あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

新横浜国際ホテルは、新横浜駅の近く、このエリアでは古くからあって、私も昔は時々宿泊したことがあります。(下の写真は裏口のほうです)
オーク (11)

今回は、平日限定ビジネスマン応援ランチというのが期間限定で設定されていたので、それを食べに出かけてきました。
オーク (13)

「鉄板焼レストラン オーク」は、新横浜国際ホテルのメインダイニングで一番最上階の14階にあるので見晴らしもいいレストランです。
オーク

結論から言えば、高級感があるレストランで、1,500円で内容・ボリュームとも満足できる内容でした。
オーク (2)

今回、こちらに行こうと思ったのは、期間限定(10月6日までなのですでに終了しています)、時間限定(11:30~13:00)、かつ限定20食の「平日限定ビジネスマン応援ランチ」を食べるため。

さらに予約者様優先と書かれていたためにお店に予約を入れて向かいました。

メインが選べるお得なセットランチで以下の4種類からメインを選ぶことが出来ました。

A:牛ハラミステーキ200g 
B:牛カツ150g 
C:ビーフハンバーグ200g 
D:上州せせらぎポークのジンジャーステーキ

これに、サラダ、スープ、ご飯、コーヒーまたは紅茶が付きます。

私は、Cのビーフハンバーグ200gをチョイス。
オーク (3)

まず出されたのがサラダです。鴨肉のソーセージとチーズが添えられていました。
オーク (4)

スープはビーフコンソメ。牛肉もたっぷり身として入っていました。

やはりホテルのサラダとスープです。1,500円でも手抜きがない感じです。

そしてメインが出されます。
オーク (8)

ハンバーグも食べ応えがある大きさです。しっかりとした食感のハンバーグで私の好きなタイプ。ソースは醤油ベースで少し甘みのあるものでした。
オーク (9)

こちらは一緒に行った人が頼んだAの牛ハラミステーキ200g。こちらもボリュームありますね。こちらはガーリックペッパーソースです。
オーク (6)

これはDの上州せせらぎポークのジンジャーステーキ。
オーク (7)

「上州せせらぎポーク」は赤城山の麓の高原にて天然水と麦入り飼料にて大事に育てられた柔らかい肉質と甘みがある豚肉だそうです。
オーク (10)

最後にドリンクも付いています。我々は全員コーヒーを頼みました。

通常だと、一番安いランチメニューでも3,000円弱するレストランですが、見晴らしのいい場所で、味・量とも満足できるランチを堪能することが出来ました。

期間限定と言わずに、継続してほしいですね。ご馳走様でした。

鉄板焼レストラン オーク
050-5868-7766
神奈川県横浜市港北区新横浜3-18-1
 新横浜国際ホテル14F
ランチ
11:30~14:30(L.O)
ディナー
17:30~21:00(L.O)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

木場潟は、私がよくウォーキングで一周する場所です。

一周6.4kmを一時間弱の時間をかけてウォーキングするのですが、ちょうどいい距離で、かつきれいな景色を眺めながら気持ちよく歩くことが出来ます。

昔、歩き出したころは、まだ舗装もしていなかったところがあったりしたのですが、徐々に整備が進み、一昨年の全国植樹祭のときにも一気に整備が進んで、特にその中でも西園地は、木場潟と白山をベストビューで望める場所とうことで、全国植樹祭のときに立派な展望休憩施設も作られています。
そして、その展望休憩施設の隣に出来たのが、今回紹介するアクアテラス・ダイニング「ラーゴ・ビアンコ(LAGO BIANCO)」なのです。
運営は、サンルート小松や、今度新しく小松駅前にオープンするホテル「グランビナリオKOMATSU」などを運営するHifリゾート株式会社が公募によって選ばれています。

大手コーヒーメーカーや地元フルーツショップとタイアップしています。前に「地元フルーツショップ」は「たちばな」だと新聞か何かで見たことがあったと記憶しているのですが、お店では、スムージーに使われるフルーツなどでタイアップしているのでしょう。

ラーゴ・ビアンコとはスイスにある湖の名前ですね。

朝から夕方まではカフェ。夜はダイニングで営業しています。

私も最初は、混雑が落ち着いたら行ってみたいと思っていましたが、ダメ元で電話してみたら、お昼前の時間、まだ空いているということだったので、急きょ行ってみることにしました。
11時50分ごろにお店に到着。この時間帯はまだ数人の先客がいただけでした。この日は朝8:30からオープンしているので、逆に午前のはやい時間のほうが混雑していたのかもしれません。
店内は広いです。そして大きなガラス窓のおかげで店内も明るく、木場潟や白山もきれいに見ることが出来ます。

ただ、この日はあいにくの曇り空で、白山は見ることが出来ませんでした。

お店はカフェタイムはセルフサービスです。

オープンしたてと言うことで店員も多く働いていました。まだ慣れていないようでしたね。

入口でオーダーして、出来上がったらカウンターまで取りに行く必要があります。個人的にはいつも思うのですが、それほど順番が出来るような客数が来ることはないと思われるお店では、セルフサービスは止めたほうがいいと思っています。
カフェは飲み物は別として、食べ物としては基本「マッシュ&チョップドサラダ(税込900円)」の一種類のみ。

チョップドサラダには、色々な野菜が15種類ほどとアーモンドが入っています。色とりどりで見た目も鮮やかですね。
上に乗せるマッシュは6種類の中から2つを選ぶことが出来ます。
ラーゴビアンコ1

私は、「ツナと枝豆」と「アンチョビエッグ」を。妻は「カボチャとひき肉のスパイシー炒め」と「ネギとコーンビーフ」をチョイスしました。
そして、この基本の「マッシュ&チョップドサラダ」に、パンと本日のスープがセットになって、+300円(税込)。我々はそれにしました。合計で1,200円になります。「マッシュ&チョップドサラダ」テイクアウトも可能でした。
ラーゴビアンコ (16)

スープはこの日はミネストローネ。パンに添えられていたのはハチミツ?と柚子の甘いものでした。
おっと!妻のはドリンクセット(+250円)としてコーヒーもプラスしています。コーヒーは最新の「ドリップマスター」で淹れているようですね。
ちなみに、「マッシュ&チョップドサラダ」にはトッピッングも8種類設定がありましたが、それらもプラスしていくと結構高くなってしまいます。

見た目にはボリュームがあるようですが、これで計算すると500キロカロリーぐらいです。ヘルシーですね。
サラダの下のほうには大麦ライスと玄米フレークもたっぷり入っていて、これらで腹持ちをカバーしていると思います。

カロリー少なくてもお腹はそれなりに膨れました。

カフェの営業は16:30までで、17:30からはディナー営業。イタリアンと和懐石のコラボ料理が楽しめるそうです。ご馳走様でした。

ラーゴ・ビアンコ
石川県小松市今江町ち
TEL 0761-21-1281
Cafe8:30~16:30
(Lunch11:00~15:00)
Dinner17:30~21:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

新横浜駅近くのビジネス街を夕方以降に歩いていると、居酒屋の客引きの声が飛び交っています。

最近、客引きをこれほど多く見かけるところも少ない気がします。もしかしたらそれほど飲食店の激戦地なのかもしれませんね。

一方では、大都会のターミナル駅の近くのお店というのは、資本力のある大手がやっているところが多いと思います。

中心から少し離れると、個人が経営しているお店もあるのですが、今回紹介します「浜一番屋」は、駅前すぐ近くの一等地にあります。
浜一番屋

水産会社直営店ということですが、ハッピー・カンパニーという会社が運営会社となっていました。

水産会社直営なので、当然ウリは新鮮な魚介です。

HPで見ると「小田原漁港の漁船から朝一で直接仕入れる」とか「湘南・大磯・金沢・下田・築地などから新鮮な地魚を仕入れて」いるようです。

まぁ、北陸に住む人間としては、鮮度は当たり前みたいなところがあるわけですが、横浜に来ても新鮮な魚介類を楽しめるのはうれしいと思います。

冒頭も書きましたが、こちらのお店に伺うときも道端でお店の方に声をかけられました。^^;

外観は、何となく昔あった魚屋さんをイメージすることが出来ます。私たちは、今回4名でお邪魔しました。
浜一番屋 (3)

内部のインテリアもその延長線上で、コンセプトが明確にわかる作りです。

店員さんは皆さん若くて元気がありました。
浜一番屋 (5)

まずは生ビールで乾杯。お通しは小さながんもどきの煮物です。

そして、この日のメニューはこんな感じ。

さすが水産会社直営です。色々な魚介メニューが並んでいて、その日獲れたおすすめ魚介で毎日変えている感がありますね。
浜一番屋 (8)

まず頼んだのは「板さんおまかせ刺身盛り合わせ」で、こちらは3~4人向けの7種盛り(2,980円)。しかし、各種類3切れずつ!^^; メニューは3人前と書いた方がいいと思います。
浜一番屋 (6)

「浜一番屋の一推し」の貝焼きです。殻付きホタテのバター焼き、サザエのつぼ焼き、白蛤の3種類があって、我々はその3種類の「浜焼セット(1,050円)」を頼むことに。

セットだとトータルで100円引きの値段になっています。一種類ずつ順番に焼いていきます。

浜辺のバーベキューのような雰囲気を楽しむことが出来ますね。
浜一番屋 (10)

白蛤です。
浜一番屋 (13)

殻付きホタテのバター焼き。
浜一番屋 (15)

サザエのつぼ焼きと順番に焼いて食べることに。。

最初、火が弱くてなかなか焼けなかったら、案の定しばらくしてガスがなくなりました。我々がこの日最初のお客さんだったので、ガスボンベは開店前にチェックしてほしいですね。

あと、殻付きホタテのバター焼きも、バター醤油で味付けして途中で身を裏返してくださいと言われましたが、身は貝柱の部分が切ってないので、ひっくり返すときに苦労して、その時に大事なバター醤油が全部こぼれてしまいました。このあたりも考えて処理してくれた方がいいと思いました。

でも、味のほうは焼きたてで美味しく食べることが出来ます。
浜一番屋 (11)

さて、アルコールのほうですが、生ビールの後は日本酒に移行。にごり酒を頼みます。

このあと私はハイボールに変えましたが、結局この日は飲みすぎました。^^;
浜一番屋 (9)

サラダは「釜揚げしらすのチョレギサラダ(680円)」を頼みます。
浜一番屋 (14)

酒のつまみ系では「たこ唐揚げ(780円)」と、
浜一番屋 (16)

「秋鮭のちゃんちゃんチーズ焼き(780円)」、
浜一番屋 (17)

「アジのなめろう(720円)」などを頼みます。これらはどれも酒がすすむおつまみですね。^^;
浜一番屋 (18)

あと「ハムカツ(580円)」や、
浜一番屋 (19)

「ししゃも焼き(480円)」もお願いしました。
浜一番屋 (20)

最後は何故か「カニクリームコロッケ(630円)」でした。

今回、一番のウリの貝焼きのところで、少し不満が残りましたが、一人5千円強のお値段はコスパ的にはよかったです。ご馳走様でした。

浜一番屋
神奈川県横浜市港北区新横浜2-4-5
 天満ビル1F
TEL 050-5868-2770
月~土17:00~翌24:30
フードL.O. 23:30
ドリンクL.O. 24:00
日・祝15:00~翌23:00
フードL.O. 22:00
ドリンクL.O. 22:30
年末年始休み


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ