あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

小松から金沢の山側のほうに行くのに、昔はけっこう時間がかかりました。

しかし、産業道路や山側環状が出来てからはとても便利になりましたね。

ただ用事がないとなかなか足を延ばさないので、私にとっては金沢の東の方はまだまだ未知の世界です。

今回、先日紹介した「蕎麦 宮川」にランチを食べに行ったときに、少し他のお店にも行ってみることにしたのですが、今日はお茶をしに入ったお店を紹介します。

田上エリアを車でウロウロ。食べログの検索をかけて入ることに決めたのが、「ラインハイト」というお店。
ラインハイト

メインの道路からは少し中に入ったところにおあります。

帰って調べたら「Reinheit(ラインハイト)」はドイツ語で「清純」という意味なようです。ある意味凄いネーミングかもしれません。そして「自家焙煎珈琲屋」という文字に魅かれました。

中に入ると静かで落ち着いた空間です。
ラインハイト (3)

入口・レジ付近に置かれていたショーケースには何種類かのケーキがありました。
ラインハイト (2)

このイスやグラス類の置かれた様子を見ると、「清純」というお店の名前にふさわしいと感じます。
ラインハイト (4)

こちらの部屋では、ハンドピックという、コーヒーの生豆の欠点豆を取り除く作業をされていました。

ハンドピックは、焙煎した後でも行うということで、丁寧に美味しいコーヒーを飲ませてくれる努力をされています。
ラインハイト (9)

我々は奥のほうのテーブル席に座りました。テーブルの上には何も置かれていません。

運ばれてきたメニューを見渡します。

当然「自家焙煎珈琲」のお店なので、最初はコーヒーを頼むつもりでしたが、メニュー見てたら「葡萄ジュース」という文字が目に入りました。

行った日は梅雨真っ只中。ジメジメした日で蒸し暑く、結局私は「葡萄ジュース」を飲むことに。
ラインハイト (5)

のどが渇いていたので一気に飲み干してしまいました。
ラインハイト (7)

妻も、普段なら迷わずコーヒーなのですが、結局アイスカフェオレを頼んでいました。

なので、あんまりこのお店の真の良さを伝えることが出来ません。すみません。^^;

もちろん、アイスカフェオレについてもオーダーを受けてから丁寧に抽出した上で氷で冷やして作られたもので、美味しかったようです。

あと、こちらの「いよかんババロア(400円)」を頼んでいます。上品な甘みと酸味がよかったです。
ラインハイト (6)

いよかんピールまで自家製のようです。

ちなみにお店では珈琲豆のネット販売をやられていますが、こちらで買った豆で淹れるコーヒー。さぞかし美味しく家でも飲めるでしょう?ご馳走様でした。

ラインハイト
石川県金沢市田上町51街区4
TEL 076-222-3262
10:00~19:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

石川県でタケノコの産地として有名なのが金沢市別所町です。

周辺には竹林がたくさんあって、タケノコの産地だなぁ~、と思わせてくれます。

私はこのあたりに来るのは初めてで、途中、野田山のほうを通って行ったのですが、野田山も初めて通過したエリアでした。

カーナビはやはり便利で迷うことなくお店に到着しました。
宮川 (25)

こちらの写真の右に見える建物は山菜やパンを売っているお店になっています。
宮川 (22)

奥のこちらがそばのお店「蕎麦 宮川」です。裏山はやはり竹林でした。

こちらは金沢の中では人気のそば店の一軒で、春のシーズンはタケノコ料理も人気です。

タケノコや山菜の季節ではなかったので、それほど混んではいません。11:35に到着すると先客は2組。了解を頂き店内の写真を写します。
宮川 (6)

普通の民家のような作りです。
宮川 (2)

こちらはそばを打つ部屋。
宮川

石臼挽きの製粉で自家製。
宮川 (5)

最初に出されたお茶は薬草茶かと思いましたが、お聞きすると「紫蘇茶」だそうです。棒茶ブレンドです。
宮川 (7)

そして扇子に書かれたお品書き。扇子とは変わっていますね。

この中から私は「おろしそば(900円)」を頼みました。もりそばと同じ値段です。

そば十割で、もりそばは丸抜きの挽きぐるみ細打ちと玄蕎麦の挽きぐるみ太打ちが選べますが、おろしそばは太打ちのみで暖かいのと冷たいのがあって、私は冷たいそばにしました。
宮川 (12)

出されたのがこちら。
宮川 (17)

ぶっかけで食べます。太い削り節と辛味大根が決め手?

そばは見た目、剛麺とは思わないのですが、これがなかなかのコシというか弾力のあるそばで、挽きたて打ちたてなので風味ももちろんしっかり鼻に抜けるほど。美味しいそばでした。

妻は、「天もりそば(1,900円)」を頼んでいました。
宮川 (14)

天ぷらは2人でシェア。

野菜の種類が色々あって、衣が薄くて揚げ立てサクサク。塩・抹茶塩・カレー塩とお好みで楽しむことが出来ました。
宮川 (16)

もりそばは細打ちで、こちらはのど越しがいいそばですね。
宮川 (21)

あと我々は1日15個限定の「そば茶プリン(400円)」も頼みました。最初はそのまま食べてそばの香ばしさを感じ、途中で黒蜜をかけて食べると、上品な甘さが加わり美味しく食べることが出来ました。
宮川 (20)

そば湯とろっとしたタイプで、もちろんそば風味濃厚でした。
宮川 (3)

庭の緑を眺めながら食べていると、12時過ぎからお客さんが次々やってきて、満席近くになりました。やはり人気ですね。

一度はタケノコの季節に行ってみたいです。ご馳走様でした。

蕎麦 宮川
石川県金沢市別所町ツ55
TEL 076-243-2887
月~日11:30~15:00
火曜・第3水曜休(どちらも、祝日の場合は営業)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

加賀市大聖寺の街中に、大聖寺藩主二代前田利明公が建立した時鐘堂があります。

いまあるのは再建されたものですが、その時鐘堂のすぐそばに、昔風の洋館が建っています。
カフェサロン銀

ここは、昔、牧野歯科だったところを改装していて、いまは黒い塗装で塗られていますが、昭和初期に建てられた当時はどうだったのでしょうか?気になります。そのためかこの手の建物としては印象が暗めの外観になっています。
カフェサロン銀 (3)

昔ながらの観音扉を開けて中に入ると、シルバーアクセサリーの工房が併設された、コーヒーやケーキが楽しめるサロン「彫金工房 月・カフェサロン 銀」となっているのです。

靴を脱ぎスリッパに履き替えて中に入ります。
カフェサロン銀 (5)

入ってすぐ左の部屋は歯医者の待合室だったところで、そこがカフェになっていて、その奥の部屋は昔は診察室だったところで、シルバーアクセサリーの作品が展示されていました。
カフェサロン銀 (7)

オリジナルブランド「DEVIL JOKER」の展示と販売です。

確かに、昔の医院ってこんな感じのイメージですかね?
カフェサロン銀 (9)

壁は漆喰。調度品やシャンデリアも豪華で、これらもアンティークでしょうか?

こちらがカフェメニューです。
カフェサロン銀 (8)

私は「ケーキセット(税込800円)」を頼むことに。コーヒーか紅茶が選べますが私はコーヒーです。

しばらくして運ばれてきました。
カフェサロン銀 (10)

テーブルに彩りを添えていた花や背景を入れて写します。
カフェサロン銀 (13)

コーヒーはどんな豆を使用しているかは聞きませんでしたが、しっかりとした苦みと酸味のコーヒーでした。
カフェサロン銀 (12)

ケーキはチーズケーキでした。自家製でしょうか?甘さ控えめでしたね。

ちょうど奥のアトリエ?では彫金教室が開かれていたようですが、カフェには客は私一人。了解いただき写真を写しながらしばしの間まったりしました。

実は私はだいぶ前にも一度来たことがあります。ブログには書いていませんが、その時、彫金に使う器具と歯医者の器具がほとんど同じだと聞いた記憶があります。

大正から昭和初期のレトロモダンな空間で、たまには時間を忘れてまったりと過ごしてみてもいいかもしれませんね。ご馳走様でした。

彫金工房 月・カフェサロン 銀
石川県加賀市大聖寺本町10-1
TEL 0761-73-0019
10:00~18:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ