あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、関係ない内容はアップをしませんので、あしからずご了承願います。

6年半前に無料化された「のと里山海道」はほとんどの区間が片側2車線化となりとても走りやすくなりました。

個人的には七尾に向かう場合は「のと里山海道」を通って行くことが多く、国道159号を使うことはありませんでした。

今回、前に紹介した「ヴィラ・デラ・パーチェ(VILLA_DELLA_PACE)」でランチを食べる予定だったので、国道159号を通りました。目的地に行く途中、休憩がてら中能登町にある「織姫の里なかのと」に立ち寄ることに。
織姫の里なかのと (2)

新しい施設のようです。駐車場も広かったです。

また、この手の施設には珍しいドッグランもありました。

入って右手にはフードコートの「織姫ダイニング」、左は「産直館 織姫市場」があります。
織姫の里なかのと (7)

あと、こちらのトイレも開放的で一見の価値があります
織姫の里なかのと (4)

「産直館 織姫市場」には、能登の風土を活かして作られた朝採り能登野菜や中能登町の名産品などを購入できます。
織姫の里なかのと (10)

我々は、妻がいつも愛飲している「能登のはとむぎ茶」と、ちょっとエリアが違いますが金沢砂丘サイダー「すいか姫」です。
道の駅織姫の里なかのと

「すいか姫」は甘くて爽やかなサイダーでした。
織姫の里なかのと (6)

「織姫ダイニング」では、こちらの「能登の甘酒ソフトクリーム(400円)」を買ってい食べました。

織姫の里なかのと (12)
乳製品・卵・小麦粉・砂糖を一切使わないソフトクリームなようです。
織姫の里なかのと (8)

中能登産の甘酒やサボテンから抽出した成分をいれて、甘味を出していますが、そのためか滑らかさは少し足りませんが美味しかったです。

甘酒のうま味というか、お酒が好きな人にはうれしいソフトクリームかもしれません。ご馳走様でした。

道の駅織姫の里なかのと
石川県鹿島郡中能登町井田部10-1
TEL 0767-76-8000
10:00~19:00
水曜,年末年始休

お次は有名な「七尾フィッシャーマンズ・ワーフ能登食祭市場」。
能登食祭市場 (7)

私も何度も訪れています。七尾の観光施設の中でもメジャーな存在です。
能登食祭市場 (3)

七尾湾に面していて、晴れた日は青い空と海に潮風をいっぱい受け気持ちがいいです。
能登食祭市場 (5)

中には四季折々の能登の祭りをはじめとした観光情報の提供などあって、七尾市の石崎奉燈祭のキリコがディスプレイされています。
能登食祭市場 (10)

また、グルメや海産物や能登の銘産品の販売するお店がたくさんあって、お盆の時期ということもあり多くの人で賑わっていました。

私はかまぼこ製造販売で有名なスギヨで、練り物串を一本買って、その場で食べました。本当は能登かかし揚げを食べたかったのですが、残念ながら売切れでした。
能登食祭市場 (11)

食べたのは「さつま串タコ(税込170円)」です。ちょうど揚げ立てのが頂けたので、より以上美味しかったと思います。
能登食祭市場 (13)

あと、杉野屋与作ブランドでネットで売られている「与作揚げ」をお土産で買いました。4個入りで600円(税込)です。
能登食祭市場 (15)

家でそのまま食べましたが、素材のタラとのど黒のすり身は滑らかな口当たりに仕上げた上品揚げかまぼこでした。

久しぶりに行きましたが、天気もよくひと休みに最適でしたね。ご馳走様でした。

能登食祭市場
石川県七尾市府中町員外13-1
TEL 0767-52-7071
1階 8:3018:00(グルメ館は店舗により異なります)
2階 11:0014:00,17:0022:00(店舗により営業時間は異なります)
火曜休 ただし祝日は営業
(7~11月は無休)

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

先日から紹介している能登編。今日は途中でお茶したお店の紹介です。

お茶するお店へは本当は食後にお邪魔する予定でしたが、訪問の道順と時間調整を兼ねて、先に伺うことにしました。

2軒ほど、この辺りでピックアップしてあったのですが、もう一軒はお盆休みだったので、こちら「カフェ食堂 れんげや」にお邪魔することに。
カフェ食堂 れんげや (2)

ここは元々は別なところにお店がありましたが、カフェ・スィーツ・エステ・ピアノ教室などを兼ねた複合施設「れんげやの森」となって新たに移転オープンしています。

敷地では新しい施設が建設中でした。こちらも何かのお店になるのでしょうか?

さて、民家の全面リホームでしょうか?建屋や内装、そして家具類にはそれほどお金をかけていないようですが、新しいお店なので外観も中もきれいです。
カフェ食堂 れんげや (5)

照明が少なかったのですが、広い窓があって明るい店内でした。
カフェ食堂 れんげや (4)

お座敷の席もありました。

そして2階がエステ・ピアノ教室になっています。

テーブルの上を見ると、予約の札が置かれているところがほとんどで、我々はお店の真ん中あたりにあった2人掛けの並んで座るテーブル席に案内されます。
カフェ食堂 れんげや (10)

1階の飲食エリアには二つのお店があって、基本、食事は「カフェ食堂 れんげや」。洋菓子とカフェのみ利用は「洋菓子屋 めれんげ」という風に別々のお店でオーダーします。
カフェ食堂 れんげや (11)

たぶん、11時からはランチタイム営業だったのでしょうが、我々はお茶だけをお願いしました。
カフェ食堂 れんげや (7)

セルフですが2種類のデトックスウオーターは無料で飲めます。
カフェ食堂 れんげや (13)

ということ「洋菓子屋 めれんげ」で、ケーキセット(税込770円)で頼みます。

ショーケースにはスイーツがたくさん並んでいました。
カフェ食堂 れんげや (16)

頼んだセットは、こちらの「フルーツのパンナコッタ(単品では税別400円)」と「ホットティー(単品だと税別405円)」です。
カフェ食堂 れんげや (12)

あと「カフェ食堂 れんげや」のほうでは「ぶどうジュース(税込360円)」を頼みました。
カフェ食堂 れんげや (7)

ちなみに、「カフェ食堂 れんげや」では、こちらのオーダーシートに記入して注文口まで持って行ってオーダーを行いお金を支払う必要がありました。

ちなみに「洋菓子屋 めれんげ」のほうも料金先払いです。

11時15分ごろからお客さんがだんだん入ってきて賑わいだしたので、我々はお暇することにしました。人気のお店なのですね。ご馳走様でした。

カフェ食堂 れんげや
石川県鹿島郡中能登町良川庚61-2
 れんげやの森
TEL 0767-74-0554
11:00~21:00


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

今日はイベントの告知です。

私もよく存じ上げているデジタルクリエーターの長谷川章さん。彼は小松市尾小屋町のご出身です。

その長谷川さんが生まれ故郷である尾小屋で、彼のデジタルアート作品の「デジタル掛け軸」を披露します。

「デジタル掛け軸」は、長谷川さんがご自身がデジタル作品の集大成として取り組まれている光のアートで、ノーベル賞の受賞パーティ会場など世界各地の著名な建築物等に投影され多くの人に感動を与えています。
dk

今回のイベントのタイトルは「尾小屋鉱山に帰る日 をごやからみ石デジタル掛け軸」。

鉱山遺構である「からみ」という銅の抽出時に出る副産物で作った蔵などにに「デジタル掛け軸」を投影するようです。またオカリナの演奏も予定されています。

詳細資料についてはこちらからダウンロードできます

なお、小雨の場合は開催しますが、雨の場合は中止になるかもしれません。現在のところの両日の天気予報では雨ということで心配ですが。

鑑賞は無料です。是非皆さんもどうぞ!

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ