あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。大阪・福岡のお店も豊富です。 (ご注意)あくまでも主観による内容ですので、参考にされる場合はその点ご留意を。 なお、内容に関係ない、または不適切な内容のコメントは勝手に削除させていただきますので、あしからずご了承願います。

日本人にとって醤油というものは欠かせない調味料です。

ひと昔前までは和食の調味料というイメージでしたが、最近はフレンチなどの洋食系のお店でも、隠し味にとどまらずメインの調味料としても使われるようになってきました。
直源醤油 (2)

私も、家では料理用の濃口・薄口醤油は今日紹介する直源醤油さんのを使っています。
直源醤油 (9)

ちなみに刺身用にはヤマトさんのを使ったり、ダシで有名な「久原本家 茅乃舎」のを使っています。

そうそう、茅乃舎も元々は小さな醤油蔵から始まっているのですよ。
直源醤油 (8)

今回、醤油やドレッシングを買い求めるついでに、お店にカフェが併設されているので、そちらで少し待ったりすることにしました。

そちらでは、醤油をつかったスイーツとコーヒー&煎茶を楽しむことが出来ます。

カフェメニューとして、醤油デザートセット(飲み物+クッキー3種とプリンが付いて税別500円)とコーヒーと煎茶(Hot or ICE 税別300円)があります。

我々は、醤油デザートセットをお願いし、飲み物をコーヒーと煎茶両方を頼みました。
直源醤油 (14)

こちらがそのセットです。
直源醤油 (15)

抹茶のほうは私が、
直源醤油 (19)

妻のほうはコーヒーです。コーヒーカップはオリジナルですね。
直源醤油 (16)

プリンは、名の通りのプリンとした弾力があります。卵を使わず焼かずにつくられたプリンのようですね。白い色です。
直源醤油 (21)

その上から、醤油のカラメルソースをかけて食べます。

そうすると何となく、醤油のソフトクリームの味に似てきます。
直源醤油 (22)

クッキーも一つは醤油を塗ってから焼かれているものもありました。こちらも美味しかったですよ。

最後にお店で買い求めた商品について触れておきます。
直源醤油 (25)

「もろみの雫」という直源醤油では高級な部類に入るブランド醤油です。
直源醤油 (28)

ご覧の工程で手間暇かけて作られています。

こちらの醤油は、だいぶ前ですが、テレビ番組「さんまのまんま」で、シャ乱Qのつんく♂さんが紹介したこともありましたし、ブログや雑誌などでも書いているようです。
直源醤油 (23)

あと、おろしポン酢とイタリアンハーブドレッシングも買いました。

お醤油は日本人にとって大事な調味料です。金沢大野の醤油のルーツともいえる直源醤油。そのお店で醤油の香りを感じながら醤油を使ったスイーツでお茶でもするのも粋ではないでしょうか?ご馳走様でした。

直江屋源兵衛(カフェ)
石川県金沢市大野町4-16
TEL 076-268-1300
10:00~17:00
水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

何だか近年は毎年1年に1度の訪問となっています、小松の人気のお店「クッチーナ」。
クッチーナ (8)

小松には、イタリアンのお店が意外に少ないのですが、こちらの「クッチーナ」はピッツァリアとカフェが一緒になったような感じのお店です。

私はもう25年ほど前からお邪魔していて、今のオーナーシェフのたつやさんが若かりし?ころから、たつやさんのお母さんの静代さんの、古着を使った人形に魅せられておりました。妖艶でまるでそのまま動き出しそうな姿に驚きを覚えたことが今でも思い出されます。「キツネの嫁入りシリーズ」なんてのは秀逸でしたね。

さて、3月のとある日曜日の正午前にお店に入ると、すでに駐車場はほぼ満車状態。当然店内も満席に近かったです。
クッチーナ (3)

一番奥の大きなテーブルの席(ジャイアント)に座ります。久しぶりですが、昔はいつもこのテーブルでランチを食べていたのを思い出します。

この日は脳内はパスタモードで、まずはパスタのメニューを見ます。
クッチーナ (2)

「クッチーナ」はパスタの種類が豊富なのがうれしくて、いつも何を食べようか悩むほどです。
クッチーナ

この日も、「本日のおすすめパスタ」を眺め悩み、最終的には基本メニューの中の「トマトソース」から久しぶりの「ペスカトーレ(1,470円)」を頼むことにしました。
クッチーナ (6)

個人的にはクッチーナでパスタを食べるときは、トマト味を頼むことがほとんどです。出されたのがこちら。

魚介もたっぷりで、その魚介の旨みがソースに染み出ていますね。

そしてもう一品。ピッツァも頼みます。
クッチーナ (4)

こちらのほうは、おすすめの中から選んだ「アンチョビと青じそ(1,300円)」。クリスピータイプのローマピッツァです。

混んでいましたが、薪窯で焼き上げるので短時間で焼き上がり、パスタより早く出されました。

アンチョビの塩気が効いていて、チーズのうま味と合います。

このピッツァと先ほどのパスタを妻と二人でシェアして食べましたが、ピッツァがクリスピータイプだったので、お腹8分目でちょうどよかったです。

しかし、店内はずっと混み合っていて、食べ終わって出るころには何人か待っている人がいました。相変わらず人気ですね。ご馳走様でした。

クッチーナ
石川県小松市城南町106-2 
TEL 0761-22-3775 
11:00~22:00(L.O.21:30)
ランチタイム11:30~14:30(日祝は無し) 
木曜,第4水曜休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

一気に春めいた感じがします。

週末に金沢に行って、中心地の端から端まで歩いてきました。歩いた距離は18kmほど。よく歩きましたね。

ただ、気温はまだまだ10度前後。風も冷たく感じられましたが、太陽が出ているときはポカポカ陽気。街歩きには格好の一日でした。

先週、金沢は「第81回 日本循環器学会学術集会」が開催されていて、街中や飲食店は超混雑していたようです。

そして、今週は小松ではイオンモール新小松がオープン。

少しは人出はこちらに流れるだろう?と予想し、春休みには入ったとはいえ、この休みの間はそれほど金沢は混まないだろう?と推測して行ってきました。

この予想はそれなりに当たっていて、何となく人出はそれほどでもないような気がしました。

この日、とりあえず色々食べ物系のネタ探しをするのが目的でしたが、それ以外に金沢を散策してきたときの写真をアップします。

金沢駅は土曜日の午前中ということでやはり混雑していました。
金沢駅 (2)

北陸新幹線が金沢まで延伸して2年が経過して、すっかり観光地金沢の玄関口として定着してきましたね。

その足で片町まで歩きランチを食べ、金沢21世紀美術館へ。

金沢21世紀美術館は、有料のエリアが両方とも展示替えでお休み中。こんなことは珍しいです。
金沢20世紀カフェ

で、金沢21世紀美術館前にある金沢20世紀カフェ!ナイスなネーミングです。^^;

そのあと、しいのき迎賓館を経由して兼六園へ。
兼六園 (7)

兼六園はさすがに混雑はしていました。
兼六園 (11)
兼六園 (9)

梅が、そろそろ終わりの時期。でもまだきれいでしたよ。
兼六園 (5)

こちらは玉泉院丸庭園です。
兼六園

池泉回遊式の大名庭園で平成27年(2015)に復元完成しています。
犀川

こちらは犀川です。いいお天気なので散策する人も多いような気がしました。

そのまま寺町を少し歩き、片町からさらに武蔵方面に歩いて、主計町あたりへ。

このあたりのお店で夕食を取り、浅野川沿いを歩きます。

夜になるとめっきり寒さが堪えるようになりました。
浅野川

ただ空気が凛としていて、ライトアップされた中の橋もくっきりと見えるようです。

とりあえず今日は備忘録としての金沢の春の風情をアップしましたが、食べたものについては後日書きます。

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング  

このページのトップヘ