あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

日本は細長いので、東と西では味覚の違いが大きいのです。

大体、滋賀県と静岡が、食文化の面で、東と西を分ける場所だと言われています。

有名なのは、日清食品のどん兵衛の汁の味で、関ケ原あたりで東と西の味が違うとのことです。

静岡県では、うなぎの裁きと焼き方が、浜松市で東西どちらも混在しているらしいですね。

さて、そばとうどんという区分けですが、大雑把な区分けでいえば、静岡県までの東がそばで、愛知県以西がうどんのようです(もちろん、東西どちらにも例外があります。例えば島根の蕎麦、埼玉のうどんのような)。

今回は、そんな静岡県の蕎麦屋さんの紹介です。場所は静岡インターチェンジの近くです。
蕎麦屋 神楽 (2)

小松から静岡に車で移動。お昼前だったのでそのままランチを食べにお店に入りました。

11:40頃だったのですが、すでにお店の前の駐車場も満車に近い状態でした。
蕎麦屋 神楽 (7)

店内はテーブル席が一杯で、カウンター席と小上がりの席が1テーブル空いていました。そこで我々は、中庭の見える奥のほうの小上がりの席に案内されました。
蕎麦屋 神楽 (6)

冷たい蕎麦のメニューはこんな感じです。ランチ用のセットメニューはありません。

4年前に来たときよりは少し値上がりしているみたいです。
蕎麦屋 神楽 (8)

その代わり?と言ったらなんなのですが、前は付いていなかったと記憶している、こちらの生わさびが付いてきました。
蕎麦屋 神楽 (4)

このようなお店にしては珍しく、人気メニュートップ10なんてリストもあって、私はその中から第4位の「神楽 天おろし(税別1,160円)」を頼みました。
蕎麦屋 神楽 (14)

石挽き自家製粉の透明感があって艶っぽい蕎麦。のど越しも抜群です。私のはぶっかけなので蕎麦そのものの風味を味わうことはそれほど出来ませんでしたが、すりおろしたばかりの生わさびを少し乗せて蕎麦を食べると、鼻に生わさびの風味が抜けて美味しく食べることが出来ました。
蕎麦屋 神楽 (17)

そしてゴマもたっぷりかけられて、梅肉が海苔に乗せられています。

天ぷらは、エビ1尾、穴子、季節の野菜としてニンジンとサツマイモでした。天ぷらは揚げ立てサクサク。美味しかったのですが、両方とも秋以降の野菜ですよね?^^;
蕎麦屋 神楽 (12)

一緒に行った人が頼んだのは、こちらのもりそば(690円)と、
蕎麦屋 神楽 (13)

小天丼(480円)です。こちらん天丼には海老と季節の野菜の天ぷらが乗せられていました。
蕎麦屋 神楽 (15)

最後は蕎麦湯が出されます。私のはぶっかけだったのでそば猪口も持ってきてほしかったです。^^;

4年前は、何となく食べたのか、あまり印象に残ったわけではありませんでしたが、今回は違いました。美味しい蕎麦でした。ご馳走様でした。

蕎麦屋 神楽(かぐら)
静岡県静岡市駿河区中野新田262-2
TEL 054-288-5752
11:00~21:00
平日11:00~15:00,17:00~21:00
無休(不定休有)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

お惣菜のお店の紹介、最近多くなりました。

スーパーマーケットで惣菜類を買い求めることが多かったですが、最近は惣菜屋さんでも買い求めています。


昔のお惣菜屋さんといえば、コロッケや煮物など、和風のものが主流だったと思うのですが、いまの時代はそれだけでは飽きられてしまいますね?

人気の定番はしっかり守って、何割かは新しいメニューを加えながら新陳代謝していかないと難しい世の中になってきたのではないでしょうか?
デリカキッチン

さて、今日紹介します、野々市のデリカテッセン「デリカキッチン」は、前は同じ野々市ですが若松町にお店がありましたが、こちらのほうにお店を新しく作って移転されました。
デリカキッチン (9)

移転を機にイートインコーナーを広げられて、とても大きなスペースになっています。
デリカキッチン (10)

私がお邪魔したのは13:30ごろだったので、イートインコーナーでは2組だけ食べていました。
デリカキッチン (4)

そして、惣菜を並べてあるコーナーには、ご覧のように多くの種類の惣菜が並んでいます。和・洋・中とバランスよく並んでいました。

これだけ種類が多いと、選ぶのが楽しくなりますね。
デリカキッチン (2)

お弁当のように、定食のような設定のランチメニューも豊富にありました。
デリカキッチン (16)

また、カレーやナシゴレン、ハントンライス、オムライス、ピザなどのメニューも。デリカテッセンというより洋食&定食屋さんと言ったほうがいいほどのラインナップです。
デリカキッチン (3)

私は今回は、家での夕食のときに食べるものを買い求めることにしました。
デリカキッチン (22)

買い求めたのは、「高野豆腐(1個税別450円)」が4個。高野豆腐に味がしゅんでいて美味しかったです。
デリカキッチン (25)

こちらは「豚肉アスパラチーズカツ(285円)」。添付されていたタレをかけて食べます。
デリカキッチン (24)

「豚肉アスパラチーズカツハーフ(143円)」という半分サイズのもありました。中はこんな感じです。
デリカキッチン (17)

「親子だし巻き(185円)」という、卵にそぼろを入れて焼きあげています。
デリカキッチン (19)

「照り焼きチキン(167円)」は2個入っています。これらは私は食べていません。
デリカキッチン (20)

「海老とレンコンおとし揚げ(130円)」もサクッとしたレンコンの食感を楽しめました。
デリカキッチン (18)

これは「白身のタルタルソース焼(230円)」も美味しかったです。
デリカキッチン (23)

あと、「煮豆(100g186円)222gで412円」も買い求めてみました。
デリカキッチン (14)

これだけ充実した内容だと、何回利用しても飽きないかもしれません。イートインメニューも豊富で、デリで持ち帰りや店内でイートインもよし。使い勝手のいいお店です。ご馳走様です。

デリカキッチン
野々市市本町5-124-1
TEL 076-294-0126
11:00~22:00

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

愛知県に出張はあっても、岡崎で宿泊することはめったにないのですが、今回は岡崎市内で宿泊する機会がありました。
くうかい (3)

今日は、そこで夜に飲みに行ったお店を紹介します。

仕事を終えてホテルにチェックイン。その後はメンバーと飲みに出かけました。

行ったのは岡崎駅から5分ほど歩いた場所にある和風居酒屋の「くうかい」というお店。

「くうかい」といえば、金沢の主計町にも「空海」という人気のお店がありますね。

夕方18:30頃でしたが、前を通る道は車も人もあまり通らない場所で、JR岡崎駅に近いとはいえ、それほどいい場所ではない感じがしました。
くうかい (16)

店内は、調理場前のカウンターに席が6席。他は小上がりの座卓の席が20席ほど。それほど大きなお店ではありません。

女将さんが、もう一人の方と一緒にフロアを見ておられ、女将さんの息子さんが調理を担当していました。

この日は平日で、お店に入った時は2組のお客様がいましたが、途中から我々だけになりました。そのため、オーダーしたものはスムーズに出されたのでよかったです。
くうかい (4)

まずは生ビールで乾杯です。私は小のグラスサイズです。

そしてこの後のアルコールはハイボールで通しました。
くうかい (8)

お通しはナスの煮びたし。いい味でした。

では、頼んだものを紹介していきます。
くうかい (9)

最初はサラダで「和風サラダ(460円)」。飲む前は出来るだけ野菜を最初に食べるようにしています。
くうかい (7)

「地物たこぶつ(680円)」を頼みます。足の先端部分が多かったですが、地元で獲れたタコは食感もよかったです。
くうかい (10)

肉系は「三河もつ豚のネギマ(2本420円)」と、
くうかい (12)

「地鶏のせせり炙りポン酢(460円)」を仲間が頼んでいました。しかしながら、この2つは私は食べていません。
くうかい (11)

私はこちらの「まぐろユッケ風(760円)」をつまみながら飲みます。少し甘めのタレガいい塩梅でした。
くうかい (13)

そして夏は「ゴーヤチャンプル(680円)」も美味しいですね。ランチョンミートではなく豚バラ肉です。
くうかい (15)

これは「ニラもやし炒め(460円)」です。写真は少し食べた後で写しました。
くうかい (14)

「出し巻き玉子(460円)」はお店のおすすめメニューです。出来立ては美味しいです。ダシもいい感じです。

「出し巻き玉子」は、メニューに「大将の手が空かないと作れないので少し時間がかかります」と書かれていましたが、この日は幸いに、この時間帯は私たちだけだったのですぐに出てきました。

なんだかんだでお腹もふくれたので、ご飯ものは頼まずにこの辺で終わりです。

あまり知らない土地で、偶然チョイスしたお店が正解だったときは、とてもうれしいですね。「くうかい」はアットホームな雰囲気のそんなお店の中の一軒でした。ご馳走様でした。

くうかい
愛知県岡崎市羽根西新町5-8
TEL 0564-53-7177
月~土
17:00~24:00(L.O.23:00)
日曜 第3月曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ