あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、不適切な内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

先日から紹介している能登七尾編の最後。

今日は私のブログでは初の七尾市のパン屋さんの紹介です。

前に食品スーパーの「どんたく」を紹介した時に、七尾市の「中田パン」の能登ミルクパンを紹介したことがありますが、お店まで行って実際にパンを買ったのは、こちらのお店が初めてです。

買い求めたのは、和倉温泉の総湯の隣にあります「アンリス」というお店。昔ながら?の趣のあるお店です。
アンリス

今回七尾に行ったついでに翌朝のパンを買いに入りました。

店内も気軽に地元の方が買いに来られる雰囲気でした。たぶん、昔から和倉温泉のお住まいの地元の方が買いに来られるパン屋さんなのでしょう。
アンリス (2)

食パンはもちろん、菓子パンや総菜パンなど色々並んでいました。

では、我々が買い求めたパンを紹介します。

まずはこちらは「カレーパン(180円)」。
アンリス (11)

パン屋さんによってはカレーパンは中の空洞が意外と広いところがあるのですが、こちらのカレーパンは自家製カレーがたっぷり入っていました。

そして「トリプルチーズ(240円)」。
アンリス (10)

とろけるチーズ、角切チーズ、トッピングチーズが入っていると書かれていましたが、何のチーズが使われているかは書いてありませんでした。
アンリス (12)

この2つを妻とシェアして食べています。半分に切るとこんな感じです。

「トリプルチーズ」のほうも、中にたっぷりチーズが入っていますね。
アンリス (9)

母には「クリームデニッシュ(180円)」を買っています。

七尾までパンを買いに行く機会はないのですが、もし出来たら七尾市内のパン屋さんにも立ち寄ってみたいと思います。ご馳走様でした。

アンリス
石川県七尾市和倉町ワ部5-4
TEL 0767-62-2310
8:00~19:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

日本で唯一、波打ち際を車で走ることが出来る「千里浜なぎさドライブウェイ」。
千里浜レストハウス (11)

最近、砂浜が浸食で大きくえぐられているといったニュースを見ました。

その「千里浜なぎさドライブウェイ」の出入口に位置し、昔から観光客中心に人気だった「能登千里浜レストハウス」があります。

50年以上前にオープンしてから日本海を一望できるレストランとして多くの利用客でにぎわいましたが、平成のバブル崩壊後は、大型バスで観光するといった団体旅行の需要が激減し、苦戦していました。

経営的は相当苦しくなっていたことは間違いなく、昨年に和倉温泉の有名旅館、加賀屋のグループに入り経営を立て直すことになり、そして今年2月に「能登千里浜レストハウス」の内外装を大幅にリニューアルしてオープンしています。

今回、七尾からの帰りに立ち寄り、軽く小腹を満たすために入ることにしました。
千里浜レストハウス

外観はそれほど大きく変わっているわけではありません。こちらの大きな看板は新調されていますね。
千里浜レストハウス (16)

新しく海側にウッドデッキが備え付けられて、これからの季節は外に出ることが出来るようになりました。
千里浜レストハウス (10)

レストランのほうは、入り口にお祝いの花がたくさん飾られていました。

店内は、私が「能登千里浜レストハウス」に行ったのはもうだいぶ前になるので、元々がどんな内装だったか記憶にありません。
千里浜レストハウス (2)

そのため、当時と比べてどうのこうのはわかりません。ただ、お土産売り場は落ち着いた色合いの内装で明らかに昔とは違うだろう?と思います。
千里浜レストハウス (3)

レストラン内部は広く、構造的には大きくは変わらないだろうと思われます。300人ぐらいは一度に入れそうです。各テーブルに浜焼き用のグリルが設置されていました。

今の時代、ここが一杯になることあるのでしょうか?

ここでは、三次水産直営店の能登牡蠣を使ったメニューをウリに、ほか能登の海産物などを浜焼きにして楽しむことが出来ます。

私はこちらのお店で前から名物だと言われている「貝めし」を頼むことに。

タッチパネル式の券売機で食券を買うと、自動でオーダーが通り、出来上がると番号で呼ばれます。
千里浜レストハウス (6)

こちらが「貝めし」です。大きな陶器製の貝型の器に入れられています。お吸い物と漬物が付いています。
千里浜レストハウス (7)

炊き込みご飯で、小さめのアサリが入っていました。
千里浜レストハウス (9)

妻は私の「貝めし」をつまみにして生ビールを飲んでいました。

食べ終わって、お土産売り場をぐるり。加賀屋で扱っている品が多く置かれているようでした。私は能登名物イカ団子を買って帰りました。

300人は入れるレストランに客をそこそこの人数呼び込むのはなかなか難しいだろうと予想しますが、加賀屋さんの動員力に期待というところでしょうか?ご馳走様でした。

能登千里浜レストハウス
石川県羽咋市千里浜町タ4-1
TEL 0767-22-2141
10:00~17:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

今日は美味しい能登牡蠣を食べた後、デザートを食べに立ち寄ったお店の紹介です。
能登ミルク (24)

それは「能登ミルク本店」。
能登ミルク (26)

6年半前に行ったときは、「ほりかわミルクショップ」という牛乳屋さんがお店になっていて、そこで売られていました。

その時はお世辞にもきれいなお店ではありませんでしたが、今回、和倉温泉総湯の前に新しいお店をオープン!
能登ミルク (5)

すっかりあか抜けた感じのお店に変わっていました。

調べてみると、娘さんが東京の有名なジェラートのお店「ダルチアーノ」で修行後、イタリアに渡り、日本最年少ジェラートマエストロ・マイスターを取得して七尾に戻ってきたようで、その機会にお店自体を新築移転されたようです。

しかし、変わりようにはビックリです。
能登ミルク (18)

お店のHPに「農薬を使わない牧草のみを食べて育った乳牛にこだわり、それに賛同してくださった能登の牧場と契約しています。」と書かれている通り、ウリの「能登ミルク」を全面に押し出した内外装。生乳へのこだわりを大切にしているのがダイレクトに伝わってくるインテリアとディスプレイ。そしてパッケージにまでこだわったコンセプトはなかなかのものです。

ご覧のように店内には本物の乳缶が吊り下げられていて、照明として使わていたり、
能登ミルク (20)

トイレの中には「能登ミルクの正しい飲み方」なんてのが書かれていたりします。

我々が行った日は、どこかの学生でしょう?大学生のようなお客さんが多数、お店の中や外でジェラートを食べていました。
能登ミルク (4)

メニューです。私は牛乳を飲むとお腹が緩くなるのでパス。ジェラートを頼むことに。

ジェラートは、この日の午後は14種類。カップ・コーンとも、シングル380円、ダブル480円です。
能登ミルク (8)

お店の名前が付けられている「能登ミルク」。こちらが一番人気なようで、私はお店のスペシャリティの「宙(そら)」とのダブルでお願いしました。ちなみに「宙(そら)」は、ジェラートマエストロ・マイスターの娘さんのお名前です。
能登ミルク (16)

普通のお店のジェラートは大体ミルクの配合が60%なそうですが、こちらのお店では「能登ミルク」が80%配合されています。そのため濃いミルク味です。

「宙(そら)」は、杏仁、マンゴー、ブラッドオレンジ味の3種混合。いろいろな味が楽しめてよかったです。

妻は「旬」というこちらもお店のスペシャリティ第2弾のトマト、クリームチーズ、バジルの3種の味が楽しめるものと、赤崎いちごで作られる「能登いちご」でした。
能登ミルク (15)

トマト、クリームチーズ、バジルというイタリアンな組み合わせで、色もイタリア三色旗(Tricolore italiano)となっていますね。

なお、「宙(そら)」と「旬」は+100円の追加料金がかかりました。
能登ミルク (28)

あとお土産で「能登ミルク クッキー」を買っています。税込500円と素材にこだわっているので少々お高め。ザクロビクッキーに能登ミルクを加えて作られている小さなクッキーが7個はいっていました。
能登ミルク1

ミルクのうま味が凝縮されている気がしました。

新しい店になって俄然注目度合いが高まった「能登ミルク」の今後の活躍に注目です。ご馳走様でした。

能登ミルク本店
石川県七尾市和倉町ワ部13-6
TEL 0767-62-2077
9:00~18:00
木曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング

このページのトップヘ