あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

恒例の未公開編の7月版です。

まずは、金沢市大野にある醤油味噌の醸造所「ヤマト醤油味噌 糀蔵」。

大野へは、定期的に醤油を買いに行きます。

日常的に料理に使う濃口や薄口醤油はスーパーでも買えるのですが、少し高級な醤油などは売っていないものもあるため、わざわざ出かけるのです。
ヤマト醤油味噌 (2)

「ヤマト醤油味噌」は、今年3月にNHKの番組「鶴瓶の家族に乾杯」に出ていてびっくりしたことがありますが、今回、前回の訪問からだいぶ間が空いて1年半ぶりでの訪問になりました。
ヤマト醤油味噌 (3)

いつもの通りに刺身醤油や塩糀を買い求めて、別な出口を出ると「ヤマト醤油味噌 糀蔵」という新しい施設が出来ているではないですか!
ヤマト醤油味噌 (5)

ここは昨年の3月14日、つまりは北陸新幹線が金沢まで延伸した、その日にオープンしています。
ヤマト醤油味噌 (6)

テーマは「糀を見て、感じて、楽しむ」ということ。醤油・味噌の製造工程とヤマト醤油味噌の歴史などを学ぶことが出来ます。
ヤマト醤油味噌 (7)

そして、このような、実際に使われている醸造用の樽なども見ることが出来ます。
ヤマト醤油味噌 (10)

今回、この施設と麹・糀についてのレクチャーをしてくださいました。社長の奥さまです。

醤油と味噌の作られ方、麹と糀の違い、なぜ発酵食品は体にいいのか、などなどをお聞きし、最後に甘酒を飲んで終わりです。最初20分ほどだと聞いていたのですが、40分ほどかかりました。

でも、日常何となく言葉で知っていたが意味がまったく分かっていなかったことなどが理解でき、目からウロコの40分でした。
ヤマト醤油味噌 (9)

こちらは、中に甘酒が入っている手湯(ハンドバス)。手を入れていると、美容にいいようで、ツルツルになるようですね。

このあと、売店に再度立ち寄り甘酒のドレッシングを買い求めました。
ヤマト醤油味噌 1

そうそう!まだまだ暑い日が続くので、醤油のソフトクリームも美味しいですよ!

ヤマト醤油味噌
石川県金沢市大野町4丁目イ170
TEL:076-268-1248
10:00~17:00

お次は加賀市に移ります。

石川県の食品の中で有名なものの一つとして、お麩があります。
加賀生麩工房 ふぜん

「加賀生麩工房 ふぜん」は生麩のお店です。

オーナーは女性の方で、Webで調べたら、私もよく存じ上げている萩原 扶未子(はぎわら)さんがコーディネート&講師を務めている「こまつ女性チャレンジ塾」の5期生の方のようです。

こちらのお店は、先月紹介した「おかず屋じゅてーむ」でランチを食べて帰ろうとしたときに気が付いたのですが、最初何のお店だろうと思って中を除くと、生麩カフェだったということです。
加賀生麩工房 ふぜん  (2)

もちろん、テイクアウトがメインなのですが、店内でお茶を飲みながらの、生麩スイーツなどを食べることが出来るのです。
加賀生麩工房 ふぜん  (3)

生麩スイーツのほか、胡麻豆腐や生湯葉・がんもなどが売られていました。無添加にこだわっているようです。

今回はランチ後でお腹がいっぱいだったので、麩を使った枝豆ごま豆富(540円)を試しに買って家で食べてみました。

普通のごま豆富と違って、麩の弾力と食感が面白いごま豆富でしたよ。

別な機会に生麩カフェを体験してみたいと思います。

加賀生麩工房 ふぜん
加賀市動橋町カ-28
0761-74-3883
11:30~16:00
日・月曜、祝日休

最後は同じ加賀市の片山津温泉の外れ、雪の科学館の近くにあるパン屋さん「パンドーネ」の紹介です。
パンドーネ (7)


パン屋さんとしては立派な建屋です。
パンドーネ (6)

店内に入ると、動物パンやメロンパン、ほか菓子パン類が多いような気がしました。
パンドーネ (4)

メロンパンなどが美味しいらしいのですが、今回買い求めたのはこちらの4つ。
パンドーネ (5)

私はチーズカレーぱんを食べましたが、とろ~りチーズもたっぷりでスパイシーなカレーとの相性も良かったです。

あとは、ツナごぼう、ピザぱん、まめぱんです。

片山津バーガーも健在でした。

パンドーネ
石川県加賀市源平町84
TEL 0761-74-3652
7:00~19:00 
8:00~19:00
水曜休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング    

最近は私も、一回の食事で食べる量がめっきり減ったと思う。

それに伴い、メガ盛りのお店にも行くことがなくなってしまった。
男飯ロッキー

この手のお店に、今回久しぶりに行ったのは、「男飯ロッキー」という、今年3月に小松市北浅井町にオープンした、お肉系男飯のお店である。

調べたら「土居原マート たじま屋」の経営となっていたが、ここは、中華の勝ちゃんの近くにあった惣菜屋さんのことだ。いつの間にか、能美市に移転とかで閉店になっていたのだが、今度は、こんなお店をオープンしたのか?

7月のとある日曜日、11:30ごろにお店に到着。営業は11時からと早く、すでに3組のお客さんが食事をしていた。

サービスはセルフ形式で、最初にオーダー~お金を払って席について待つ。出来たらテーブルナンバーで呼ばれる。
男飯ロッキー (2)

メニューは、最初は肉飯と煮豚飯、そして日替わりランチだけだったのが、私が行った時には、写真のように、といっても少しわかりづらいと思うが、新メニュー追加の連続でメニュー(品書き)が非常にわかりづらくなっている気がした。

ちなみに煮豚飯はメニューにはなくなっていた。

さて、そんな中から私が選んだのは、Roundメニューという、いくつかの種類の料理3種類を盛り合わせたセットメニュー。今回はその中から、Round4を頼んでみた。

ちなみにRound4の組合せは、ハンバーグ・厚切りロングベーコン・目玉焼きとなっている。

他には、海老フライ、唐揚げ、肉盛り、牛カルビ、豚生姜焼き、チキン南蛮が組み合わせる料理となっていた。
男飯ロッキー (4)

出されたのがこちらだが、ライス・味噌汁付で税込950円はお得な値段である。ちなみに、ライスは、これでも小にしてもらった量である。

う~ん、野菜の影も形もないし、彩りも寂しい気がする。もっとも「男飯」がウリなお店だけに、それも自然なのかもしれないが。
男飯ロッキー (5)

ハンバーグはお店の中心的メニューのようだが、肉汁じゅわ~!という感じより、しっかり食感でほど良い肉汁タイプのハンバーグだった。

ベーコンは、長いのはいいのだが、噛み切るのに少し大変だった。3~4個に切ってくれるとありがたかったかも?

結局、おかずだけで相当お腹が一杯になったので、ライスは小サイズでも食べきれず、3分の1くらい残してしまった。

ちなみにお店の一押しメニュー「肉飯」には、普通サイズが「盛」、その上が「盛盛」、そしてそのまた上が「盛盛盛」という呼び方が付いていた。

普通サイズの「盛」でも、私にとっては食べきれないのに、その上のサイズを食べきる人って、どんななんだろう?

残念ながら私が食べている間に、「盛盛」以上のを頼む人はいなかったので確認は出来なかったが。

さすがに客層は若くて大柄な男性が多かった気がするが、はたしてメガ盛りの聖地となるのか?楽しみである。ご馳走様でした。

男飯ロッキー
石川県小松市北浅井町ち1-1
TEL 0761-46-6811 
11:00~14:00
17:00~20:00
不定休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング          

暑い夏は、それほど食欲もないので、自ずと冷たい麺類。それもうどんや蕎麦のようなさっぱりとしたものを欲しくなります。

また、出張などでランチの時間があまりないときは、これまた手軽で素早く食べられる麺類に頼ってしまいます。

さて、西日本はうどん、東日本は蕎麦というイメージがありますね。そして、出汁の文化も違います。

どちらかというと西日本の味文化の土地で生まれ育ったため、私はうどんのほうが好きです。

しかしながら東京に来ると、さすがにうどんより蕎麦を食べることが多いです。関東の出汁だとうどんより蕎麦向きな感じがするからです。
六常庵

この日、いつもの通り、少し早目のランチを食べに出かけ、蕎麦を食べようと向かったのが、「蕎美季創 六常庵」という、比較的新しくこの場所にできた蕎麦屋さんです。

お店に入ると、石臼が自動的に蕎麦粉を挽いています。

海老天丼と粗挽き二八蕎麦が、どうもウリのようですが、出張が続いていたのと、この日の夜も2軒ハシゴの予定があったので、私は消化の良さそうな蕎麦の単品を頼むことにしました。
六常庵 (6)

そこで今日の蕎麦に設定されていた「徳島県産すだちと香味野菜の冷かけ蕎麦(1,000円)」をお願いすることに。見た目も夏らしい涼やかな冷たい蕎麦です。

すだちの上品な酸味と、香味野菜のみょうが+白ネギの苦さと辛さが微妙に絡んで美味しかったです。
六常庵 (7)

粗挽きの二八蕎麦は、艶やかな蕎麦で、のど越しも良く、するっと胃の中に消えていきました。
六常庵 (5)

一緒に行った人が頼んだのは、本日の丼の「三崎まぐろねぎとろ丼」と、
六常庵 (4)

「粗挽き二八蕎麦2段付き」のセット(1,000円)。同じ量の蕎麦がもう一段下にあります。

こちらはボリュームたっぷりですね。
六常庵 (8)

蕎麦湯は私の好きなとろみのある蕎麦湯でした。蕎麦湯は食後にこちらからお願いして持ってきていただきましたが、もしかしたらお願いしないと出てこないのかもしれません。

食べ終わってから、隣のグループが頼んでいた海老天丼と粗挽き二八蕎麦を見て、思わず、美味しそう~!と思ってしまいました。

大きな海老天が二尾に野菜天なども乗せられ、1,000円という値段はとてもお得な感じがしました。次回はこれにしたいと思います。ご馳走様でした。

蕎美季創 六常庵
そば、居酒屋
TEL 03-5212-6525
東京都千代田区三崎町2-13-1 田辺ビル 1F
月~金
11:30~14:30
17:00~23:00(L.O.22:00)
土・日・祝休

気に入っていただけたらブログランキングをクリックしてください。
人気ブログランキング   

このページのトップヘ