あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

居酒屋というジャンルも生き残りは厳しい世界だと言えます。

今日紹介します「喜助」は居酒屋ではありませんが、この場所では、私のブログをやっている期間だけでも「串蔵」→「海都」→「和食ダイニング花みずき」と変わっています。

「花みずき」のときは行ったことがないのでわかりませんが、他のお店も人気があったようにも思えましたが、経営的には厳しかったのでしょうね?
喜助

「喜助」には初めてきましたが、看板以外、「海都」時代からは外観はほとんど変わっていませんでしたが、内部はだいぶ変わっているようです。

こちらのお店の経営母体は少し変わっています。加賀市の美容室「Lucido STYLE M2 ルシードスタイルエムツー」なのです。

美容室グループの会社が飲食店をやっているというのも珍しいですね。

さて、11月の祭日のお昼に一人で行ってみました。予約をせずにほぼオープン時間の11:35ごろお店に到着。お店は個室のお部屋が中心で、落ち着いて食事が出来ます。
喜助 (4)

私は一人でしたが、こちらの個室に通されました。
喜助 (5)

土日祝日のランチメニューは、こんな感じです。

その中で「椿(1,944円)」と「牡丹2,268円」は11月と12月の1日15食限定の和食箱膳。

他には税込1,404円で、ロースカツ定食ととんてき定食がありましたが、私は肉系が苦手なので、少しランチとしてはお高い「椿」を頼むことに。ちなみに平日にはもう少し安いランチメニューがあるようです。

和食箱膳「椿」は値段が高いだけあって、お造り・天ぷら・焼魚・肉料理・出し巻き・炊き合わせ・和え物・デザートが付いています。

そして、ご飯はオーダーが入ってから一人一人専用のお釜で炊くというこだわりで、炊き上がるまでに20~25分ほどかかるということでした。
喜助 (7)

「待っている間に食べてください」とお茶とお菓子が出されます。
喜助 (9)

そして出されたのがこちらのセットです。
喜助 (13)

二段重のような形で、その上の段には肉料理のローストビーフ、昆布の佃煮、和え物、焼魚の鮭、出し巻き玉子。
喜助 (12)

下の段には炊き合わせに甘酢餡かけ、切り干し大根煮、カキフライ、天ぷらなどが入れられていました。

玉手箱のような感じですね。
喜助 (8)

薬味の種類も色々でした。
喜助 (14)

別盛りでお造りが付いています。内容はサワラ、ブリ、甘えび。

色々な味を楽しめてよかったです。特に女性客には喜ばれると思いますね。
喜助 (17)

デザートはりんごのコンポート。コーヒーも付いています。
喜助 (11)

釜炊きのご飯はおこげが出来るほどではありませんでしたが、小松の蛍米、それも新米を使っていて、炊きたての艶やかなご飯で美味しかったです。
喜助 (16)

最近、ご飯の量は少なめにしている私ですが、この小さめのお茶碗1.5杯分くらいの量、全部食べ切りました。

この日は予約もせずに伺ったのですが、料理が出されるのを待っているときに予約の電話が入って、話す声が聞こえたのですが、満席だと言ってお断りしていたようです。

休日のお昼時は家族連れや女性のグループが多そうで、個室でゆっくり気兼ねせずにおしゃべりしながら楽しめるのが受けているのでしょう?

そして場所的にはそれほどいいところではないかもしれませんが、お聞きすると、年配のお客様がほとんどだそうで、今回ランチを食べに行ってみると、味もコスパとしても満足できる内容で、人気なのがわかりました。ご馳走様でした。

お食事処 喜助
TEL 0761-21-2121
石川県小松市若杉町3-151-2-7
ランチ11:30~14:30
ディナー17:30~23:00
月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

個人的には「立ち飲み」という形態は私は好きではありません。

お酒は座って、美味しい料理をつまみながらゆっくり飲みたいほうなので、何となく落ち着けない立ち飲みスタイルは合わないのです。

もっとも、ゆっくり飲むのは立ち飲みのお店でもokだとは思うのですが、立ち飲みというシチュエーションだと、サクッと飲んでサッと帰る的なイメージがあって落ち着けないのです。

まぁ、東京などの都会の土地代が高い場所では、自ずとランニングコストが高くなるので、料金を押さえようとするとランニングコストである賃料を少なくするというのは理にかなっていますし、お客側も納得してお店に来るわけで、需要と供給のバランス上も成り立つ構図です。


そのあとで軽く2次会で立ち寄ったお店「立喰酒場 buri」を今日は紹介します。
立喰酒場 buri (8)

ここは立ち飲みバーです。とりあえず連れられてきたので、まったく事前知識無くお店に入りました。

小松に戻って調べてみると、どうも日本酒のカップ酒の種類が豊富にそろっていて、それらを美味しいおつまみと一緒に気軽に楽しめるお店のようでした。

ただし、一軒目の「中目黒いぐち 上ル」でお腹のほうは十分満足していたのと、おつまみ系のメニューが充実しているということは、いる間にはまったく気が付かずに、お店の印象から洋風のバーだと思い、お酒と軽めのおつまみだけで飲みました。

我々は21時半ごろお邪魔しました。中は混み合っていました。外国人の客さんが多かったですね。
立喰酒場 buri (5)

立ち飲みのお店なので店内は狭く、お客の間をすり抜けるようにして奥の場所の空きスペースにたどり着きます。

中はとても暗かったです。写真もフラッシュを使うわけにもいかず、アップしている写真はだいぶ補正をかけてあります。
立喰酒場 buri (7)

お酒は私はモヒートを頼みました。ミントリーフがたっぷり盛られていました。
立喰酒場 buri (6)

妻のは「ロングアイランドアイスティー」。ウオッカベースのカクテルで、紅茶は使っていません。

見た目および味を紅茶に近づけた点が特徴のロングカクテルです。
立喰酒場 buri (3)

おつまみは頼んでいないようです。これはお通しのポテトチップですね。

こちらのお店は「凍らせたカップ酒」や「紀州備長炭で焼きあげた大山鶏」などもウリなようです。

気軽に立ち飲み出来るお店で、立ち飲みの良さを感じるお店でした。ご馳走様でした。

立喰酒場 buri
東京都渋谷区恵比寿西1-14-11
 シスタービル1F
TEL 03-3496-7744
17:00~27:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今回は私のブログでは珍しい回転寿司のお店について書きます。

イオンモール新小松店の1階の小松食回廊にある「もりもり寿し」です。
もりもり寿し (10)

実は、このイオンモール新小松店が、南加賀初出店だったんですね。そんなこともあって、私のブログでは、「もりもり寿し」は初めて紹介することになります。

石川県中心ですが、関東や関西にも出店をしています。テレビ番組でも時々出ているので、石川県よりも首都圏や関西のほう有名かもしれません。

今時珍しくホームページを持っていません。そんなことで、どのようなコンセプトで店づくりをしているのかもわかりませんが、色々調べてみると、3点盛や5点盛りがウリの回転寿司のお店だということがわかりました。

そこで、そんな3点盛や5点盛りを中心に攻めてみることにしました。

まずは、小松ということで、「カブッキー三昧(850円)」は、写真右からまぐろ赤身・アオリイカ・生サーモン・梅貝・ブリの5貫盛り。
もりもり寿し (5)

小松の店舗ということで、こんなネーミングも面白いのですが、若干、ネーミングとネタの意味合いが不明なところもあるような気がします。^^;

一押し五点盛り(1,200円)」は、写真右から甘えび・ヒラメ・本マグロ中トロ・アオリイカ・寒ブリの5貫です。
もりもり寿し (6)

本マグロ中トロは赤身に近いかな?寒ブリは脂が乗っていて美味しかったです。

あと「もりもり寿し」といえばノドグロが有名らしいです。そこで食べてみました。
もりもり寿し (8)

生でも炙りでもokで、我々は炙りでお願いしました。ブリは炙ったほうが甘みが際立ちます。

11月6日に漁が解禁になった「香箱がに(500円)」も頼みました。
もりもり寿し (7)

外子と身の部分、そして内子は下のほうに少し隠れていました。やっぱ美味しいですね。
もりもり寿し (9)

最後に頼んだのは「真イワシ(240円)」です。新鮮なイワシでないと寿司ネタとして食べられません。

この後映画を見る予定で、オープンの11時と同時に食べに行き、軽めの量で手早く済ましましたが、締めて3,500円ほど。

味、コスパとも、さすが石川の回転寿司のお店です。満足度高しです

もりもり寿し イオンモール新小松店
0761-58-2779
石川県小松市沖周辺土地区画整理事業区域20街区
 イオンモール新小松1F
10:00~22:00(L.O.21:30)
休みはイオンモール新小松店に準ずる

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ