あさぴーのおいしい独り言

石川を中心に西日本のグルメネタを気ままに書きます。(ご注意)あくまでも主観で書いていますので何かありましても責任は負いかねます。参考にされる場合はご留意を。なお、コメントは承認後にアップしており、トラックバックは受付しておりませんので、あしからずご了承願います。

私のブログでは、全国的に名の知れたチェーン店のことは紹介しないようにしています。

まぁ、わざわざ私が紹介しなくてもいいといったことからです。

今回、スターバックスのお店を紹介しようと考えたのには理由があります。

それは、一つは、7月9日にスタバがプラスチックのストロー全廃というニュースを見たということから。

もう一つは、期間限定で加賀棒茶を使った新しい「加賀 棒ほうじ茶 フラペチーノ」を食べるためです。
環水公園 (8)

スタバが使用するプラスチック製ストローは、年間10億本を超えているようが、それに代わるものとして導入するのは、リサイクル可能なプラスチック製のふたと、「代替となる素材」のストロー。それは紙製になるようです。

一気に変えるということですが、さすが世界的な企業ですね。
環水公園 (23)

話は変わって、こちらの富山環水公園店は、富山市内の環水公園内にあるスタバのお店で、2008年に「ストアデザイン賞最優秀賞」を受賞して「世界一美しいスタバ」と呼ばれるようになったことがあります。
環水公園 (11)

日本の店舗では初めての受賞で、こちらのお店のあと、福岡大濠公園のお店も同じ賞を受けているようです。
大濠公園 (10)

この写真は、私が4月に福岡に遊びに行った時に撮影したものです。

行ったのは3連休の土曜日。朝9時15分に到着しましたが、店内はほぼ満席状態でした。
環水公園 (2)

さすがに「ストアデザイン賞最優秀賞」を受賞しているだけあって、外観も周りの景色と調和していて素敵です。
環水公園 (3)

中から眺める景色もよく、ゆったりゆっくりと過ごすことが出来ます。

そして、こちらが加賀棒茶のフラペチーノです。「加賀 棒ほうじ茶」と、少しネーミングもひねってあります。税込669円とちょっとお高め?
環水公園 (4)

スタバの新プロジェクト「STARBUCKS JAPAN WONDER PROJECT」という、「世界も注目する日本の食文化やストーリーを、多くの人にもっともっと楽しんでほしいから。日本中にある素敵なモノゴトを再発見するプロジェクト」のために開発された記念すべき最初の商品なのだそうです。

最初の商品に加賀棒茶が選ばれたということは凄いですね。

一番下の層にほうじ茶ジェリー、間にはホワイトチョコレートクリーム、一番上はほうじ茶フラペチーノで、甘い中にもほうじ茶のほろ苦さを感じさせてくれる美味しさ。暑い日であっという間に食べて(飲んで)しまいました。

気になるカロリーも372kcalと軽め。ジェリーのツルッとした食感も面白かったですね。

7月19日までということ急きょアップすることにしましたが、皆さんも是非試してみてください。ご馳走様でした。

スターバックス富山環水公園店
富山市湊入船町5富山富岩運河環水公園
TEL 076-439-2630
8:00~22:30
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

妻の仕事のアッシー君で富山に行き、待ち時間の合間と合流してからアート見学してきました。

まずは、一緒に行った富山県美術館から。

軽井沢に千住博美術館というのがあって、そこが凄い!ということを聞いた妻が行きたいということで行ったのが富山県美術館で開催されていた「高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展」です。
環水公園 (20)

富山県美術館は昨年8月にグランドオープンした新しい美術館で、私もすでに2回ほど行っています

高野山には大阪に住んでいるときに行ったことがありますが、とてもスピリチュアルを感じる場でしたが、世界遺産高野山。そして世界的にも有名な真言宗総本山金剛峯寺の襖絵を、千住博氏が描くということで興味深々でした。

ちなみに、ご存じの方も多いと思いますが、千住博氏の弟は作曲家の千住明氏。妹はヴァイオリニストの千住真理子さんです。
富山県美術館 (4)

今回、襖絵完成記念として、富山県美術館を皮切りに巡回展が開かれ、障壁画44枚が初公開されるというのです。
富山県美術館 (5)

千住博氏は滝をモチーフに描くことが多いかたで、今回も、その滝がモチーフとなっていました。
富山県美術館 (11)

実物は撮影禁止なのですが、別の部屋で、ご覧の写真のようなデジタルイメージとして再現されていて、ここは撮影ok。皆さん、写真を撮っていました。

富山県美術館での開催は7月29日(日)までです。
富山県美術館 (14)

あと、「コレクション展 II」というのもやっていて、これは草間彌生さんの「太陽の雄しべ」とアンディ・ウォーホルの「マリリン」という作品です。

こちらは10月23日(火) までの開催です。

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展
2018年6月9日(土)~7月29日(日)
9:30~18:00(入館は17:30まで)
水曜休館
一般1,300円、大学生950円

お次は、一人で行った富山城跡にある2つの施設。
富山市郷土博物館 (11)

富山市郷土博物館は、富山城の城郭を復元したもののように見えますが、富山産業大博覧会の記念建築物として建設されたもので、単にお城を模した建築物です。
富山市郷土博物館

その内部が富山市郷土博物館となっていて、中世以来の富山城の歴史を紹介する展示を見ることが出来ます。
富山市郷土博物館 (2)

富山藩は、加賀藩第3代藩主前田利常の次男の利次が初代藩主で、10万石の領地を持っていました。
富山市郷土博物館 (6)

展示は、それらを含めた富山城の歴史や武士の暮らしぶりなどを紹介しています。

いまは「富山城とサムライたち」というのをやっていて、9月9日(日)まで開催されています。
富山市郷土博物館 (7)

あと、3階に上ると展望台になっていて、富山市内を見ることが出来ます。

富山市郷土博物館
富山市本丸1-62
TEL 076-432-7911
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

そして、同じ敷地の庭を挟んだところにある富山市佐藤記念美術館にも行ってきました。
佐藤記念美術館

立派なお庭です。
佐藤記念美術館 (4)

展示のほうは「花鳥風月を楽しむ~富山ゆかりの美術」という企画展をやっていました。
館内には「助庵」「柳汀庵」の2つの茶室が移築されていました。

中は写真撮影禁止だったので紹介できません。

企画展の開催は9月30日(日)までです。

富山市佐藤記念美術館
富山市本丸1-33
TEL 076-432-9031
9:00~17:00
大人 210円
年末年始(12月28日~1月4日)休館
その他臨時休館あり

気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

横浜中華街には何度か行ったことがあるのですが、もうだいぶ前のことなので、どんなお店に行ったかも記憶にありません。
横浜中華街

福岡に住んでいた時は長崎。大阪に住んでいた時は神戸の中華街にも行きましたが、やはり横浜の中華街は規模や豪華さが違います。

もちろん、ちょっと路地に入れば、何となく怪しそうな?お店もあったりして、エキゾチックな雰囲気が漂っている街です。

今回も退職間近のかたと一緒に送別会的な形もあわせて、少し高級路線のお店をチョイス。

こちら「萬珍樓點心舗」は、飲茶をオーダースタイルで初めて中華街に紹介したお店として有名なようです。

横浜中華街の中でも有名で人気のお店の一軒。さすがに店構えから違います。

今回、萬珍樓點心舗にした理由は、お手頃値段の「ふかひれ姿煮御膳」があったから。

ふかひれは食べたことはあっても、姿煮はいままで経験がなかったから食べてみたいと思いました。

平日の仕事を終えて横浜中華街に移動。石川町駅から歩いてお店に向かいます。

久しぶりだったので中華街の中もぶらぶら歩き、NHKの朝ドラ「まれ」の撮影印と等探しましたが、残念ながら見つかりませんでした。
横浜中華街 (8)

こちらの写真のような場所だったと思うのですが……?
萬珍樓點心舗

で、お店に到着。ご覧のようなとても立派な建物です。
萬珍樓點心舗 (2)

高級そうなお店ですね!?
萬珍樓點心舗 (4)

店内も当然同じような作りになっています。
萬珍樓點心舗 (24)

ピアノや二胡の生演奏もあったりします。

基本、広東料理のお店で日本人にも食べやすい味のお店です。

今回、限定30食ということだったため、事前に「ふかひれ姿煮御膳」を予約してありました。こちらは5千円です。
萬珍樓點心舗 (8)

まずは生ビールで乾杯です。

おっと!最初から「ふかひれの姿煮」が出てきました。姿煮ですが大きさでは排翅(パイチー)ではなく、魚翅(ユイチー)クラスの大きさです。
萬珍樓點心舗 (10)

ゼラチン質の食感が何とも言えないですね。紅焼醤といわれる動物系と魚介系のうま味が混ざり合った不思議な味のスープにとろけるようなふかひれ。さすがに美味しいです。
萬珍樓點心舗 (12)

その後で、前菜盛り合わせとして、これらが出されます。
萬珍樓點心舗 (13)

左下は煮豆と焼鴨と白鶏(蒸し鶏?)でしたが私は食べられません。^^;

あと、くらげと「白菜の酢漬け」「有頭海老のニンニク香り揚げ、揚げ餃子」「海老の紙包み揚げ」がお膳のように一つの皿に盛られて出てきました。
萬珍樓點心舗 (18)

「海老のニンニク香り揚げ」は香ばしくてニンニクの風味も生きていました。

「海老の紙包み揚げ」もこちらのお店の名物のようですが、美味しいです。
萬珍樓點心舗 (20)

そのあとは「豚スペアリブの黒豆ソース蒸し」が出されます。ふたを開けると湯気が立ち上ります。
萬珍樓點心舗 (23)

最後の〆のご飯ものは「小柱入り卵とじ御飯」。

ふわふわの卵でとじられていて、しっかりとしたボリュームです。味は上品でした。
萬珍樓點心舗 (25)

デザートは「ココナッツミルクムース 小豆ソース」。中華っぽくないデザートでした。

お酒のほうは、生ビールのあとは、中華料理には紹興酒ということで、甕出しの「紹興貴酒」を500mlのデカンタでオーダーしました。2,500円です。
萬珍樓點心舗 (17)

2人で飲んだのですが、普段飲みなれていないせいか、意外と酔っぱらいましたね。^^;

でも、美味しかったです。
萬珍樓點心舗 (26)

中国茶で口の中をサッパリと。

以上飲み食いして、2人で15,000円強。一人7,600円くらいでした。

高級食材のふかひれの姿煮を食べられて、他にも色々な料理を楽しめてこの値段は納得です。ご馳走様でした。

萬珍樓點心舗(マンチンロウテンシンポ)
神奈川県横浜市中区山下町156
TEL 045-664-4004
11:00~22:00
無休


気に入っていただけたらブログランキング(下のボタン)をクリック願います。
人気ブログランキング 

このページのトップヘ