あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

グルメブログをやっていると、変なクセが出て、いろんなところで食べたものをカメラで写してしまいます。

それは、泊まったホテルの朝食でも同じこと。まぁ、どうでもいいような日常の朝食ですが、ついつい癖が出てスマホを取り出しシャッターを押してしまいます。

今日は、全国各地で泊まったホテルで、そんなこんなで写した朝食の紹介です。

まずは、名古屋で泊まった「ホテルトラスティ 名古屋」。地下鉄伏見駅の近くにあります。

金沢香林坊にもホテルトラスティがあって、むかし紹介したことがあります。

シティホテルとビジネスホテルの中間のグレードでしょうか?比較的安価でシティホテル並みのホスピタリティがあるということで人気で、金沢香林坊のトラスティは、北陸新幹線の金沢延伸以来、値段もだいぶ上がってしまいました。
トラスティ名古屋 (2)

「ホテルトラスティ 名古屋」での朝食は、チェックインカウンターのあるロビー隣に併設されているクオーレ(ラウンジ)でとります。高い吹抜け天井までガラス窓があって、開放感あふれる空間です。

朝食の種類は、私が泊まった時は洋食2種類と、和食1種類でした。ちなみに和食は洋食に+300円と、少し追加料金が必要でした。

洋食は1,200円で「クロックムッシュとクリームスープの洋食セット」「ボリュームたっぷりの野菜とヘルシーな蒸し鶏のサラダ」の2つから選ぶことが出来ます。ただ、前日にどちらを食べるかの予約が必要です。

私は「クロックムッシュとクリームスープの洋食セット」にしました。

トラスティ名古屋

飲み物はセルフですが飲み放題。フレッシュジュース数種類やコーヒー、紅茶などがありました。
トラスティ名古屋 (4)

飲みながらしばらく待っていると、ご覧のセットが運ばれてきました。

メインのクロックムッシュとクリームスープ以外に、大きなソーセージとスクランブルエッグ、ヨーグルト、サラダが添えられています。

どれも、品のいいホテルの朝食そのものです。ビジネスホテルのそれとはクオリティが違いますね。おいしかったです。

ホテルトラスティ 名古屋
愛知県名古屋市中区錦2-11-32
TEL 052-221-5511
6:45~

では、後のホテルの朝食は、写真と簡単なコメントのみです。

宇都宮のサンルートホテル。ここでは2泊しました。ホテルの1階に入っている「Bistro Quatorze(ビストロキャトルズ)」でとります。

基本洋食のみの設定で、メインを選ぶようになっていました。
サンルート宇都宮 (3)

一日目はキッシュ。
サンルート宇都宮 (5)

二日目はスクランブルエッグをチョイスしました。

お次のリッチモンドホテル東京水道橋は、ホテルと同じビルに入っているサイゼリアでとります。
サイゼリア

サイゼリアってのが、少し気になりましたが、ピッツァやショートパスタなど、イタリア料理風のも置かれていました。

お次、ホテル ザ・ビー 八王子の朝食はバイキング形式。ホテルの1F,B1Fでとります。
ホテル・ビー

食べている人の半分以上が海外、それも中国の方のようでした。

和食、洋食何種類かの料理がありましたね。

さて、ホテルの朝食では、最近、モーニングカレーを置いているところも増えました。
静岡第一ホテル

静岡駅の近く、静岡第一ホテルはバイキング方式。おかずの種類はそれほど種類は多くありませんでしたが、カレーのチョイスが可能だったので、それにしました。

最近は量的に、それほど食べなくなったので、しゃもじで一すくいのご飯で十分です。

最後もモーニングカレーのあるJR岡崎駅近くの「Myhotel okazaki」。

ここもバイキング方式。まずまずの品揃えでした。
Myhotelokazaki

名古屋の味も楽しめました。

八丁味噌の赤だしも美味しかったです。

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。

人気ブログランキング

今回行った南京市は600万人以上の人口を抱える大都市です。その玄関口として南京緑口国際空港があります。
南京空港 (2)

一昨年新しくなってまちゃめちゃきれいになりました。ただ、ただっ広いで、殺風景な空港です。^^; 免税店もそれほど充実していませんでした。

日本から南京への直行便は中国東方航空のみが運航しています。
中国東方航空

機内食は焼きそばと、このようなパン、ミカン、お菓子的なもので、正直美味しくなかったです。^^;

しかし、関西空港と南京を結ぶ路線。大幅な遅れが常態化しています。その一つの要因に冬のダイヤが飛んでいる時間が短すぎる設定になっていることがあります。

まぁ、運賃は安いので仕方がないといえばないですね。

こちらは、南京のホテル「中心大酒店」での朝食。
中心大酒飯店(2)

中華は当然のこととして、洋系の品も豊富にありました。
中心大酒飯店 (2)

味的にも美味しかったです。
中心大酒飯店

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。

人気ブログランキング

日本料理「水之恵」は、中国南京の5つ星ホテルの金陵ホテルに2月14日のバレンタインデーにオープンしたばかりです。

水之恵 (2)
 
同じ南京の王府大街にあるお店の2号店です。王府大街は2003年のオープン以来、本格的な日本料理を食べることが出来るお店として、日本人だけではなく南京市民にも人気のようです。

水之恵 (3)
 
新しいお店なので、内装もきれいです。

水之恵 (22)
 
立派なカウンターの寿司コーナーもありました。料理人は中国人が主体のようです。

さすが日本料理のお店だけあって、メニューには日本語表記もあってわかりやすいです。接客の女性も日本語が上手でした。

それに食材なども日本から取り寄せているものも多いということでした。

水之恵 (5)
 
まずは野菜を取ることにしました。有機野菜サラダ(55元)を頼みます。

水之恵 (4)
 
お酒は生ビールです。そのあと私はハイボールを飲み、他の2人は日本酒を熱燗で頼んでいました。

料理は日本と同じようなものが数多くメニューには記載されていました。

水之恵 (8)
 
ししゃも(25元)は日本と同じです。

水之恵 (9)
 
ホタテ磯辺焼き(38元)は大振りなのが一個だけでした。

水之恵 (6)

梅貝酒蒸し(48元)は、梅貝というよりあずき貝

水之恵 (12)
 
タコキムチ(38元)は日本のとは少し味が違います。 

 水之恵 (10)

ねぎま串(一本18元)は巨大でした。私は食べていません。

水之恵 (11)
 
カニ足焼き(78元)はタラバでした。少し焼き過ぎなのでしょう?瑞々しさが少なくなっていました。こちらのお店は全体的に焼き過ぎの感がありますね。

水之恵 (13)
 
このあたりで締めのお寿司に移ります。これは「人気炙り焼きにぎり寿司盛合せ(88元)」というネーミングの握りでした。アナゴ、イカ、サーモンですね。

まぁ、日本で食べる握りに比べると、それは味的には勝負にならないですが、現地の食堂や弁当で食べるご飯に比べると格段に美味しいのです。

こちらの「桜寿司(30元)」は私は食べませんでしたが、エビに大葉を巻き、上には桜の花の塩漬けが乗せられていますね?

水之恵 (14)
 
こちらのデザートはサービスです。

締めて一人当たり4千円ほどかかりましたが、5つ星ホテルのダイニングでの和食、味もまずまず。この値段は納得かもしれません。

日本料理 水之恵
2号店(金陵ホテル店)
南京市漢中路2号南京金陵ホテル2F
TEL 025-8420-7517


気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。

人気ブログランキング

このページのトップヘ