あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

四国へは2年3ヶ月ぶりに行きました

香川県といえば「うどん県」で有名ですが、うどん以外にも美味しいグルメがたくさんあります。

特に瀬戸内海の海の幸は格別で、鯛やタコ、サワラ(石川県でいうサワラとは違います。石川では「サワラ」とはカジキのことです)など美味しいものがたくさんあります。

まぁ、うどんは主食なのですが、さすがに夜にまでうどんを食べるわけにもいかないので、普通に居酒屋に入りました。
酒と料理のなつ

とはいえ、せっかく来たので瀬戸内の美味しい魚介も食べたいし、美味しいお酒を飲みたいわけで、それなりに下調べをしてチョイスしたのが、今日紹介します「酒と料理のなつ」です。

高松市内の中心エリアにお店はあります。

昔よく利用していたホテルに今回久しぶりに宿泊して、仲間と4名で連れだって近くにあるこちらのお店に向かいました。

私がよく出張で四国にも行っていた6年前にはなかったお店です。
酒と料理のなつ (8)

四国貯蓄信用組合の跡地を利用して、元銀行の金庫室をそのまま個室席として使用していたり、カウンターやテーブル、小上がり、個室など色々な形態の席がたっぷりありとても広いお店でした。

できる限り「地元・四国の食材」を使うことをモットーに、作り手の名前の付いたメニューなど地元四国の生産者の方々と密接につながった料理を提供しているお店なのです。

我々4人は、入口に近いテーブル席に案内されます。
酒と料理のなつ (3)

まずは生ビールで乾杯です。お通しはブロッコリーと鶏肉でした。
酒と料理のなつ (9)

では食べたものを紹介していきます、
酒と料理のなつ (12)

最初に「お刺身盛り合わせ おまかせ2~3人盛り(2.070円)」を頼みます。こちらで2~3人前です。

かつお、オリーブはまち(オリーブをエサで食べさせている?)、サワラは炙り、タイ、サーモンの5種類。刺身は今の時期、旬の美味しい魚介を楽しめるので、それと比較すると、まぁ、鮮度的には少し落ちるといえるかもしれません。
酒と料理のなつ (10)

これは「はまちのぶっかけ胡麻まみれ(1,000円)」で、福岡の「ごまアジ」のような感じです。
酒と料理のなつ (14)

野菜は「エビとアボカドのシーザーサラダ(950円)」を頼みました。
酒と料理のなつ (16)

「熱々じゃこ天(470円)」はこれで2枚分でした。熱々で美味しかったです。
酒と料理のなつ (19)

「いただきさんのたこ天(630円)」にはカレー塩が添えられています。

「いただきさん」とは、高松の町でそう呼ばれる鮮魚商のこと。もともと頭の上に桶を乗せて売り歩いていたようです。
酒と料理のなつ (17)

こちらの「明太子入り出し巻き玉子(720円)」は一本物で出されます。
酒と料理のなつ (18)

明太子もたっぷり入れられていました。熱々で美味しかったですよ。
酒と料理のなつ (20)

「〆サバ(700円)」は脂が乗っていました。
酒と料理のなつ (22)

最後に頼んだのは「鳴門鯛のかま飯(900円)」。といっても一から一人用の羽釜で炊き上げるので20分ほどかかるということで、20分ほど前にオーダーしています。
酒と料理のなつ (23)

出来立てをかき混ぜ少し蒸らせて、お茶碗に盛り付けます。
酒と料理のなつ (24)

上品なうす味でしたがうまかったです。

「漬物盛り合わせ(600円)」も合わせて頼みました。
酒と料理のなつ (13)

お酒のほうは生ビールの後は、獺祭の純米大吟醸50の300ml。

そのあとは私はハイボール。他の人は日本酒を頼んでいました。

以上、4名で飲み食いして締めて一人5千円を切る値段。コスパもいい感じ。味のほうもすべての料理が標準以上の味で満足できましたね。ご馳走様でした。

酒と料理のなつ
香川県高松市瓦町1-4-10
050-5592-2001
月~木18:00~25:00
金・土18:00~25:00
日18:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

毎度おなじみ小松のオーセンティックバー「エスメラルダ」に、東京から歌舞伎を観に来た友人と二次会でした。

今回は前回から少し間が空き、3か月ぶりの訪問です。
エスメラルダ (14)

前のお店でもそこそこアルコールは飲んでたので、まぁ、軽めにと思って入りましたが、そうはいかずにしっかり飲んでしまいました。^^;

人それぞれ酒の好みは違うもので、料理を一緒に楽しむときは食中酒であるビールや日本酒・焼酎。ウイスキーであればハイボールなど飲みますが、食後に飲む場合は、多種多様なお酒を愉しむことが出来ます。

私の場合は、食後はロングカクテル中心ですが、私の両隣は強いお酒が好みのようで、珍しいのをたくさん頼んでいました。^^;

遠来の客人は、モルトウイスキーで攻めていました。
エスメラルダ

シングルモルト余市に始まり、
エスメラルダ (12)

サントリー山崎蒸留所の「ピュアモルトウイスキー ブラック」。
エスメラルダ (11)

そしていまや世界でも注目の蒸留メーカー「ベンチャーウイスキー」のイチローズモルト。その「ミズナラウッドリザーブ MWR リーフラベル」です。ラベルは日本のオークであるミズナラの葉っぱをイメージして作られています。
エスメラルダ (19)

リーフシリーズの中でも秩父蒸留所の特徴であるミズナラ樽の熟成に焦点を当てて作られたウイスキー。MWRはミズナラ・ウッド・リザーブの頭文字をとったものです。
エスメラルダ (21)

同じく「ダブルディスティラリー」は旧羽生蒸溜所と秩父蒸溜所のモルト原酒をブレンドしたピュアモルトです。いろいろ比較しながら飲んでいました。
エスメラルダ (2)

妻のほうはエスメラルダの季節のフルーツカクテルの中から「ラ・フランスの軽いカクテル」や、
エスメラルダ (6)

こちらは「PELLEGRINO ARANCELLO(ペッレグリーノ アランチェッロ)」オレンジチェロなどを飲んでいました。

シチリア産オレンジの皮のみを使用して、ピュアアルコールに数日間漬け込みで作られています。バランスの良い爽やかで魅惑的なリキュールとなっています。
エスメラルダ (15)

最後は、カルバトスの「Pays D'Auge(ペイドージュ)」。

カルバトスは、リンゴを原料につくるブランデーのことで、こちらも妻の大好物です。
エスメラルダ (3)

私は、まずは「キウイとレモンのカクテル」です。
エスメラルダ (7)

そして、こちらは「バナナと紅茶のバイカラーカクテル」。組み合わせは?マークがつきますが、なかなか美味しいカクテルでした。

最後は、橘くんのコンクールに向けてのオリジナルカクテルを頂きます。
エスメラルダ (16)

こちらのカクテルは、テキーラ・ヨーグルトリキュール・レモンリキュール・アーモンドシロップ・レモンジュースでできています。

ほど良い酸味ですっきりしたカクテルでした。ネーミングはこの時点では不明でした。

この日はあまり飲まないつもりだったのですが、ついつい飲んでしまったので、帰りは暖かったこともあってアルコールを抜くために歩いて帰ることに。千鳥足ではありませんでしたよ!ご馳走様でした。

あと、イオンシネマ新小松店とのコラボ企画で「映画を見たらBARに行こう!」というのを12月1日より12月25日までやっているそうです。
エスメラルダ映画

内容は、いまイオン新小松店で上映中の「探偵はBARにいる3」を観た方は、半券をエスメラルダに持っていくと、カクテル1杯無料となります!スペシャルな企画を見逃さないでくださいね。

バー・エスメラルダ(Bar Esmeralda)
石川県小松市土居原町339-1
TEL 0761-23-1283
月・水~土18:00~27:00
日祝18:00~25:00
火曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

よく存じ上げている小松市在住の竹の画家、八十山さんの特別展が京都の紅葉で有名な高台寺で開かれていました。

12月10日まででしたので、残念ながら今は終了していますが、私も期間ギリギリになってやっと見に行くことが出来たのです。

京都の街を歩くのも久しぶりです。

出張に行くことはあっても、郊外ばかりで、宿泊場所が京都駅近辺だったとしても、せいぜいが京都駅あたりで飲み食いするのみでした。
高台寺 (8)

今回、「高台寺」で開催されていた特別展「八十山和代 竹取物語」を見てきましたので、その紹介とあわせて高台寺の晩秋というか初冬の紅葉について紹介をします。

さて、八十山さんのバイタリーテーにはいつも驚かされていますが、彼女のネットワークも凄いです。
高台寺 (9)

「高台寺」といえば、紅葉スポットに事欠かない京都の中でも1,2を争う紅葉の名所として有名です。また、豊臣秀吉の正室のねねが秀吉の冥福を祈るため建立したお寺(臨済宗建仁寺派)としても知られています。

今回、彼女はその歴史ある高台寺に襖絵を納めていて、それを記念しての特別展となっているのです。

高台寺には、私も大阪に住んでいた時に来ていて、こちらにその時のことは書いています

午後遅くに着きましたが、少し周辺を歩いて、夕方に高台寺の中に入ります。
高台寺 (19)

いいお天気で、ちょうど名前の通り高台にある高台寺に夕日が差し込んでいて、最終盤を迎えた紅葉がさらに赤く染まってとてもきれいでした。
高台寺 (21)

さて、八十山さんの絵は、仏殿の存在しない高台寺の中にあっては一番メインとなる方丈という建屋の中の一番いい位置の襖絵として飾られていました。
八十山和代美術館

残念ながら内部での写真撮影が不可だったので、代わりにご本人の了解を得て、彼女が作画した後に小松にある八十山さんの美術館内で撮影した襖絵の一部をご紹介しておきます。

力強いタッチで描かれていますが、実物は本当にもっと迫力があって素晴らしいですよ!
高台寺 (16)

方丈の前庭は有名な枯山水式「波心庭」。白砂、砂紋、二つの立砂の構成となっています。
高台寺 (32)

こちらは国の重要文化財となっている霊屋。豊臣秀吉の坐像と正室・北政所の片膝立の木像が安置されていました。内部は写真撮影禁止です。
高台寺 (36)

更に上のほうには、こちらも国の重要文化財であるお茶室、時雨亭と傘亭。
高台寺 (35)

侘び寂びを感じさせてくれますね。
高台寺 (40)

出口に戻る道には竹林も。八十山さんの絵のモチーフみたいです。
高台寺 (41)

帰り際、すっかり日が落ちて、高台寺から眺める京都市内も夜の帳が下りそうになっていました。


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ