あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

小松には昔からある割烹や料亭が多いことは前にも書きました。

しかしながら、景気がいい時代ならまだしも、今の時代は割烹や料亭に頻繁に通うと言った旦那衆は少なくなったと思います。

そんな小松の割烹や料亭の中でも、小六庵は170年以上続く老舗の中の老舗です。

毎年一度は夜に伺っていますが、今回は親戚の法事でお昼にお邪魔しました。

お店は料亭なので完全予約制です。
小六庵

2階のいつも使用する大広間でお斎が行われました。掛け軸も法事に合わせてのものですね。
小六庵 (2)

まず出されたのは冷製茶碗蒸しのようで、出汁のジュレがかけられていました。
小六庵 (3)

お造りは色々な旬の魚を少しずつ味わうことが出来ました。
小六庵 (4)

その後、お凌ぎでちらし寿司が出されます。
小六庵 (5)

椀物は真丈を揚げたものかな?わかめのすまし汁です。

そして、これからの時期、アユ漁も解禁間近ですが、焼き物として稚アユを頂くことが出来ました。
小六庵 (6)

笹の葉にアユ。合いますね~!そしてさすが料亭!蓼酢(たです)で食べさせてくれます。いまどきなかなか蓼酢を出してくれるお店は少なくなりました。

ちなみに蓼(たで)とは「蓼(たで)食う虫も好き好き」という言葉がありますが、辛い蓼(たで)を好んで食う虫があると同じく、人の好みはさまざまで一概には言えないということのたとえとなった草のことです。

もちろん、尾びれのところ以外は全部食べました。上品な苦みが心地よいです。

香魚と呼ばれるアユですが、稚アユなので香りはそれほどでもなかったのですが、これはこれで季節の風味を愉しむことが出来ました。

揚物は山菜とホタルイカの天ぷら。山菜はウドやたらの芽、竹の子。ほどよい苦みが大人の味です。
小六庵 (7)

衣に少し味が付けられていて、そのまま食べることが出来ました。
小六庵 (8)

これは何だったでしょうか?この頃はだいぶ酒が入って記憶が定かではありません。^^;

見るからに、大根かイモのような感じですが。餡の色も濃い目ですね。

締めのご飯ものは、竹の子と山菜の炊き込みご飯でした、
小六庵 (12)

上品な味付けで、竹の子の食感も残り、美味しくいただきました。

最後はお吸い物代わりに生わかめ、竹の子、ホタテ、ネギ、木の芽を鍋でいただきます。

小六庵 (9)
火はちゃんとした炭でした。この日は雨で肌寒い日だったのでよかったです。

やはりダシが決め手ですね。上品な味です。
小六庵 (11)

お漬物はキュウリとたくわんの糠漬けでしたが、上品な漬け塩梅でしたよ。昆布漬けはさんしょ昆布だったような気が…?

女将さんが京都出身の方なので、京風のものが多いのかもしれません。
小六庵 (13)

最後に出されたデザートは、お腹がふくれていたのでイチゴのみ食べました。^^;

富山のミシュラン3つ星「山崎」にもいらっしゃったようですが、さすがの美味しさです。

割烹や料亭は普段は敷居が高いお店かもしれませんが、この美味しさはなかなか味わえるものではありません。皆さんも一度はどうぞ!ご馳走様です。

小六庵
0761-22-0112
石川県小松市大文字町26
完全予約制
不定休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

北海道は言わずと知れた食の宝庫です。

四方を海に囲まれた北の大地。新鮮な魚介は、北陸に住む私のとっても魅力あふれるところです。

今回、3年ぶりに札幌に出張があり、仲間と美味しいものを食べに行ってきました。

一人だと、金額帯も自由に決めることが出来ますが、会社の人が一緒だとそうもいきません。

値段的に1万円以下で済ませることができる人気の寿司店ということで検索して決めたのが、今日紹介します「鮨処 竜敏 札幌店」です。
竜敏

場所は繁華街のど真ん中、すすきのの「ラーメン横丁」のすぐとなりのビルです。ビルの中の通路に入らないと見えないので目立たないお店です。

良心的な料金のコース料理、単品メニューもお手頃な値段であったのですが、今回は、北陸ではなかなか見かけない食材を中心に、質のいいものを少しずつ食べる目的で伺いました。

大将にもこのことをお伝えしましたが、ところが、これが失敗と言いますか、当初予算的には一人1万円以下と思っていましたが、ついつい出てくるまま食べていたら予算が相当オーバーしてしまいました。

では、飲み食いしたものを紹介していきます。
竜敏 (5)

お通しはにこごりで、ノドグロをぜいたくに使っています。

そして刺身が何品か出されます。
竜敏 (6)

まず最初はニシンです。ニシンを刺身で食べるのは初めてかもしれませんが、脂が乗っていてすごかったです。
竜敏 (7)

こちらのピンク色のはヒメマスです。こちらも脂のノリは最高でした。
竜敏 (8)

つぶ貝は、とても大きなものから切ってくれます。
竜敏 (9)

ウニです。産地をお聞きしたら厚岸の浜中産ということでした。このウニは最高でした。当然ミョウバンなど使っていません。
竜敏 (11)

生タコ。ねっとりとした食感ですが、吸盤のコリッとした食感と相まって美味しいです。
竜敏 (10)

こちらはタコの卵です。昔、どこかで食べたことがあります。白いのがそうで、ポン酢にもみじおろしを添えてあります。北海道ならではの肴かもしれませんね。
竜敏 (12)

キンキです。軽く炙ってありますが、脂が表面にドバッと出ていて凄いです。
竜敏 (15)

キンキは肝も出してくれました。鮮度がいいんでしょうね?初体験です。
竜敏 (13)

焼きタラバが出されました。タラバは石川ではあまり流通していないので食べるのは久しぶりです。
竜敏 (16)

そして出されたのが、エビの三種食べ比べ。左からボタンエビ、甘エビ、珍しいゴジラエビです。水揚げされたのは、エビ漁で有名な増毛。

ボタンエビは皮をむかれてもまだ生きていました。

ゴジラエビ。正式にはイバラモエビといいます。前は硬い殻や刺々しさからイバラエビとか鬼エビと呼ばれていたようです。確かに厳つい頭で、ゴジラに似ていなくもない……?
竜敏 (17)

次に出されたのは「かに味噌焼き」です。ほぐし身の上にカニ味噌を乗せて焼いています。こりゃ、酒がすすみます。

今回、料理を食べるにあわせて、北海道の地酒を3種類ほど飲みました。食べるのに夢中で写真は撮っていません。^^;
竜敏 (18)

これはタラバの生の身だったと思います。爪の辺りでしょうか?間違っていたらごめんなさい。
竜敏 (19)

こちらはタラバの子3種を味噌に漬けたものです。

食感も味も違う3種。日本酒に合います。

いつの間にか相当なおつまみを食べていることに気が付きました。ちょっとやばいかな?とも思いましたがもう遅い!?^^;

こうなりゃ、野となれ山となれ!です。
竜敏 (20)

で、このあたりで口直しを挟んで握りに移ります。
竜敏 (21)

一人5貫程度と伝えて出してくれたのが、まずは毛ガニ。
竜敏 (22)

蝦夷アワビは厚めの切り身で、食感がすごくて何となく昆布の風味も感じました。
竜敏 (23)

サクラマス。最近漁獲高が激減でなかなか貴重な一貫だそうです。
竜敏 (24)

ホタテも分厚かったです。
竜敏 (25)

最後はマグロの山わさび漬け。

山わさびは洋食ではレフォール、日本では西洋わさびともいいます。北海道自生のもので上品な辛みでした。

以上飲み食いして一人16,000円ほど。想定金額より1.6倍ほどかかってしましました。^^;

しかし、このネタの種類と量だとそれなりの鮨店では2万円はゆうに超えるでしょう?そう言った意味では納得のコスパだったと思います。ご馳走様でした。

鮨処 竜敏(たつとし) 札幌店
北海道札幌市中央区南5条西3丁目8 N・グランデビル1F
TEL 011-533-3889
月~土
17:30~26:00(L.O.25:30)
日・祝
17:0~23:30(L.O.23:00)
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

5月分のネタはまだ続きますが、とりあえずこの辺で、恒例の未公開編は5月分です。

今年のGWは休みの日は比較的いいお天気だったと思います。

風と緑の音楽祭や九谷焼茶碗まつりについては過去にアップしていますが、今日はそれらの合間に行ってきたところ、そして買ったものについて書きたいと思います。

まずは、5月5日のこどもの日に小松市内で2か所、鯉のぼりを見にいきました。

こちらの鯉のぼりは恒例の木場潟ウォーキングとしたとき、南園地のところで写したものです。
木場潟 (5)

五月晴れの中、そよぐ風に気持ちよさそう泳ぐ鯉のぼり。新緑とも相まって心まで爽快になりました。

この時期、木場潟の周回コースを歩くと本当に気持ちがいいです。

こちらは、小松市の山のほうにある郷谷川沿いの景勝地「十ニヶ滝」にかかる鯉のぼりです。
鯉のぼり (2)

まさに鯉の滝登りを表現していますね。滝も雪解けで増水していて水しぶきも豪快。マイナスイオンもたっぷりでした。

そして、その足で向かったのは、今シーズンに初めて新酒の絞りを行った、あの伝説の日本酒杜氏、御年84歳のレジェンド農口尚彦氏の名前を冠にした「農口尚彦研究所」。

小松観音下町にあります。
濃口尚彦研究所

とても立派できれいな建屋です。相当な投資ですね。

費用の一部はクラウドファンディング集めています。私もネタ的に一口応募して、お礼として無濾過生原酒の720ml2本をもらっています。
濃口尚彦研究所 (2)

なお、その場での予約なしの試飲はやっていなくて、「酒事」というテイスティングと見学などはネットで予約者のみということになっていました。残念です。

酒ついでに、もう一つ。

こちらは妻が吉田蔵に行って買ったきた酒です。限定の「u yoshidagura」という酒です。
吉田蔵

約1年、熟成されていて爽やかな飲み口。少し甘みも感じる柔らかい酒でした。

お次はパンの話題で、ビロンです。
ビロン

小松でも老舗のパン屋さんで、時々私のブログでも登場するパン屋さんです。

ただ小松のパン屋さんも新規オープンしたところも多く競争激化。行っても昔ほど多くのお客さんがお店の中にいることはなくなった気がします。

私が食べたのはこちらの「トマトピッツァ(税別149円)」。ソフトな食感でトマトの酸味もきいていました。
ビロン (6)

娘には「シーフードドリア(税別199円)」です。
ビロン (3)

あと、レーズン食パンも買っています。
ビロン (7)

お店にはカフェスペースもあって、朝早くから営業しているので、今度一度利用してみたいと思います。ご馳走様でした。

ビロン
石川県小松市城南町27-1
TEL 0761-23-5779
8:00~18:00
月曜・第3火曜
月曜が祭日の場合は翌日休み

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ