あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

鹿児島にほぼ一年ぶりの出張でした。
チキンブラザーズ (3)

夜は会社の仲間と一緒に、鹿児島中央駅からほど近い場所にある「チキンブラザーズ」というお店に行き飲み食いしました。

最初「チキンブラザーズ」という名前を聞いて、鶏肉専門店かな?と心配しました。鶏肉が特に苦手なことは言ってあったので、それはないだろう?とは思いましたが、お店の前に着いて安心しました。^^;
チキンブラザーズ (4)

江口浜漁港や出水長島から直送の魚がウリの海鮮炉端焼きのお店だったからです。提灯には「朝獲れ地魚」とも書かれています。
チキンブラザーズ (22)

それに野菜も鹿児島産の新鮮な有機野菜を使用しているようです。楽しみです。

オーナーはネバーランドというところが鹿児島市内に展開する「チキン野郎」というグループの店舗で修行を積み独立されたようです。

2階の店舗にあがります。お店は靴を脱いで入ります。
チキンブラザーズ (5)

案内された一番奥の席からカウンターと板場の方を覗くと、こんな感じです。

上の写真は18時半ごろ。そこそこ広めのお店でしたが、私が行った月曜の夜は、だんだんとお客さんご増えとても混雑していました。

さて頼んだものを紹介していきます。
チキンブラザーズ (6)

お通しは「茶豆炒め」。
チキンブラザーズ (2)

飲み物は、この日はハイボールで攻めてみました。こちらのジャンボハイボールは1.5杯分の大きさです。^^;
チキンブラザーズ (7)

野菜はグリーンサラダを頼みます。

そしてお店の名物料理は「絶品!朝獲れ刺身」「炙りしめ鯖」「大根のからあげ」の3種。当然、全部頼みます。
チキンブラザーズ (9)

刺身は「刺身三種盛り(980円)」。江口漁港直送のタイ、出水長島直送の茶ぶり、天使のエビです。あと、ホタテとチャンジャも誰かがオーダーしました。

エビは身を食べて、残った頭は、後で炉端焼きをして食べることが出来、頭から尻尾まですべて食べれます。
チキンブラザーズ (10)

「炙りしめ鯖」は、肉厚で炙ることによって脂のりのりも最高になります。
チキンブラザーズ (17)

「大根のからあげ(580円)」のほうは最初、大根を唐揚げ?美味しいの?と、あまり期待していなかったのですが、これが意外と言っては失礼ですが美味しかったです。おでんのように煮込んだものを揚げているのか超熱々で、見た目熱そうに見えないのでかぶりつくと火傷を負いますよ!気を付けてください。
チキンブラザーズ (19)

こちらも名物の一つ「さつまチキブラ南蛮(680円)」です。私は当然食べていませんが、外はカリッと中はジューシーだったそうです。
チキンブラザーズ (11)

「地鶏の刺身(780円)」だったかな?^^; こちらも当然食べていません。
チキンブラザーズ (14)

こちらは「川辺産地鶏の炭火焼(880円)」だったかな?肉系のことはあやふやなのであまり信用しないでください。^^;

そして炉端焼きも頼みます。
チキンブラザーズ (13)

こちらの「活き貝3ブラザース」は1,980円。これは2人前の内容です。

ホタテバターの醤油焼き、サザエのだし醤油焼き、ジャンボはまぐりという内容です。七輪を使った浜焼きスタイルです。
チキンブラザーズ (15)

醤油をかけると、ジュッと音がして貝汁を合わさりうまみが増します。貝は、こんな食べ方が一番美味しいかもしれません。
チキンブラザーズ (18)

こちらの「ごぼう天」は、スティック状に切られたごぼうで、噛みごたえ食べ応えがありました。
チキンブラザーズ (25)

デザートもだれか頼んでいましたが私は食べていません。

以上、6名で飲み食いして、一人5,000円強。今回は私は前述のハイボールを2杯しか飲みませんでしたが、さすが鹿児島県人はお酒が強いです。^^;

美味しい魚介類が揃っていて、リーズナブルに楽しめるお店だと思いました。ご馳走様でした。

チキンブラザーズ
鹿児島県鹿児島市西田1-3-21
 ゴールドビル2F
TEL 099-296-9767
18:00~24:00(L.O.23:00)
日曜休



気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

ほぼ1年ぶりの訪問になります「鮨 志の助」。
志の助 (27)


相変わらずの人気で、なかなか予約が取りづらいですね。昨年発刊された「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」で星一つ獲得してからはなおさらです。

お聞きすると、北陸新幹線が金沢まで延伸してから、東京の方の予約が多く、さらには口コミの紹介のかたが増えたと話されていました。

新幹線がきて、多くの方が金沢に訪れるようになってうれしいのですが、人気のお店の予約は取りづらくなりました。

鮨屋とおでん屋がその最たるジャンルです。おでんなんて、ふらっと入って食べる庶民の味覚なのに…。あとカニやブリ、ノドグロなど、人気の魚も異常な高値が続いています。出るのはため息ばかり……。^^;

さて今年も、毎年の恒例の如く東京から毎年、志の助さんの鮨を食べにくることだけで金沢を訪れるご夫妻と一緒の再訪になります。

近年は、この時しか志の助さんに食べに来ることが出来ません。寂しいです。

この日、お昼遅めのランチだったので、あまりお腹が空いていない状況での訪問となり、おつまみもお鮨も少なめでお願いしました。^^;
志の助

まずはビールで乾杯です。

志の助さんの場合は、季節ごとでネタは変わりますが、基本定番の鮨なので、毎年冬に訪れる客人は、大体同じものを食べていることになります。ただ、北陸は冬に美味しくなる魚介が多いので、やはり冬に来るのが一番おすすめだと思います。

基本、おまかせのコースのみになっています。
志の助 (2)

最初に出されたのは、そろそろシーズンも終わりに近づいてきたタラの白子。プリンとした食感に濃厚でクリーミーな味、ポン酢の酸味が合います。
志の助 (8)

お造りは左から、アカイカ(石川ではヤリイカのことをこう呼びます)、小鯛、ガスエビ。イカの不漁が続いていますが、これも温暖化の影響でしょうか?耳の部分がコリッとしていいですね。

ガスエビは身も太く甘みが際立っていました。
志の助 (3)

万寿貝(白貝)のバター焼きです。もう15年ほど食べています。(笑い)
志の助 (9)

お酒のほうは小松の地酒、私のブログでもよく登場します東酒造の神泉大吟醸。フルーティでありながら切れがあります。

この後、握りに移ります。
志の助 (10)

まず出されたのはアカイカ。短冊切りにして絡めてあり、切り口から感じるイカ独特のねっとりとした旨味を感じることが出来、スタートの一貫として志の助さんの定番です。
志の助 (11)

これはノドグロ。有名になり過ぎで庶民の口にあまり入らなくなったノドグロです。^^;

この写真を見てお分かりかと思いますが、志の助さんの握りのシャリの形状と、酢の塩梅が少し変わったみたいです。あえてお聞きしませんでしたが、色味が付いて形状も若干俵型になりました。握りの所作も変わったような気がします。

当然、美味しくするために色々研究された結果なのでしょうね?
志の助 (15)

大ぶりの甘えび。名前の通り口の中で甘さが広がります。
志の助 (13)

加能ガニの身の上にかに味噌が乗せられています。。
志の助 (19)

梅貝はあら塩が振られていて、貝の旨みを引き出します。
志の助 (21)

アブトロ!トロの炙りですね!最高です。
志の助 (22)

アジも脂がのっていますね。
志の助 (20)

ウニです。
志の助 (23)

鯛の昆布締めは上品な昆布の香りと味が乗り移って旨みが口の中に広がります。
志の助 (25)

最後はアナゴ。口の中でとろけます。美味しいです。
志の助 (24)

あら汁も付いてきます。

以上で、この日は終了。珍しく日本酒も一合しか頼みませんでした。

1年に一回しか来ることが出来なく残念ですが、相変わらずの安定した味のお鮨を楽しませてくれるお店。これからも美味しいお鮨を握ってください。ご馳走様でした。

そうそう!志の助さんのお師匠さんの「小松弥助」森田さんも、御年86歳で再始動をされるとのこと。いやいや鮨職人、一生修業のようです。^^;
(この内容を書いたあと、北國新聞にも「小松弥助」さんのこと 掲載されていました)

鮨 志の助
石川県金沢市入江3-73
TEL 076-216-5280
12:00~14:30
18:00~21:30
水曜、日曜昼休
 


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

福岡県も、西に世界有数の漁場として知られる玄界灘を控え、新鮮な海の幸が豊富に獲れるところです。

私も福岡に住んでいるときには、美味しい魚介に舌鼓を打ったものです。

今回、久しぶりに福岡の鮨店に入りました。
鮨隆 (16)

鹿児島に出張の折り、福岡空港から九州新幹線へ乗り継ぎ途中にランチを食べるところとして選んだのは、博多駅前にある「鮨隆」です。

筑紫口の地下街(地下鉄)一番東の出入口(6番)のあるビルの2階にお店はあります。
鮨隆 (13)

階段かエレベーターで2階に上がると、ご覧のカウンター席が目の前に現れます。そしてテーブル席や座敷などもあり、思ったより広いお店でした。
鮨隆 (17)

私がお店に到着したのは13:30という遅い時間帯だったので、カウンター席には誰もお客さんは居ませんでした。一人の私は、カウンター席に案内されました。
鮨隆

こちらがランチのお品書きです。

平日11:30~14:00間は、サラダや茶碗蒸しが付いたお得なランチメニューがあります。

実は、こちらのお店を選んだ理由は、ランチの寿司セットについている貝汁が美味しそうだったから。

寿司セットは、5,940円のあまかせから、1,620円の並まで7段階。その中から私が選んだのは下から3番目の「中(2,160円)」。寿司セットには茶碗蒸し・貝汁・サラダが付いています。

7段階の違いは、主に量よりも質の差。私の頼んだ「中」は一番少ない8貫で、それより安い徳用が12貫だったりします。
鮨隆 (4)

オーダーをしてから、トイレに行っている間に、もう、こちらのサラダと茶碗蒸しが出されていました。

そして、付け台には、握られた寿司が2貫乗っていました。^^;

ランチ、それも「中」ランクでありながら、一貫一貫出してくれるのはうれしいのですが、何となく戻るのを待ってから出して欲しかったですね。
鮨隆 (5)

まずは白身から。ナメラとスズキかな。

活きの良さそうな食感でした。

そして、そのあと、5貫がほぼ一度に出てきました。
鮨隆 (6)

こちらはししゃもの卵「とびこ」。
鮨隆 (7)

マグロと、左のはなんだったかな?タイラギ炙りでしょうか?

思い出せない、というかネタの説明は一切ありませんでした。^^;
鮨隆 (8)

こちらのイカには大葉がサンドされ、胡麻が振りかけられています。サーモンは炙ってありました。

ここで楽しみだった貝汁も出てきました。
鮨隆 (9)

写真ではわかりにくいかもしれませんが大きなお椀です。
鮨隆 (10)

あさりが十数個入っています。貝汁はあさりの旨みが味噌汁に染み込んでさらに旨みが増します。

しかし、握りの方が7貫出されたあと、残りの一貫が出てきません。
鮨隆 (12)

貝汁も含めて全部食べ終わっても出てこないので、「8貫ではないのですか?」と聞きました。そこで、やっと、こちらのエビを忘れていたことに気づいてくれたようです。^^;

ちゃんと、謝ってくれたのでノープロブレムです。

握りの内容は、「中」ランクではこんなものでしょう?ぜいたくは言えません。

サラダや茶碗蒸し、そして大きな貝汁が付いて2,180円はお得な値段だといえます。ご馳走様でした。

鮨隆(スシリュウ)
福岡県福岡市博多区博多駅東1-12-1
TEL 092-431-6046
月~金
11:30~14:00
17:00~23:00(L.O.22:30)
土・祝
11:30~14:00
17:00~22:00(L.O.21:30)
日曜休(連休の場合は最終日)


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ