あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

九州北部は玄界灘をはじめ、美味しい魚が獲れる漁場も多く存在するところです。

長崎県の五島列島のその一つで、日本海と東シナ海の境目に位置するところで、世界でも有数の大陸棚が広がってることも相まって、色々な魚が獲れ、それらが九州各地の漁港に水揚げされます。

福岡市内にも、五島列島の魚をウリにしているお店も多く存在しており、今日紹介する「馳走 やまとや 博多駅東店」もその一つです。
馳走 やまとや 博多駅東店

この日は、事前に予約を入れて、仲間と一緒に訪れました。筑紫口から徒歩5分ほどの少し路地を入ったところにあります。なかなか立派な造りのお店ですね。

ただ、入口にあったいけすには一匹も魚が泳いでいませんでした。
馳走 やまとや 博多駅東店 (2)

中に入ると、カウンター席が並んで、その前に小上がりの席があります。我々は小上がりの席に通されました。

冒頭、こちらのお店は「五島列島の天然魚をつかった料理を楽しめる」と書きましたが、実は、こちらのお店を選んだ一番の狙いは、新鮮なイカの活き作りが食べられることでした。

ところが、何と!この日はイカの入荷がなかったのか、そのイカの活き作りがなかったのです。ガーン!

ホームページの写真でも、お造りの写真にデカデカと載っているのですが、残念です。

いけすで活かしておくわけにはいかないのでしょうか?^^;

あと、福岡に来たら必ず食べる「ゴマサバ」も置いていなかったり、少し寂しい夜になってしまいました。

最初に愚痴っぽくなってしまいましたが、思い直して頼んだものを紹介していきます。
馳走 やまとや 博多駅東店 (7)

オーダーは直接店員にオーダーしてもいいのですが、タブレット端末からも出来て便利です。
馳走 やまとや 博多駅東店 (5)

まずは生ビールとお通し。

そして我々は最初に刺身の盛り合わせを頼みました。
馳走 やまとや 博多駅東店 (6)

こちらは3~4人前の「椛島(2,160円)」です。内容はイサキ、カンパチ、メジナ、ハガツオ、石鯛です。どれも身が締まっていましたよ。
馳走 やまとや 博多駅東店 (10)

こちらは「自家製 らっきょう(350円)」。らっきょうは久しぶりに食べました。いい塩梅で漬けこまれていますね。
馳走 やまとや 博多駅東店 (4)

島らっきょうも頼んでみました。
馳走 やまとや 博多駅東店 (8)

「トマトスライス(420円)」はマヨネーズと塩で。
馳走 やまとや 博多駅東店 (9)

「ベーコンと野菜炒め」は濃いめの味付け。酒がすすみます。
馳走 やまとや 博多駅東店 (11)

「とろとろ豆腐のやっこ(660円)」は、本当にとろとろで美味しかったです。
馳走 やまとや 博多駅東店 (13)

「やまとや風 トーフステーキ(660円)」です。焼きたて熱々。
馳走 やまとや 博多駅東店 (12)

これは「チーズ餃子」です。揚げ餃子で本当に一口サイズでした。
馳走 やまとや 博多駅東店 (14)

「出し巻玉子小(460円)」は小を頼みました。

この日は、このあたりで打ち止めにしました。

お酒は4名で日本酒やハイボール、焼酎などを相当飲みました。お代は一人4,500円ほど。まずまずのコスパです。

イカと胡麻サバがなかったのは返す返すも残念でしたが、次回のリベンジということで。ご馳走様でした。

馳走 やまとや 博多駅東店
福岡県福岡市博多区博多駅東2-6-15 やまとやビル
TEL 050-5869-8383(予約専用)
092-433-7778(問合せ専用)
月~金
17:00~25:00(L.O.24:00) 
土・日
17:00~24:00(L.O.23:00) 
祝日休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング  

今年のシルバーウィークはカレンダー的には前後半の分割型となってしまいました。

皆さんはどのように過ごされてるでしょうか?

しかしながら今日は、石川県は大雨が降ったりして観光にはあまりよろしくない日になっています。

私は昨日、シルバーウィーク一日目の金沢に行ってきました。そして、文化・芸術の秋、そして食欲の秋を楽しみながら、ブラタモリならず、ブラピーしてきました。この日は25,000歩ほど歩きました。15kmほど歩いたでしょうか?

昨日も、午後からは雨の予報だったのですが、私の日頃の行いが良かったためか、少し雨が降りましたが、街中を歩いている間はほとんど雨に合わずに済みました。

さて、シルバーウィーク期間中、とくにこの3連休は全国色々なところでイベントが目白押しだと思います。

秋といえば、まずは文化・芸術の秋です。音楽、アート系のイベントが金沢の街中の至るところで行われていました。
金沢21世紀美術館 (16)

金沢21世紀美術館も、ご覧のようにチケット売り場に長蛇の列が。
金沢21世紀美術館 (15)

このような行列に並んでまで有料展示を見ることは避けて、樫木知子さんの~Daydream~という無料の展示のみをサクッと見て出ることに。

さて、お次は「金沢ジャズストリート」の話題です。今年で8回目の開催です。

チック・コリアやリー・リトナー・カルテットなど国内外のトップアーティストによる夢の競演「スペシャル・コンサート」や、金沢の街中では、色々なジャズミュージシャンが150を超えるストリート・ライブを繰り広げる「まちかど・ジャズライブ」などを楽しむことが出来ます。

ちなみに「まちかど・ジャズライブ」は無料で聴くことが出来るのがうれしいです。

私も、街中歩きの楽しみとして、いくつかの会場に足を運んで楽しみました。

まずは近江町市場。
近江町市場

シルバーウィークということで、鮨店の前には長蛇の列が出来ていました。
ジャズストリート

その一角での「まちかど・ジャズライブ」。気軽に聴けます。
ジャズストリート (3)

アトリオ広場。今日は雨天ですが、やっているのかな?
ジャズストリート (8)

片町きららは屋根があるので、今日のライブでも大丈夫でしょう?
ジャズストリート (13)

ポルテ金沢の地下でもやっていました。こちらも濡れずに聴くことが出来ます。
ジャズストリート (4)

メイン会場のかなざわ四高記念公園。ちょうど、慶應義塾大学ライト・ミュージック・ソサイェティが演奏していました。
ジャズストリート (5)

一番多くの観客が聴き入っていましたが、こちらの会場には金沢の人気の飲食店もブースを設けていて、飲み食いしながら演奏を聴くという楽しみもありました。

でも、今日のような雨天では、ちと厳しいかな?
ジャズストリート (12)

あと、犀川大橋上流河川敷の片町側では、9月3日から行われているイベント「サイガワあかりテラス2016」が開かれていて、そちらの会場でも「まちかど・ジャズライブ」が行われていましたね。
ジャズストリート (9)

こちらでも、リバーテラスということで飲食ブースが出ています。
ジャズストリート (11)

本当は、日没後のお楽しみのイルミネーションを見たかったのですが、歩き疲れたのと、日没まで時間があったので違う場所に移動することにしました。

イルミネーションは、輪島の白米千枚田で毎年行われている大規模なイルミネーション「あぜのきらめき」で使用されているペットボタルと同じ物を使用しているそうです。

2万個の灯りが川沿いを幻想的に照らすようで、見たかったので残念でした。こちらも明日までです。

最後に食欲の秋の話題を2つばかり。
肉フェス

まずは、しいのき迎賓館で開催されている「肉フェス KANAZAWA 2016」。
肉フェス (2)

こちらも多くの人で賑わっていました。

今年初めて北陸初として金沢で開催。これまで13都道府県で開催されているようですが、肉が苦手な私にとってはあまり興味のないイベントでした。^^;

こちらは19日まで開催されていますが、やはり雨の影響はありますね。

あと、雨の影響がない金沢駅の地下「金沢駅もてなしドーム地下広場」を会場として、今日明日と開催されている「金沢駅前カレーフェスティバル2016」についても触れておきます。 
カレーフェスティバル

石川、富山の金沢カレー、インドカレー、タイカレー、ご当地カレー、ホテルカレーなどが一堂に会していて、1杯500円で食べ比べができます。雨だと、こちらの方が賑わうかもしれませんね。

なお、今回の金沢でのグルメネタについては、後日アップいたします。

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング 

秋は駆け足でやってきます!とは言いながら、9月の半ばまでは夏の余韻も、名残惜しそうに残っています。

さて、今日は、そんな夏と秋の端境期の話題です。

まずは、9月も半ばにさしかかるころ、夏の余韻でまだまだ暑さが残っているので冷たいものが欲しくなります。

真夏だと「かき氷」が欲しくなりますが、9月だとアイス、ソフトクリームのほうがちょうどいい冷たさです。
牛乳村夢番地 (8)

今日紹介するのは、白山市にある「牛乳村夢番地」という、2005年に水稲農家1戸と酪農家6戸による地元産「おまっと牛乳」を原料に用いたソフトクリームやジェラート、地元の食材を使った弁当を製造販売する施設として誕生したお店です。
牛乳村夢番地

ランチを近くで食べたあと、デザートとして食べるために立ち寄りました。
牛乳村夢番地 (2)

中はこんな感じです。ジェラートの種類もたくさんありました。
牛乳村夢番地 (6)

そして、こちらがお店の一番人気の「おまっとソフトクリーム(320円)」です。店内でゆっくり座って食べることもできます。

美味しいです。濃厚ですが、舌触りが滑らかで、後口もすっきりとしていました。

もうそろそろソフトクリームの季節も終わりですが、まだ間に合います!

牛乳村夢番地
石川県白山市向島町760-1
TEL 076-274-3698
10:00~18:00
火曜休

お次は秋の日本酒「ひやおろし」の話題です。

石川県酒造組合では、昨年まで毎年「ひやおろし」の季節になるとイベントを開催して「ひやおろし」の知名度アップに努めていました。
東酒造

私は毎年、小松の造り酒屋「東酒造」に、この「ひやおろし」を買い求めに行きます。
東酒造 (5)

「ひやおろし」は、この時期しか飲めない日本酒で、昔、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)を行い貯蔵し、夏を超した頃、2度目の加熱殺菌をしない「冷や」のまま樽に「卸(おろ)して」出荷したことからこう呼ばれています。
東酒造 (3)

生酒のため、保存がきかないので要冷蔵で、開栓したらすぐ飲んでしまわないと風味が落ちてしまいます。

「神泉 ひやおろし 純米吟醸」は、ほのかな香りと旨味のひろがる辛口の酒で、食欲の秋にふさわしい、料理の味を引き立てる日本酒です。ブルーのボトルも涼やかですね!?
東酒造1

当然、買い求めたその夜、一夜にてボトルは空になりました。^^;

あと、一緒に買い求めたのは、酒造好適米山田錦を使用した「神泉 特別純米酒」。初めて小松産の山田錦で仕込んだ純米酒で、今年「日本遺産」に登録されたばかりの小松産日華石で造られた石蔵で熟成した酒です。

こちらも芳醇辛口で、冷でも燗でもよし。2013年に「無形文化遺産」に登録された和食に合いますよ。

東酒造株式会社
石川県小松市野田町丁35
TEL 0761-22-2301
月~金9:00~17:00

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ