あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

「一揆そば 長助」へは11年ぶりの訪問でしたが、11年前はおろしそばを食べていました。
長助 (11)

ここは、一部のメニューに地元の旧鳥越産のそばを使っています。

そして、そば自体は極太で超コシの強い田舎そばなのです。

昔から人気のお店だったのですが、昨年、北陸新幹線の金沢まで延伸して以来、人気に拍車がかかったようで、白山市内のみならず、県外からのお客を含め遠くから食べにくるような人気店になっていました。

私は、久しぶりにドライブがてら車を走らせましたが、小松市街からは30分もかからない時間で到着するので、意外と近いのです。

6月のとある日曜のお昼、12時少し前にお店に到着。駐車場は早くも満車状態でした。ん?一杯か!?と思いましたが、中に入ると運よく席は空いていました。
長助 (14)

ご覧のように水車も回っている古民家風の立派な店舗で、中も天井が高く開放感があります。
長助

基本、そば屋ですが、うどんや丼物もメニューにはあります。

しかし、やはりここではそばを食べないわけにはいきません。それも、ウリの地元産のそば粉を使った田舎そばを。

ということで、私は、お店の冠にも表記されている名物「一揆そば(税込800円)」を頼むことにしました。冷たいのと暖かいのから選びますが、当然、そばは冷たい方です。
長助 (7)

出されたのがこちら。揚げ草餅と山菜が乗せられています。脇には漬物ではなく、タクワンを煮た「ぜいたく煮」が添えられています。
長助 (5)

そばはご覧のように極太です。コシがめちゃめちゃ強く、しっかり噛んで胃の中に送り込まないといけないと感じるほどです。

ただ、舌触りは滑らかで、とろろか何か練りこんでいるのかと思えるようなそばでした。

ダシは少し甘さを感じます。おろしそばのように辛味大根が添えられていますが、辛さはほどほどでした。
長助 (9)

山菜はこごみ2個だけ。^^;あと、なぜかニンジン?これも山菜??

でも、揚げ立ての草餅は美味しかったですよ。
長助 (4)

妻のほうはこちらの「田舎もり(1,100円)」を頼みました。

竹の器に田舎そばと山菜の天ぷらが盛られています。天ぷらは揚げ立てでサクサク。ちなみに天ぷらは季節によって変わるようです。
長助 (10)

そば湯は頼んで出していただきました。さらっとしたそば湯です。

意外と、白山市には太いそばを食べさせてくれるお店が多いですね。ご馳走様でした。

一揆そば 長助
石川県白山市釜清水町ち2-1
TEL 076-254-2003
11:00~19:00(L.O.)
水曜,第5木曜休
 
気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング        

寿司(鮨)は大好きだが、東京や名古屋で寿司店に入ることは少ない。

もちろん、寿司には新鮮な魚が必須だが、コスパとの兼ね合いで美味しい寿司(鮨)は地元石川に限ると思っているからだ。

今回、3泊4日の出張の最後の日のお昼。3日間、色々なジャンルのお店に行ったため、最後は3日間に行ったジャンル以外のところということで寿司店をチョイスしたのだ。
万両寿し

お店は立派なつくりで、地元の人に人気なのだろうなぁ~?と思えるお店。中に入ると、時間が早かったので、先客はいなく、我々は個室のような掘りごたつタイプの小上がりの席に通された。

さっそくお品書きを見渡すと、ランチメニューも意外と豊富。

握りはもちろん、丼物も千円以下のリーズナブルな値段で設定されているので、明朗会計!安心して食べることが出来る。

一番のおすすめは平日ランチ5食限定の海鮮丼(税込1,000円)のようだが、これは他の人が頼むということで、私は他のメニューにすることに。

平日は他にも丼物がお得な値段で何種類か設定されていた。

1,260円のお得な寿司御膳というのもあったが、私は、とりあえず寿司以外の料理も食べてみようということで頼んだのが、食前酒・前菜・くみあげ豆腐・天ぷら・寿司・吸い物・デザートが付いたセット「椿」。税込で1,980円というお得なセットになっていて、何と!夜もこの値段でokなのだ。
万両寿し (4)

まずは、こちらの食前酒・前菜・くみあげ豆腐・天ぷらが膳に乗せられて運ばれた。

食前酒は仕事中だったのでぶどうジュースでお願いした。

くみあげ豆腐は、その場で火が入れられて、熱々のを食べることが出来るが、これからの季節は少し暑いかな?^^;

天ぷらは揚げ立てで、前菜は煮物が中心だったが、一つ鶏肉が使われていたので残してしまった。
万両寿し (10)

ほどなく、寿司とみそ汁が運ばれてきた。

寿司は握り8貫と巻物が一個。少し小ぶりな握りでした。ネタは、この値段のランチではあまり期待できないが、無難な内容でした。
万両寿し (9)

ただ、お味噌汁がとても小さな器に入れられていたので、一口で飲み干してしまいました。個人的にはこのあたりは値段を少しあげてもいいと思うので、普通の味噌汁椀のサイズでお願いしたいと思う。
万両寿し (11)

そして最後にデザートのシャーベットが運ばれてきた(個人的にはシャーベット抜きで味噌汁を普通サイズのほうがいいと思います)。
万両寿し (6)

あと、他の人が頼んだ、5食限定の海鮮丼がこちら。

頼んだ人は、満足だということで、お得感があったようである。

そうそう!写真では写していないが、海鮮丼にはたっぷりのあら汁が付いていた。^^;

平日のランチとしてコスパはとてもよかったです。ご馳走様でした。

万両寿し
愛知県名古屋市西区八筋町81
TEL 052-502-7788
11:00~14:00
17:00~21:00
水曜休(月に一度、連休あり)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング       


その時は確かメニューにはなかったと思うが、刀削麺(とうしょうめん、または、とうさくめん)という「生地の塊から刃で削り出しそのまま鍋に落として茹でる麺」を食べさせてくれるようになっていた。

「刀削麺」については、私も何度も食べているが、こちらのほうで刀削麺については書いているので参考にしてほしい。
 
さて、最近、あまり中華料理店には行かなくなったのだが、たまには!ということでランチに出かけてきたので書きたい。
赤門

今江町の「赤門」は、小松では勝ちゃん・清ちゃんの両巨頭の中華料理店に勝るとも劣らない規模のお店として地元の人を中心に人気のお店だ。
赤門 (3)

とある日曜日の11:30の早い時間から、すでに団体の客が入っていて大いに賑わっていた。

カウンター席に座りメニューを見渡す。日曜日でも一日中「選べるセット」というセットメニューがokなのがうれしい(平日も含めて営業している日は全日ok!)。

セットは、麺とご飯ものの組合せが基本で、一方が半分の量(ミニサイズ)となる。

前回お邪魔した時にもセットにしたが、今回もそれにすることに。750円という値段も魅力だ。

今回は、来る前から刀削麺を食べることに決めていた。ただ、刀削麺のラーメン系は他でも食べているので、ここは小松のご当地グルメである「小松塩焼きそば」を刀削麺でお願いすることにした。なお、刀削麺を選ぶと+100円となる。

ちなみに、ここは「小松塩焼きそば」の認定店となっていない。
赤門 (6)

10分ほどで運ばれてきたのがこちら。もう一種類のほうは半チャーハン。
赤門 (7)

「小松塩焼きそば」は、刀削麺らしい麺でモチッとした食感が特徴である。
赤門 (9)

野菜は麺と同じような幅で細めに切り揃えるのが「小松塩焼きそば」だが、豚肉はそうなっているが、他は違っていた。ニンジンは飾り包丁を入れてある。

味的にはおいしいのだが、やはり「小松塩焼きそば」の麺は、中石食品の麺のほうが合っているかな?
赤門 (8)

半チャーハンは紅生姜が細かく刻まれて入れられている好みの味付けだった。

玉子スープも付いてくる。

最近、この手のセットを頼むと全部食べきれずに残してしまうことが多くなってきたのだが、今回はすべて完食できた。好みの味だったのだろう?ご馳走様でした。

赤門
石川県小松市今江町1-374
TEL 050-5872-8643(予約専用)
TEL 0761-24-0039(問合せ専用)
10:30~14:30
16:30~24:00
無休(不定休)

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング        

このページのトップヘ