あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

富山のご当地グルメで有名なものといえば、いの一番に「鱒寿し」が挙げられます。

特に「源」の「ますのすし」は駅弁では「超」の付くほど有名な駅弁です。

しかし、富山に住む人たちにとっては「源」の「ますのすし」はそれほどおすすめの鱒寿しではないようです。(ただ、今のように富山の鱒寿しが全国的に有名になったのは「源」の力が大きいです)

各自個人個人が好きな味といいますか、贔屓のお店を持っているようで、富山市内至る所に鱒寿しのお店があるのです。

ちなみに私のブログでは、鱒寿しについては、むかし今井商店のと、高田屋のを紹介したことがあります。

さて、今回、富山に行った時に夕飯用に鱒寿しを買って帰ることにしました。

今日は、まずその一つ「ます寿し本舗 扇一」について書きたいと思います。
扇一1

前はもう少し北のほうの東田地方町という富山駅に近いところにあったのですが、こちらに新しくお店を建てて移転されたようです。鱒寿しの人気店の一つです。

さて、鱒の寿しは昔ながらの伝統的な味のと、生に近い脂がのった鱒の二つの区分けがあるようです。

その区分けでいけば、「ます寿し本舗 扇一」は後者の方になります。

後者の特徴は、鱒を酢で締め過ぎずに半生で、そして鱒の身が厚いとのこと。半生なのであまり県外に流通させていないところが多いそうです。

買い求めたのは「1段重ね(1,500円)」。
扇一

パッケージはこんな感じです。
扇一 (3)

開けると、鱒寿しの特徴である、曲物の箱を竹の拍子木と強めのゴムのバンドで押さえつけてあります。
扇一 (4)

熊笹の葉で包まれたのを一枚一枚外すと、鱒寿しが現れます。
扇一 (5)

こちらのお店の特徴は、肉厚な身!みてください。ビックリでしょう?シャリの厚さと変わらないくらいです。

そしてサクラマスがピンク色できれいです。

全体的にもとても上品な味で、酢の塩梅もそれほど強くなく、ご飯も柔らかくてとても美味しかったです。

実は同じ小泉町には、大多屋という鱒寿しのお店があって、こちらのは鱒がご飯を包み込んでいるのが特徴なのですが、両店とも特徴のある鱒寿しだと思います。

営業時間は15:00までとなっていますが、電話で予約した時にお聞きしたら14:30までしかお店はやっていないとのことでした。

また、早々と売り切れになることもあるようなので、電話で予約を入れておいた方が無難でしょうね?ご馳走様でした。

扇一 ます寿し本舗
富山県富山市小泉町54-11
TEL 076-491-0342
8:00~15:00
※売り切れ次第閉店
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

過日、道の駅瀬女へ行ったことは書きましたが、今日は道の駅の中のお店「とうふ 伝好」で食べたランチに付いて書きます。
伝好 (2)

道の駅瀬女に行った目的は、こちらの「とうふ 伝好」で手造り豆腐を使ったメニューを食べることでした。
伝好 (8)

食事時間は11時からということで、その時間を目指して移動。11時になると同時に中に入ると、すでに2組のお客さんが食事をしていました。^^;
伝好 (7)

ここは、基本お豆腐屋さんです。白山麓は堅豆腐が有名で、こちらでもウリはやはり堅豆腐のようです。

その手作りの自家製堅豆腐をその場で食べてもらいたいということで、食事をするお店を併設しているようです。
伝好 (3)

道の駅にあるので、外に向かっては売店もあって、ソフトクリームなども買い求めることが出来ますし、また、とうふ販売は9:00~17:00間で営業しています。
伝好 (22)

中に入ると、とうふや関連の商品を売るところがあり、食べるところも思ったより広かったです。

メニューには、豆腐だけだとバリエーション的に少なくなるので、そばやうどん、そして豆腐から作る油揚げを使った丼などもメニューにありました。
伝好 (9)

そんなメニューの中から私が頼んだのは、一通り、ウリの堅豆腐と豆腐を使った料理、そしてそばまで味わえる内容となっている「とうふ膳(1,400円)」。
伝好 (13)

出されたのがこちらです。

豆腐は富山県入善町の農家に契約栽培してもらっている大豆と珠洲の塩田の天然のにがりを、白山の伏流水を使い作っていますね。こちらのお店の堅豆腐は限界まで水分を含ませて作っているので、非常に瑞々しい堅豆腐でした。
伝好 (14)

「とうふ膳」のメインは堅豆腐のお刺身です。

わさび醤油で食べます。一般的な堅豆腐より水分を多く含んでいるので、滑らかな舌触りでした。もちろん、大豆の旨みがすごくしました。
伝好 (15)

おろしそばには、油揚げが2片乗せられています。そばの量は多くありません。温かいそばも選べますが私は冷たいそばをお願いしました。
伝好 (27)

大根おろしはそれほど辛くはありませんし、そばのほうも、それほど特徴があるわけではありません。
伝好 (17)

小鉢はおからサラダ。絹ごしで、おからには思えないほどの滑らかな舌触りで、味付けも上品で美味しかったです。
伝好 (16)

こちらは豆乳で作られた胡麻豆腐。これも滑らかです。
伝好 (18)

おぼろ豆腐のみそ汁と香の物。甘辛く炊いた煮豆も少量添えられています。

おぼろ豆腐のみそ汁もいいですね~!おぼろ豆腐自体が甘くておいしいです。

ご飯の上に乗せられているのは、自家製季節のみそ。この日のは山菜のフキノトウのような苦みがあるみそでした。
伝好 (20)

おぼろ豆腐とおからサラダが美味しかったので、帰りに家にお土産で買い求めて夕食の時に食べましたが、おぼろ豆腐は大豆のうまみがダイレクトに舌に伝わり、やはり美味しかったです。
伝好 (21)

おからサラダも含めて家では好評でした。ご馳走様でした。

とうふ 伝好(でんこ)
石川県白山市瀬戸寅138-3
TEL 076-256-7325
11:00~16:00(売り切れの場合は閉店)
とうふ販売9:00~17:00(夏季は18:00まで営業)
木曜・第3水曜、年末年始休(臨時休業有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

こちらの「印度屋」は9年前に森ノ宮のお店に行ったことがあります。

その時は「エビとアサリの煮込みカレー」を食べていますね。美味しかった記憶があります。
印度屋 (10)

今回、京橋でランチを食べに入ったのですが、しかし、まったくそのときは森ノ宮のお店の姉妹店だとは気が付かずに、帰って調べて初めて気が付きました。^^;

十三にもお店があるようで、この3店舗のみの展開です。

この日、環状線で京橋まで行き、ここからタクシーで移動する前にランチを食べに入ります。お店は京橋駅から出てすぐのところあります。便利な場所です。

さて、印度屋のカレー、森ノ宮のお店に行ったときも思ったのですが、辛いことで有名です。もちろん激辛とは違って、スパイシーと表現したほうが適切でしょう?

それも、私も良く食べたことがある、いわゆる大阪カレーのように先に甘さを感じて後から辛さが襲ってくるといったカレーではなく、すぐに辛さを舌に感じるタイプです。

材料は全て、本場インドから直輸入していて、スパイスなどは1年半という長い期間熟成させてから使用しているというこだわりなのです。

さて、我々は少し早めの時間帯でしたがお店に到着。店内には先客が2名いました。
印度屋 (3)

席に着き、ご覧のメニューを見渡しオーダーをします。基本はトッピングの組合せでカレーの種類が変わるだけです。

またライスが基本ですが、ナンも選択できます。変わったところではオムライス、ハヤシライス、カレーうどんなんてのもメニューに載っていました。

私はその中からヘルシーに「ベジタブルカレー(870円)」を頼むことに。
印度屋 (6)

基本のルゥには野菜を4~5時間ほど煮込んで溶け込ませてあります。そのためまろやかな舌触りです。

その上に「ベジタブルカレー」のトッピングの野菜はトマト・キュウリ・ブロッコリー・玉ねぎ・ほうれん草などが入っていました。
印度屋 (9)

こちらは他の人が頼んだ「ビーフカレー(760円)」と、
印度屋 (7)

「銀スジカレー(870円)」。

「銀スジカレー」にはじっくり煮込んだ牛のアキレス腱がたっぷり入っていました。コラーゲンたっぷりですね。
印度屋 (8)

カレーにはインドの豆で作ったパパドが付いています。
印度屋 (4)

またランチには、スープと何故かキュウリの浅漬けが付いていました。

「印度屋」は昔からあるお店で、お値段は少し高めですが、こだわりのカレーを食べさせてくれることで人気のお店です。ご馳走様でした。

印度屋 京橋店
大阪府大阪市都島区片町2-4-14
TEL 06-6356-1566
11:00~23:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ