あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

昨今、「食」にまつわるイベントが花ざかりです。

特に食欲の秋のシーズンは、毎週のようにどこかしこでイベントが催されています。ただ残念なのは、そのほとんどが金沢での開催だということです。

そのため小松に住む私は、それほど行くこともできないのですが、今日は「サケマルシェ」と「パンマルシェ」に出かけてきました。

まずは、しいのき迎賓館で開催の石川県の日本酒の蔵元が参加する「サケマルシェ」。

近年は毎年恒例で石川の地酒と美食の祭典「サケマルシェ」として定着してきました。
サケマルシェ (22)

ただ、昨年までは石川県酒造組合が主催でしたが、今年は金沢倶楽部が主催しています。運営の方向性は変わらないようですが、今回は今日一日のみの開催。なのに1万人ほどの来場者があったようです。^^;
サケマルシェ (4)

私が会場に着いた14時少し前は凄い人でした。

どこも人・人・人。参りました。^^;

どこのお店も行列が出来ていて、人気のお店では長蛇の列。この時点ですでに食べ物が売り切れのお店もあって、来年以降は検討の余地がありそうですね。
サケマルシェ (28)

寿司はおなじみの顔ぶれ、鮨処あいじ 鮨みつ川 千取寿司 太平寿し。光川さん、頑張って握っておられました。

和食では天ぷら小泉や旬房 さかい、そして居酒屋酒と人情料理いたる、酒屋 彌三郎。洋食系ではアロス、ウーヴァ ウーヴァ、BACARO、ラ・ヴィータ。ひらみぱんや、ピッツァのサリーナなども出ていましたね。

人気店が勢ぞろいです。
サケマルシェ (18)

いたるさんも、頑張っていました。
サケマルシェ (24)

まぐろの解体ショーなども担当されていましたよ。

肝心の日本酒ですが、もちろん、県内の酒蔵はすべて出そろっていましたよ!
サケマルシェ (5)

私はその中から、まず小松の蔵元、神泉の東酒造へ。私のブログではおなじみです。
サケマルシェ (8)

今回は普段あまり飲まない特別純米をチョイスしてみました。すっきり辛口です。

あと、手取川のあらばしり大吟醸生酒。こちらもすっきりとしたのど越しでしたね。
サケマルシェ (13)

その後、バーテンダー協会石川県支部のところへ。
サケマルシェ (14)

私はサケトニックを。つまみがなくても、すっきりと飲めました。
サケマルシェ (17)

妻は石川支部公認カクテル「華雅」を頼んでいました。こちらは少し甘めのカクテル。
サケマルシェ (19)

あと、こちらの「プレミアムSAKE」のコーナーに行き、「長生舞の超古大吟20」と飲んでみました。
サケマルシェ (21)

琥珀色で、またシェリー酒のような味で、ちょっと甘めでしたが、なかなか美味しかったです。
サケマルシェ (33)

食べたものは、こちらは、ラ・ヴィータの「カラスミのタリオリーニ」です。縮れ麺にカラスミが絡んで、日本酒にも合う味になっていました。
サケマルシェ (11)

チーズとワインの会でもお世話になった「ミモレット」で、パルミジャーノ・レッジャーノを。
サケマルシェ (10)

こちらも意外と日本酒に合いますよ!

あと、企画ブースなんてのもあったりして、色々美味しそうなお店がたくさん出ていました。
サケマルシェ (9)

松葉屋の那谷くんが北陸チャリティーレストランの一員として、パティスリーオフクのブースの一角で「蛍丸サイダー」の販売をしていました。チャリティで全額寄付されるようで、私も一本その場で頂き、一本はお土産にしました。一本300円で全額、熊本に寄付されるようです。
サケマルシェ (37)

那谷くんはいつもボランティアで頑張っています。しかし食べすぎです。もう少し痩せたら…。(笑い)

美味しい料理と美味しい日本酒を一堂に楽しむことが出来るこのイベント。一年に一回の楽しみです。今後も継続してほしいと思いますが、この混雑、来年は何とかしてほしいものです。

でも、イベントに関わった皆さん、大変お疲れ様でした!
 
パンマルシェ (2)

お次は「金沢パンマルシェ2016」。香林坊アトリオ前広場で29、30日の両日開催されていて、小松からも、私のブログで一昨日紹介しましたメティサージュが出店していました。

あと、こちらも昨日紹介しました山中温泉の「山羊パン」も明日出店しているようです。

石川県というのは米どころとして知られていますが、実はパンの消費量も多いのです。金沢市は全国上位にランクインされているのです。

確かに小松にも多くのパン屋さんがしのぎを削っています。
パンマルシェ

人気のお店は、早い時間に売り切れになっているパンも多く、遅い時間に行くと食べたいパンが無かったりします。
パンマルシェ (4)

さて、私が会場に着いたのは15:10ごろ。その頃はだいぶ売り切れていて、買い求めたのはこちらの野々市のブレッドハウス・エピの「じゃが塩フォカッチャ」で1個200円でした。まだ食べていません。^^;

明日もパンマルシェやっていますので、ぜひ、皆さんも行ってみてください。

■10月30日(日)11:00~13:00
・アルムの森
・古川商店
・Ouka
・八橋パン
・まるしゅ
・ベイビーブレッド
・山羊パン

■10月30日(日)14:00~16:00
・アルムの森
・古川商店
・ふらんじゅ
・メープルハウス
・HUG mitten WORKS
・310(さと)
・はたなかみきお

金沢パンマルシェ2016
明日10月30日が最終日です。
11:00~13:00、14:00~16:00
※小雨決行(荒天の場合は中止)
香林坊アトリオ前広場(石川県金沢市香林坊1-1-1)
主催は金沢中心商店街まちづくり協議会

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

山中漆器の塗師であり、篠笛の名手でもある「ぬしや」の八木繁さん。

漆工房ぬしや」という工房で、山中漆器での塗り工程では長年の経験を生かした作品作りでご活躍されています。

また、息子さんは「金継ぎ」という、割れたり欠けたりした陶磁器を漆で接着し、金で装飾をほどこす日本古来の修復方法でも売出し中です。テレビ朝日系列の10月8日放送の「朝だ!生です旅サラダ」という番組でも紹介されていました。

八木家では毎年、そばの会を催しておられ、私も毎年ご招待されていますが、ここ最近は予定が合わずに出席できていないのです。^^;
13-3

あと、我々夫婦の結婚披露宴でも、趣味が高じて生徒さんをとるまでになった篠笛を披露してくれました。20年ほどのお付きあいになりますが、本当にいつもお世話になりっぱなしの八木さんなのです。

その八木さんの娘さんが、今年9月に実家のお隣で新しくパン屋さんをオープンさせました。その名も「山羊パン」!

山羊=八木?^^; なるほど……。

大阪でも修業されていたことがあって、私が大阪に住んでいるときにも、そのお店で買い求めたことがあります。
山羊パン

今回、地元に戻ってきて新しくオープンさせたお店は、自宅のとなりの車庫だったところを改装しています。
山羊パン (15)

お兄さんが内装をやったようですね。

場所は通り沿いではないので目立たないのですが、すでにうわさがうわさを呼び、知る人ぞ知るお店になっているようです。

さて、私がお邪魔したのは、とある土曜の13時半過ぎ。この時点ですでに、だいぶパンの種類・数が少なくなっていました。^^;
山羊パン (5)

それに、目の前にいるお客さんが、残っているパンをどんどん買っていかれるので、我々が買う分がなくなるのではないかと心配でヒヤヒヤして待ちました。
山羊パン (23)

ほとんどお一人でパンを作っているため、なかなか追いつかないようです。結果、夕方にはほとんどなくなっているようです。
山羊パン (4)

お店で売られているパンは、ハード系のパンが多く、物によっては量り売りのパンもありました。1g単位です。
山羊パン (16)

買い求めたのは、こちらはクルミ入りバケットの「リュスティックノア(400円)」です。

軽い感じで焼きあげられています。くるみがいい仕事しています!
山羊パン (20)

こちらは、「パンコンプレフリュイ」で1g2.5円と量り売り。パンコンプレにアプリコット、レーズン、イチジク、プルーンを錬りこみ、3枚にスライスしてもらってこれで445円でした。つまり178gあったということです。果実類がたっぷり入っています。
山羊パン (21)

ちょっと変わった形のこちらは、その名もズバリ「いちじく(300円)」パンです。

石臼挽全粒粉の生地に、オーガニックのドライイチジクをルイボスティーで炊き上げて練りこんであります。形もいいですね。

次の日でも美味しく食べれるしっとり感を大切にしていて、「翌日一番美味しいパン」を目指しているようです。ほんとうにふわっとしていて、もっちりしているパンでした。

ただ、中はいいんですが、さすがにうちの母には外側は硬かったようです。^^;
山羊パン (17)

あと、山羊パンのおやつとして、こちらの十勝ブランのスコーンの「いちじく(150円)」を2個プラスで買い求めました。

もうすでに人気店として認知されてきていますが、買いに行かれる方は早目の時間をおすすめします。

近々、カフェも併設するようです。楽しみですね。ご馳走様でした。

山羊パン
石川県加賀市山中温泉長谷田町リ-313
0761-78-0252
火~金10:00~18:00
土日祝10:00~16:00
パンが売切れ次第、閉店
月曜・第1・3日曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

10月29日(土)と30日(日)の2日間、金沢香林坊アトリオ前広場で「金沢パンマルシェ2016」が開催されます。

それを記念して、今日と明日の2日間、小松と金沢の人気のパン屋さんを2軒紹介したいと思います。2軒ともパンマルシェに出店します。

まず今日は小松のパン屋さんから。

ここは小松でも有名なパン屋さんなので、いまさら紹介する必要もないかもしれません。
 
私も、前に一度ブログで書いたことがありますが、店名の「メティサージュ」とはフランス語で「交流」とか「混ざる」という意味で、フランス出身のアンデルス・ゲイトウさんが、奥さんの実家のある粟津の地で2008年にオープンさせたお店です。

我が家から少し離れているため、あまり買いに行くことはありませんが、今回、たまたま粟津に用事があり、ついでに立ち寄りました。
メティサージュ (8)

ここは元々は雑貨屋さんだったか、小さなスーパーだったかな?その空き店舗を、フランスぽい?というのかな?きれいにリノベーションして使っています。

粟津温泉の街中も、温泉旅館がだいぶ廃業になったりして寂しい感じになってきましたが、そんな中にあってお店は、鮮やかな2色のブルーのカラーリングが目に鮮やかで目立ちます。

中に入ると、売り場からパンを作っているところを見ることが出来ます。
メティサージュ (6)

多くの種類のパンが並んでいて、どれを買い求めようか悩みました。写真に写っているオーナーブーランジェのアンデルス・ゲイトウさんも微笑んでいますね。
メティサージュ

そんな中から、今回は3つ買い求めました。クロワッサンが美味しいことで有名ですが、今回も買い求めませんでした。^^;
メティサージュ (13)

その中から私が食べたのは「マルガリータ」という名前のパンで、マルガリータといえばピッツァを思い浮かべますが、形状は花のよう?ネーミングのマーガレット(マルガリータ)に似ているかな?
メティサージュ (14)

7種類の具材が入った花の形のパンです。360円とお高めですがボリュームありました。

ベーコンやオリーブ、クランベリー、イチヂクなどが中に隠れています。何が出て来るかはお楽しみということですが、意外に甘め系のが多かったです。

真ん中のには、中には何も入っていませんでしたが、上にゴマがたっぷりかかっていました。
メティサージュ (11)

こちらは「フガス ベーコン&チョリソ」で1個350円です。娘が食べましたが美味しかったようです。

中にはオリーブとたまねぎ、ベーコン、チョリソをベシャメルソースにトマトソースを加えて、チョリソの少し辛めの味もアクセントになっています。
メティサージュ (12)

こちらは妻が食べた「デニッシュ・ポンム」という生リンゴをソテーして中に入れてあります。

デニッシュで甘めのパンですね。

私もフランスには行ったことがありますが、街のパン屋さんで買い求めたことがないので、いい加減なことは書けませんが、何となく、パリのエスプリを感じさせてくれる味でした……?^^; ご馳走様でした。

メティサージュ
TEL 0761-65-2399
石川県小松市粟津町ハ72-1
月~土8:30~18:00
日祝休(不定)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ