12)

そして次に出されたのが「メジマグロと夏野菜のガスパチョ仕立て」。メジマグロはこちらも地元金沢港で水揚げされてもの。これからの夏用のメニュー向きに少し酸味のきいたソースが美味しい。
エンヌ (16)

メインは私のほうは「カサゴの甲殻類泡ソースとかぼちゃのピューレ、加賀野菜のグリル添え」。ほんのり甘みと甲殻類の旨味がマッチしていて、こちらも美味しい。

ヤングコーンはひげまで美味しく食べられる。あと、食材も地物にこだわっていた。
エンヌ (17)

妻のほうは「三河ポーク焼き、肉汁のバスソース2種類、加賀野菜のグリル添え」。ジューシーに焼きあげられたポークは柔らかくて、肉汁ソースも旨みたっぷりだったようだ。
エンヌ (15)
エンヌ (13)
 
バゲットも美味しかったが、ベージュのときは「Boulangerie YAMANEKO(やまねこ)」のものを使っていたが、いまもそうなのかな?
エンヌ (20)

デセールは「ショコラのテリーヌと自家製アイス、マスカルポーネ」。ショコラは高級なのを使っている感じがする逸品で甘さとビターな感じがほどよい。
エンヌ (23)

飲み物はコーヒーか紅茶がチョイス出来る。
エンヌ (22)

紅茶のほうは2年前はポットに入れられて出されたが、今回はカップで。

以上でコースは終わりである。

最後、お勘定を済ませて店を出るとき、シェフを含め全員で見送りに出てくれた。サーブも丁寧だったし、気配りもきいていた。

そうそう!スタッフの方にミシュラン星取得後の影響をお聞きしたが、少しはあったということだった。ちなみに、我々の後ろに座っていた客も、会話からミシュランを見て来たようだった。

金沢の場合、鮨店や和食系のお店は、ミシュランガイドを見てわざわざ県外から来る客も相当増えていると思うが、フレンチの場合はあえて東京や大阪から、ここを目的に訪れる人は少ないだろう?ミシュランガイドで星を獲得しても増えるのは地元のお客さん中心なのかもしれない。

「アニバーサリーレストランベージュ」ときからはランチの値段が上がったのが残念だが、さすがミシュランで星を獲得しただけあって、全体的なバランスがいいお店だと感じた。ご馳走様でした。

Restaurant N(レストラン エンヌ)
石川県金沢市本町2-1-2
TEL 050-5590-2287(予約専用)
076-213-8118(問合せ専用)
コース料理は前日までの完全予約制
ランチ12:00~L.O.13:30(金・土・日のみ)
ディナー18:00~L.O.22:30(コース L.O.20:00)
水曜休、月一回不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング       

北陸に住んでいると、毎日新鮮な魚介を自宅でも食べることが出来る。

そのため、大阪や東京などに出張で行っても、あまり「魚が美味しいお店」という紹介には食指が動かない。

しかしながら肉が苦手な者としては、魚のお店のチョイスが必然的に多くなってくる。その場合、やはり美味しそうなお店をネットで検索して探し出すことになるのだが、最近は食べログをはじめ、色々な口コミサイトがあって、お店の内容をかなり詳しく知ることが出来るようになってきたため、当たり外れが少なくなってきたと思う。
スタンドふじ本店

さて、この日もランチをどこで食べようかとネットで事前に探し出していたのが、今日紹介する「スタンドふじ 本店」という水産会社直営のお店である。

やはり「水産会社直営」というフレーズが決め手である。「旬海鮮が安いだけの店」というキャッチフレーズも大阪っぽくていい。
スタンドふじ本店 (4)

あと、これは大阪のお店ではよく見かけるポップ類も、さすが大阪と言った感がある。思わず笑みがこぼれる。

ここは基本は居酒屋ということで夜がメインのお店だが、お昼も美味しい魚料理を求めて多くのビジネスマンで賑わっているようだ。

さて、私はランチ時に混みそうなお店には、少し早目の時間帯に行くようにしている。この日も11:45頃にお店到着。奥の席に案内された。
スタンドふじ本店 (3)

お店の名前に「ふじ」が入っているので、壁に赤富士が描かれている。でも、ここは大阪である。(笑い)
スタンドふじ本店 (2)

ランチメニューの種類は、基本こちらの4種類。あと入口の黒板メニューもいくつかある。
スタンドふじ本店 (11)

私は、その中から入口に掲示されていた「焼魚定食(880円)」を頼むことにした。
スタンドふじ本店 (5)

出されたのがこちら。ボリュームたっぷりである。
スタンドふじ本店 (7)

焼魚は笹がれいの一夜干し。
スタンドふじ本店 (6)

豆腐と野菜の揚げ出し、
スタンドふじ本店 (8)

刺身(たたき)、漬物、かつおと昆布お吸い物が付いてくる。かつおのたたきが大きな切り身だった。

ご飯も含めてボリュームが多かったので、ご飯は残してしまった。

一緒に行った人は「魚屋丼(800円)」と「ふじのジャンボ定食(800円)」を頼んでいた。
スタンドふじ本店 (9)

「魚屋丼」はお店のオリジナル丼で、魚介と山芋、ネギ、卵の黄身が乗せられている。最後にお茶漬け用のかつおだしをかけて食べるようになっている。
スタンドふじ本店 (10)

「ふじのジャンボ定食」のほうは、洋食屋さんのような定食で、大きな海老フライ、メンチカツ、クリームコロッケが付いてくる。800円という値段がお得感がある。

スピーディに頼んだものが運ばれてきて、忙しいビジネスマンにとっては、コスパも良くお腹も間違いなく一杯になるので、人気があるお店なのだろうと思う。

あと、こちらは通し営業で昼間からお酒を飲めるようで、たぶん、そんな使い方をする人も多いのではないか?

ご馳走様でした。

スタンドふじ 本店
大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-1
 ルシアスビルB1F
TEL 050-5872-3873(予約専用)
06-6648-8022(問合せ専用)
11:00~23:00(L.O.22:00)
無休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング     

この場所は「もも屋」という居酒屋があった場所である。
おとと屋 (19)

いつの間にか「もも屋」が閉店していて、いつの間にか「おとと屋」が出来ていたという感じだ。「もも屋」が閉店したのは残念だが、小松駅前も新しいお店が色々出来てうれしい。
おとと屋 (3)

ほぼ居抜きで使っているのかな?カウンター、テーブル、小上がりの席があって、駅前の立地ということもあって、一人でも家族でもグループでも、多様な使い方が出来そうだ。「もも屋」にもだいぶ前に行ったことがあるが、中がどうだったか、もう忘れてしまった。^^;

お店の方に聞くと、経営は「もも屋」とは関係ないとのこと。何と!小松駅前の「焼鳥 浪漫亭」と同じ系列店なのだそうだ。えっ!焼き鳥屋さんが海鮮のお店?と思ったが、うまけりゃいいのだ。

「海鮮酒場 おとと屋」へは、6月のとある週末に、妻と一緒にオーケストラアンサンブル金沢の定期公演を聴きに行く前に行ってきた。
おとと屋

ビールを飲むとコンサートの途中でトイレに行きたくなると困るので、珍しく私はハイボールでスタート。妻は冷酒である。
おとと屋 (5)

「チャンジャ(480円)」を頼み、ちびりとやり始める。
おとと屋 (11)

こちらは「キトキト日本海ユッケ(680円)」。卵の黄身を絡めて食べる。おいしい。
おとと屋 (10)

野菜も取りたかったので「海鮮サラダ(780円)」も頼んでみた。魚介たっぷり。

「海鮮酒場 おとと屋」は浜焼きがウリなようで、これも早々に頼むことに。
おとと屋 (6)

浜焼きといえば思い出すのが牡蠣。殻のまま七輪に乗せ、焼きあがるまでしばし待つ。
おとと屋 (9)

焼きあがったら、そのまま何もつけずに食べるが、磯の香がしてジューシー。
おとと屋 (15)

牡蠣は1ピース380円~となっていたが、「~」マークが微妙かも?^^;
おとと屋 (18)

同じく七輪で、「イカわたホイル焼き(680円)」も。焼きあがると中はこんな感じに。わたのほんのりとした苦みが活きている。
おとと屋 (12)

「海鮮帆立船の能登いしる焼き(680円)」は、ホタテの貝殻を帆立船に見立てているのか!?しかし、いしる独特の匂いが酒をすすめさせてくれおいしい。

アルコールは、お酒を一杯ずつお代わりして、お会計は二人で計7,100円ほど。思ったより安かった。なかなかお勧めである。魚がウリのお店なので個人的にもうれしい。ご馳走様でした。

小松駅前海鮮酒場 おとと屋
石川県小松市土居原町177
TEL 0761-22-5884
17:00~

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング      

このページのトップヘ