あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

2泊4日のシンガポール出張。

短い滞在でしたが、仕事も無事終わり、深夜便で日本に帰るだけになりました。

シンガポールは国土が狭いので空港はチャンギ国際空港のみ。そのため国内線というのがありません。

しかし、その国際線のみの空港が超巨大。ターミナルが4つあって、いま5つめが建設中。名実ともにアジアのハブ空港となっているチャンギ国際空港は、シンガポールの空の玄関口にふさわしい威容を誇っています。
チャンギ国際空港 (5)

こちらの写真は行きのチャンギ空港に着陸するときの様子を写したものです。

空港があまりに巨大なため、ターミナル間はモノレールで移動。各ターミナルの中もめちゃ広く歩いて周るだけで疲れてしまいます。
チャンギラウンジ (4)

免税店も多くあって、化粧品が安かったです。ウイスキーも2本お土産で買い求めました。
シンガポール3

あと、シンガポールで人気の「Bengawan Solo(ブンガワン・ソロ)」のクッキー!これが美味しかったです。

さて今回、私の利用したANAはターミナル2からのフライト。

空港に到着して、出国する前に空港の中でちょっとひと休みすることにしました。

入ったのはたまたまその場所にあった「Terminal2 O'Coffee Club」というカフェです。
チャンギ国際空港

こちらはシンガポール発のコーヒーチェーン店。主にシンガポールに10数店舗ほど出していて、チャンギ国際空港ではターミナル3と4にもあるようです。
チャンギ国際空港 (6)

開放的なお店で、出発や到着時のちょっとした時間にコーヒーグレイクすることが出来ます。
チャンギ国際空港 (7)

そこでアイスカフェラテを頼んだのですが、全部ホットで出されました。私の英語の発音が悪かったのかな?^^;

トールサイズで一杯530円強でした。少し日本より高いかな?

さて、シンガポール。身近な国ですが7時間以上かかります。今度はいつ行けるかな?ご馳走様でした。

Terminal2 O'Coffee Club
CHANGI AIRPORT TERMINAL 2
60 Airport Boulevard, Level 2 Public Area, Singapore 819643
24時間営業


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

前に同じ那谷寺の門前にある「花山亭」について紹介しました

那谷寺の門前には「花山亭」以外にもお土産や食事のできるお店が他にもあります。

1軒だけでは不公平だということで、今回は「寺前食堂」を紹介しようと思い行ってきました。

行ったのが春分の日。「花山亭」のときは真冬だったので那谷寺も人がまばらでしたが、この日は温かい日だったためか何組か参拝客を見ることが出来ました。
寺前食堂

さて、「寺前食堂」というお店の名前。那谷寺の前にあるから、そのような店名にしているのかと思いましたが、苗字そのものが寺前さん!ある意味凄いです。

お休みの日の正午前でしたが中に入るとお客さんは誰もいません。
寺前食堂 (2)

中は広く座席数も相当あったので、昔はさぞかし賑わっていたのだろう?と推測されます。
寺前食堂 (3)

メニューです。
寺前食堂 (4)

壁にも張られています。

お店はだいぶご年配の女性の方一人が切り盛りされていました。

私の目的は「花山亭」でも食べた「那谷寺うどん」を食べること。両方の味などを比べたいということで、「那谷寺うどん(850円)」を頼むことに。
寺前食堂 (5)

数分待って出されたのがこちら。あれ?「那谷寺そば」が出てきました!^^;
寺前食堂 (6)

麺は茹で揚げ済みの袋めん、出汁も製造メーカーのものだと思います。まぁ、この辺はあらかじめ予想していました。

肝心の「花山亭」との違いですが、値段が「花山亭」は1,000円で「寺前食堂」が850円。

「花山亭」は胡麻豆腐が別に出され、山菜以外にきのこが入っていました。一方の「寺前食堂」のほうは胡麻豆腐は最初から乗せられていて、きのこの代わりに栗が2個入れられています。

小松うどんの証のカブッキーのかまぼこ。そばでしたが2枚も入れられていました。

残念だったのは、山菜や胡麻豆腐が冷たいまま入れられていたので、出汁が出された時にはだいぶ温度が下がっていたということです。

あと、うどんとそばを間違えて出されたことも……。耳が遠いようで大きな声で注文されたほうがいいですね。

今回、ちょっと辛口の内容になりましたが、これからも頑張ってほしいですね。ご馳走様でした。

寺前食堂
TEL 0761-65-1904
石川県小松市那谷サ1-1
10:00~16:30


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

シンガポールにも当然パンは売っているわけですが、今日はそんな人気のパン屋さんのビルに入っているフードコートでランチを食べたので紹介します。

そのパン屋さんの名前は「BreadTalk(ブレッドトーク)」。シンガポールで一番大きなパン屋さんです。

2000年にシンガポールで創業された「BreadTalk(ブレッドトーク)」は、3年後にはシンガポール証券取引所(SGX)に上場を果たし、シンガポールだけではなく中国を始め東南アジアの国々で人気のパン屋さんになっています。
手工面 (9)

写真では写していませんが、本当に多くの種類のパンが並んでいました。

儲かっているのでしょう?国土の狭いシンガポールでは土地の値段が高いのですが、大きな自社ビルを持っていて。その低層階に飲食店などのテナントがたくさん入っていますね。

その1階にあるのが「Food Republic(大食代)」。日本ではフードコートのようなもので、屋台や古い中華街の街並みを模している中華料理系のお店ばかりが並んでいました。
手工面 (8)

ランチ時は多くの客で賑わっていて活気がありました。

その中から私がチョイスしたのが、こちらのお店。
手工面

「手工面」ということで日本的には手打ち麺屋さん(Formosa Delights Handmade Noodle)ということでしょうか?

肉系メニューが多かった中でシーフードメニューで目に入ったのが「冬炎海鮮面(Tom Yam Seafood Noodle)」。日本円で600円強でした。

つまりはトムヤンクンの海鮮ラーメンです。タイと中華の合体です。
手工面 (5)

本場?のはやはり酸味も強く辛かったです。^^;
手工面 (6)

麺はこんな感じです。麺の種類も選べたようですが、おまかせです。^^;

茹で方は柔らかめでしたが、食感がモチッとした感じの麺でした。

こちらは一緒に行った人が食べた、チキンライスならず豚ライス(チャーシューライス?)です。
手工面 (7)

シンガポールの名物といえばチキンライスですが私はNGなので食べることが出来ません。
手工面 (3)

こちらは現地の人が頼んでいたものですが、「CHANG CHENG CHINESE VEGETABLES RICE」というお店の、色々なおかずをご飯と一緒に盛り付けて食べる、いわば丼のような食事ですね。

シンガポールにはこの手のお店がいっぱいあって気軽に済ませることが出来るので重宝します。

なお、シンガポールのお店では、おしぼりというものが出されないので、ウエットティッシュを日本から持っていくことをおすすめします。ご馳走様でした。

Formosa Delights 清香館
Breadtalk IHQ Food Republic(大食代)店
#01-06, Breadtalk IHQ (30 Tai Seng Street)
534013 Singapore
TEL +65 6636 4344
7am to 10pm (Mon~Sun)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ