あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

豊洲の新市場に行ってきたことは先日書きました

豊洲市場に行った目的の大きなものが、場内のお店で寿司を食べることでした。

築地にあったときには、実は寿司店には入ったことがありません。

今回、開場後に東京にプライベートで行く機会があったので、是非実現しようと思い、事前に調べてみると、築地での人気寿司店は二大巨頭「大和寿司」と「寿司大」ということがわかって、このどちらかにするつもりでした。

さらに調べてみると、「大和寿司」が青果棟に、「寿司大」が水産仲卸売場棟に入っていて、「大和寿司」が2つのコマで店舗が広く、かつ職人が多く回転が早いという情報を見て、「大和寿司」のほうに行くことにしました。
大和寿司

青果棟の1階のお店に到着すると、ご覧のような順番待ちの列が出来ていました。
豊洲市場 (2)

ちなみに青果棟には他に2軒のみ飲食店がありました。水産棟に比べると圧倒的に少ないです。

初めてなので、この列でどのくらいの時間待つことになるのかわかりません。平日だから20~30分程度の待ちならしょうがないと思いましたが、実際は1時間10分ほど待つことに。

順番を待つことが大嫌いな私にとって、1時間10分待ったのは飲食店では最長時間です。^^;

この日は11月にもかかわらず、日なたは気温が高く、とても暑く感じる日でした。

いいお天気だったので、この日は新市場見学の人が多く来て、そのためこちらのお店もこの1週間では最高の客数だそうです。

市場内のお店のなので早朝5:30からの営業で閉店が13:30と早いため、私の30名ぐらいあとでクローズの札が出されていました。

あまりに遅い行列の進み具合で、途中で諦めようと思ったこともありましたが、なんとか我慢して12時過ぎに店内に入ります。
大和寿司 (3)

着座して早々、お品書きもなく「お任せでいいですか?」との声がカウンターの中から掛けられます。

個人的にはいつも基本お任せなのでウエルカムなのですが、「お任せにしなさい」というようなニュアンスに聞こえて、何となく流れ作業の感じが……?^^;

こちらのお店のお任せは7貫+細巻6つ+玉子で4,000円(税抜)です。少々お高いですね。煮切り醤油がつけられて出されるのでそのまま食べることが出来ます。

最初に、だいぶ待ってのどが渇いたので瓶ビールを一本もらい、妻と飲みます。
大和寿司 (5)

そしてビールを飲もうと思っていたら、早々に最初の握りが出されました。

ビールを頼んだので、「おつまみは?」ぐらい聞いてくれてもよさそうだと思いますが……。^^;

のっけから本マグロです。しかしながら、あまりに早かったので思わず写真を撮らずに食べてしまいました。^^;

中トロに近い感じで美味しかったです。握りは大き目でネタも厚く切られていて、食べたな!という実感がありました。
大和寿司 (6)

お次はイカです。何のイカかは忘れました。
大和寿司 (8)

車海老。石川では寿司ネタでは生の甘えびが主流ですが、東京では蒸し海老です。
大和寿司 (12)

この後、中トロが出されます。こちらは南マグロでした。脂が乗ってこちらもいい味でした。
大和寿司 (7)

お味噌汁はシジミです。
大和寿司 (9)

そしてこちらのウニが出されるのですが、これも写真撮り忘れです。

というか、次々と矢継ぎ早に出されるので、こちらもついつい食べてしまうのです。
大和寿司 (11)

鯛。

あんまりせかされて食べる寿司というのも考え物ですね。
大和寿司 (10)

この後、細巻で鉄火とイクラが出されます。イクラの鉄火は珍しいですね。
大和寿司 (13)

玉子です。
大和寿司 (14)

最後はお好みで頼めるので、煮穴子にしました。

さすがにこれは美味しかったです。

寿司はネタは市場直送で当然新鮮で美味しかったです。握りは少し大きめだったので、これでお腹は十分満たされました。

ただ、1時間10分待って20分ほどで食べ終わる。やっぱり寿司はゆっくりと楽しみながら食べたいです。行くのは東京近辺の人が多いのでしょうか?個人的にはあまり行きたくないお店でした。^^;

もしこれから豊洲市場に行っても寿司店には入らないと思います。^^; ご馳走様でした。

大和寿司
東京都江東区豊洲6-3-1
 豊洲市場5街区青果棟1F
TEL 03-6633-0220
月~土5:30~13:30
※豊洲市場の閉場日はお休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

11月の初旬は温かい日が続き、お天気にも恵まれました。

その時期はいつもなら暖かいそばが食べたくなる時期ですが、行った日は20度越えで車を運転していてもエアコンが必要なほどの陽気。

そんな日に鶴来までドライブがてらそばを食べに出かけてきました。
にわか (2)

行ったのは鶴来の街中にある「Let's鶴来店」というスーパーマーケット内に店を構える「そば処 にわか Let's鶴来店」。

「そば処 にわか」は、同じ白山市の旧鳥越に本店あるそば屋さんで、農業体験施設「にわか工房」の中にあります。ここには手打ちそば打ち体験が出来るようになっています

私も昨年行ったことがありますが、そちらでは「にわか御膳」というのを食べています。

今回、その支店があるということを知って行ってみることにしました。
にわか

鳥越の「にわか工房」は立派な独立した建屋にあったので、スーパーマーケットの中にあるお店ということでフードコーナーみたいなところかな?と思いながら行ってみると、一応、仕切りで仕切られた店舗でした。

営業時間はランチタイムのみになっています。
にわか (3)

カウンターでオーダーしてお金を払って席に座って出されるのを待ちます。

料理は席まで運んでくれますが、食べ終わった後は返却口まで持っていく必要がありました。

私が頼んだのは、「おろしそば(700円)」と「天ぷら盛合せ(350円)」です。

そばもオーダーが入ってから湯がいていますし、天ぷらも揚げ立てでした。
にわか (4)

天ぷらには海老・カボチャ・サツマイモ・ちくわ2つ、それに金時草の葉が一枚。そういえば鳥越のお店では金時草のいなり寿司何てのもメニューにありましたね。

市販の抹茶塩が容器のまま添えられていて、天ぷらはそれをかけて食べました。
にわか (5)

おろし蕎麦のほうは、大根おろしはそれほど辛味のあるものではありませんでしたが、その分、わさびでカバーです。

ツユはたっぷりかけられていますが、返しがきいている感じでした。
にわか (6)

肝心の蕎麦のほうは、コシがあってのど越しもいい蕎麦でしたよ!

入口に「新そば始めました」と書かれてありましたが、この蕎麦もそうだったのでしょうか?
にわか (8)

そば湯も一緒に出されています。

スーパーマーケット内の店舗なので、鳥越のお店よりはお値段も少し抑え目。トータルでは無難な内容だと思いました。ご馳走様でした。

そば処 にわか Let's鶴来店
石川県白山市鶴来下東町カ-26 Let's鶴来 1F
TEL 076-255-5930
11:00~14:30
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的には、和食だと石川県で食べたほうがコスパ面を含めていいと思っています。

しかし洋系のお店は、やはり都会のほうがいいお店が多く選択肢が増えます。

今回の熱海・箱根・東京の旅では、これも通年通りなのですが、妻の友人との会食の機会がありました。

平日だったため、夜直接お店で合流することに。
アベス (3)

選んでくれたお店は恵比寿駅から徒歩5分ほどのところにあるビストロ「アベス(Abbesses)」。
アベス (2)

雑居ビルの2階にお店があります。
アベス (4)

フレンチだとかしこまった感じもしますが、ビストロだと気軽にワイワイやりながら飲み食いできますね。

こちらのお店のシェフはフランスで修業されていらっしゃいます。

お店自体は内外装含めて、イギリスのパブっぽい感じがしますが、やっぱりパリのレトロな雰囲気が漂うような感じもします。^^;

行ったのが平日19:30だったので、客層はビジネス帰りの男性が多かったです。
アベス (5)

全員揃ったところで、まずはシャンパンで乾杯です。

料理は友人のお二人にお任せしました。
アベス

メニューはこちらですが、これ以外にもあるようです。

まず出されたのは、「真サバのマリネ(1,900円)」。これは4人分です。料金はメニューに書かれていた金額になっていて4人分の料金かどうかはわかりません。
アベス (7)

マリネということは、日本流にいうと「しめ鯖」。フランスなのでワインビネガー味?
アベス (8)

身が厚く、脂が乗っている新鮮な真サバを使っていて、最初の一品としてとても美味しかったです。
アベス (11)

フレンチフライも出されて、こちらは料理の合間のつまみ代わりですね。

お次は「手長海老のラヴィオリ(2,500円)」。
アベス (12)

ラビオリの中に、一つに一本分の手長海老が包み込まれています。
アベス (13)

ソースも海老の出汁からとった泡のクリームソースで、濃厚な海老の風味がして素晴らしい!お店のスペシャリテな一品でした。
アベス (9)

ソースはパンにつけて食べると、また美味しく平らげることが出来ました。
アベス (14)

こちらは「地ハマグリのマリニエール(2,400円)」です。
アベス (15)

フランスでマリニエールといえばムール貝を使った料理が有名ですが、これは大きなサイズの地はまぐりを使っています。貝のうま味がよく出ていました。こりゃソースが美味しくなるはずだわ!
アベス (17)

ここまでが白ワインで、ここから赤ワインに変えます。

そして最後に出されたのは「黒毛和牛クリのロースト(4,200円)」。
アベス (16)

アベスの定番のメニューだそうです。クリとは首というか肩から前足上部の部位のだそうで、運動量が多く必然的に筋肉が発達していて脂肪が少ない肉質になるようです。

それを肉厚のステーキにしてありました。

すべて赤身だったので、これなら私も食べることが出来ると思って食べてみました。柔らかいのですがちゃんとした噛み応えもあって、ソースの良さも相まって美味しかったです。

この4人のメンバーはいつもアルコールが大量消費されるのですが、今回はいつもよりは少なかったと思いますが、以上飲み食いして、たぶん一人1万円くらいでしょうか?

友人夫妻が支払って、我々2人分としては18,000円渡しました。

本格的なフレンチとは違って、シンプルな中にもフランスの家庭料理を食べているような感覚で楽しめるお店だったと思います。サービスもアットホームな感じでいいお店でした。ご馳走様でした。

アベス(Abbesses)
東京都渋谷区恵比寿1-26-17
 阿部ビル2F
TEL 050-5570-4747
月~金
12:00~14:30(L.O.13:30)
18:00~23:30(L.O.22:00)
土・祝
18:00~23:30(L.O.22:00)
日曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ